« 北欧の街へ | トップページ | さらに路地は続く・・・ »

2014/05/04

王宮とその城下町の迷路めぐり

Stockholm_apr2014_0057m

昨日ポストした記事の続きです.まず目指したのは最大の観光スポットである王宮.この国は王国なので,今でも王室が存在します.立派な王宮もあります.

Stockholm_apr2014_0083m

しかし本当に面白いのは,王宮の周囲に発達したいわゆる城下町である旧市街.これが迷路のようになっていて,狭い路地の宝庫.路地マニアとしてはまさに千載一遇のチャンスとばかりに写真を撮りまくりました.魅力的な路地,透明度の高い真っ青な空に強い光,そしてその光の照り返しに照らされる路地の建物の外壁,かつてはガス燈だったであろう街燈,これらのものが組み合わさって,独特の雰囲気を醸し出します.いやー,たまりませんなぁ!ちなみに,Wikipedia日本語版の "路地" の項に出ている路地の写真は,まさにこの街の路地です.

Stockholm_apr2014_0088m

構図を決めるのが最も重要なのは言うまでもありませんが,これらの路地を撮る際のポイントは露出補正.路地は暗いので,カメラの自動露出に任せてしまうと,暗い路地に自動的に露出が合わされてしまい,目で見た時の印象とは異なり随分と明るい路地になってしまいます.また建物の上部には直射日光が当たり,また必ず空があるので,それらはシロ飛びしてしまいます.これらのことを避けるために,大胆な露出補正をかける必要があります.今回はだいたい -1 EV から -2 EV の間で露出補正をかけながら撮影していきました.

Stockholm_apr2014_0092m

そうすることによって,目で見た印象に近い暗めの路地を画像上に再現することができます.ただし,どの補正値が適正かは試行錯誤によって決めなければならず,そのために補正値を変えて何枚か撮っておくという保険をかけておく必要があり,おのずとショット数が増えてしまいますし,撮影後にそれらのショットから最適なものを選ぶという作業が必要になります.しかし,その選ぶ作業の中で,どの補正値が最適だったか学習することができますので,無駄なショットというものはありません.

|

« 北欧の街へ | トップページ | さらに路地は続く・・・ »

カメラ・写真」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/59582942

この記事へのトラックバック一覧です: 王宮とその城下町の迷路めぐり:

» さらに路地は続く・・・ [望湖庵日記 Lakeside Diary]
さらに前回ポストした記事の続きです.この街の路地の特徴は,黄色が基調の外壁の建物が路地の両側に建ち並び,さらにその路地が緩やかにカーブしていること.そしてちょうど良いところに街燈が突き出しているところ.非常にフォトジェニックです. 初夏の強い日差しがギラギラと当たっていたので,諧調を保てるように露出を決めるのが非常に難... [続きを読む]

受信: 2014/05/05 21:04

» 北欧の街,番外編 1 [望湖庵日記 Lakeside Diary]
これまでの路地(*1 *2 *3)とはは離れて,街の中で撮った写真を紹介します. まず目立ったのは巨大なデパート.壁面があまりに見事. 次に撮ったのは王宮の柵につけられていた王冠.見事なものです. さらに次は,王宮の城下町の街路のとある建物の入口の装飾. これは港に面して立っていた彫刻.海の魔物とお姫様かなぁ? 換わっ... [続きを読む]

受信: 2014/05/07 06:00

» 北欧の街,番外編 2 [望湖庵日記 Lakeside Diary]
前回までに紹介した街の様子(*1 *2 *3 *4)に最後の追加です. 街の中心部にある教会の時計塔で見かけた扉.古びて周囲の煉瓦壁にツタが絡まっている様子が素晴らしいです. 繁華街に突然現れた大面積の煉瓦壁の通路.街燈の外側が金色に輝いているのアクセント. 総煉瓦造りの重厚で巨大な市庁舎の建物.この建物は本当に立派.... [続きを読む]

受信: 2014/05/10 07:49

» 暗くて寒かった北欧の街 [望湖庵日記 Lakeside Diary]
本年4月から5月にかけて北欧の街の写真を紹介しました(*1 *2 *3 *4 *5 *6)が,今月再びこの街を訪れる機会がありました. しかし今回は季節が晩秋.前回が光あふれる初夏だったのと全く異なり,高緯度の冬に特有の昼間は短く空は曇り,暗くて寒い数日間を過ごしました.このような天気が数か月も続くのだと思うと,確かに... [続きを読む]

受信: 2014/11/16 14:33

« 北欧の街へ | トップページ | さらに路地は続く・・・ »