« 井戸のポンプ | トップページ | 知性の輝きが鈍るとき,愛が魂を救う »

2013/03/17

どこへ行ってもウメが満開

今年はウメの開花が遅れに遅れ,当地では今が満開です.例年だと2月の下旬ころが満開だと思うのですが,2,3週間ほど遅れているという感じです.東京ではとうとうサクラが咲き始めたということなので,ウメとサクラとコブシが同時に咲くという,まさに北国タイプの春を迎えたことになります.

Torinji_mar2013059m

下の写真はミツマタの花.これも本来は早春の花だと思うのですが,今頃ようやく満開になりました.

Torinji_mar2013112m

|

« 井戸のポンプ | トップページ | 知性の輝きが鈍るとき,愛が魂を救う »

四季折々」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

ウメもミツマタもいい香りがしますね。
今はジンチョウゲの香りが一番強く香ってきています。

投稿: 天馬 | 2013/03/17 23:37

天馬さん,
ほんと,沈丁花も一緒に咲いていますね.東京都心では桜がほころび始めました.ことしの春は北国型になりました.

投稿: 俊(とし) | 2013/03/18 20:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/56973248

この記事へのトラックバック一覧です: どこへ行ってもウメが満開:

« 井戸のポンプ | トップページ | 知性の輝きが鈍るとき,愛が魂を救う »