« 身廊の屋根から眺めた景色 | トップページ | Flying buttressの連なり »

2014/10/11

修復は続く

引き続き (*1 *2 *3),Duomo di Milano のことを書きたいと思います.

この大聖堂の建設には500年を要したとのことなのですが,完成したことになっている500年目までには,すでに初期に建設されていた部分の修復が始まっていたはずです.500年間無修復で済んだはずはなく,そういう意味では,このような巨大建築は常に修復が続けられていて,修復のための櫓や工事の槌音が絶えることは無い建築物だということが言えます.日本でいうと,東京駅がそのような建築物に当たります.常にどこかで工事が行われています.

Milano_sep2014_0124m

身廊の屋根に上ると,ちょうど主尖塔の工事の現場に近づくことができます.主尖塔の株は櫓でおおわれていてよく見ることができません.

Milano_sep2014_0129m

また身廊周辺の小尖塔や装飾部分に近寄ってみると,部分的に真新しい大理石に置き換えられていることがよくわかります.このように非常に小まめに修復が行われているとは知らなかったので,これは収穫でした.やはり費用を抑えるためなのでしょうか?華奢な装飾を丸ごと取り替えるのではなく,その一部を接いで修復するような細かい芸当が使われていて,へぇー?と感心しました.

|

« 身廊の屋根から眺めた景色 | トップページ | Flying buttressの連なり »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/60457847

この記事へのトラックバック一覧です: 修復は続く:

» Flying buttressの連なり [望湖庵日記 Lakeside Diary]
この記事で Duomo di Milano は締めくくろうと思いますが,最後にお見せしたいのは,最初の記事で披露した Flying Buttress の装飾.特に,これを身廊に上る途中の高さから見ると,それらが身廊の中心軸方向の連なって見えて壮観です. 非常にフォトジェニックなので,できれば朝から夕方までねばって様々な... [続きを読む]

受信: 2014/10/11 14:34

« 身廊の屋根から眺めた景色 | トップページ | Flying buttressの連なり »