« 秋を探しに | トップページ | 朝日に映える黄金の聖母マリア »

2014/10/05

Flying Buttressの装飾

Milano_sep2014_0220m

先月,Duomo di Milano に上る機会に恵まれ,この壮大なゴシック建築を堪能してきました.主尖塔の先端にそびえる黄金のマリア像も,その周囲の尖塔群も見事なのですが,私が個人的に最も興味を持っていたのは,多数の並列した Flying Buttress です.日本語では "飛び梁" と呼んでいますが,建物外壁から張り出す形で身廊の重量を受ける斜めの梁のことで,ゴシック建築に特徴的なものです.

Milano_sep2014_0084m

その Flying Buttress を飾る装飾に目を奪われます.これは植物,花の蕾.いったいどの植物でしょうね?フランスの王家の紋章であればユリの花と決まっているのですが,これはユリの蕾ではないなぁ?でも,この大聖堂は聖母マリアに捧げられたものだし,かつ白いユリは聖母マリアの純潔の象徴とされているので,やっぱりユリかなぁ?

Milano_sep2014_0138m

位置によって微妙にデザインが異なっています.作成年代が異なる,あるいはデザイナーが異なるのでしょうか?

|

« 秋を探しに | トップページ | 朝日に映える黄金の聖母マリア »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/60428611

この記事へのトラックバック一覧です: Flying Buttressの装飾:

» 朝日に映える黄金の聖母マリア [望湖庵日記 Lakeside Diary]
一昨日にアップした Duomo di Milano の続きです.主尖塔の上に黄金のマリア像が置かれていることはすでに書きましたが,この主尖塔は結構高く,さらに聖堂の正面からは遠い位置にあるので,ファッサードからはこのマリア像を拝むことは難しいのです. 反対に,聖堂の背面からはこのマリア像がよく見えます.上の写真は明け方... [続きを読む]

受信: 2014/10/07 22:34

» 身廊の屋根から眺めた景色 [望湖庵日記 Lakeside Diary]
さらに昨日の記事に引き続き Duomo di Milano について.この Duomo はお金を払えば階段またはエレベータで身廊の屋根の上に昇ることができます.おかげで私のように足の関節に問題を抱えている者でも,非常に容易におびただしい数の小尖塔に周囲を囲まれた天上の世界に足を踏み入れることができます. この天上の世界... [続きを読む]

受信: 2014/10/08 21:35

» 修復は続く [望湖庵日記 Lakeside Diary]
引き続き (*1 *2 *3),Duomo di Milano のことを書きたいと思います. この大聖堂の建設には500年を要したとのことなのですが,完成したことになっている500年目までには,すでに初期に建設されていた部分の修復が始まっていたはずです.500年間無修復で済んだはずはなく,そういう意味では,このような巨... [続きを読む]

受信: 2014/10/11 09:07

» Flying buttressの連なり [望湖庵日記 Lakeside Diary]
この記事で Duomo di Milano は締めくくろうと思いますが,最後にお見せしたいのは,最初の記事で披露した Flying Buttress の装飾.特に,これを身廊に上る途中の高さから見ると,それらが身廊の中心軸方向の連なって見えて壮観です. 非常にフォトジェニックなので,できれば朝から夕方までねばって様々な... [続きを読む]

受信: 2014/10/11 14:29

« 秋を探しに | トップページ | 朝日に映える黄金の聖母マリア »