« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015/01/18

Shell Global Scenario to 2025の警句を別の視点で結実させた名著

グローバリゼーション・パラドクス: 世界経済の未来を決める三つの道(単行本) - ダニ ロドリック(著),柴山 桂太(翻訳),大川 良文(翻訳)

確か新聞の書評を読んですぐに買いともめたのですが長い間積読にしてしまい,ようやく昨年末に読み終えました.短くもないし簡単でもない経済学の本なのですが,専門家向けではなくてあくまで一般の読者を対象にしているので,私のような経済学の素養がない人間でも問題なく読み進めることができました.

結論から言うと,この本は名著です.主張していることは極めてまともな良識的なもので,言わば中庸の美徳を勧めるものです.本のカバーにも趣旨がでかでかと印刷されているので目を引くのですが,この本が主題とするのは, “民主主義„ と, “国家主権„ と, “グローバル化された経済„ はそもそも両立するのか?という問いです.

著者はこの主題に歴史から切り込みます.国家主権が無ければ,国家がその暴力装置徴税権でお膳立てしてあげなければ,自由主義経済は成り立たなかった,という実例をたくさん紹介します.そして,最終的には行き過ぎたグローバリゼーションを諦め,制限付きのグローバリゼーションで我慢しましょうと結論付けます.もちろん,その場合には民主主義と国家主権は十分に残したままで.

この結論に反対する人がいるとすれば,その他大勢を犠牲にしてでも自分が富を独り占めしたい人でしょう.このような人が実際世の中に大勢いて,その人たちがうまく作り上げた仕組みに私たちも知らず知らずに加担している現実があるわけですが,それに対しても目を開けと言われているような気がします.

本書ではトービン税のような,お金の行き来に粘性(抵抗)を与える仕組みを示唆していますが,力学を学んだものとして大いに賛同できます.もう一つこのような粘性を与えるべきものに,インターネット上の情報のやり取りがあります.電子メールに超低率で課金するだけでスパムメールは激減することでしょう.何でもタダで自由にすれば良いというものではないという実例は世の中にたくさんあり,経済活動もその例外ではないという極めてまっとうな結論に清々しさを感じるのは私だけではないでしょう.

実はこのトリレンマには強烈な既視感があります.実はもう10年ほど前にシナリオ・プランニングの最高峰である “Shell Global Scenarios to 2025” が提唱したトリレンマと全く同じだからです.恐るべき洞察,恐るべき先行観だったと思います.このシナリオでは三つの概念は両立できず,それぞれの社会はそれをある一定割合で妥協させた状態にならざるを得ない,と結論付けます.同じだなぁ!

ちなみにその数年後に出された “Shell Global Scenario to 2050„ はこちらRoyal Dutch Shell という会社の奥の深さには恐ろしさを感じるほどです.

いずれにせよ,極めてまともで誠意のある結論がうれしくなる本です.全ての人にお勧めします.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IOC List v5.1 Released. オーストンヤマガラが種に昇格!

IOC List v5.1 がリリースされました.前回 v4.4 のリリースが2014年10月31日だったのですが,今回はそれからたった2か月半で新しい版 v5.1 が出てきました.相変わらず恐るべきスピードです.しかも今回はメイジャー番号が 5 に上がっています.内容を見る限り特に質的に大きな変化はないように思いますが,どうしてなんでしょうね.

日本のバーダーにとっての今回のトピックは,これまで亜種として扱われてきたヤマガラ類のうち,オーストンヤマガラ,オリイヤマガラ,タイワンヤマガラが “„ に昇格したことでしょう.もっとも,日本の権威である日本鳥学会最新の分類目録とはそもそもが異なっているので,一般のバーダーとしてはどのように考えたらよいのか悩むところではあります.

またコサメビタキ種小名が v4.4 から変更になっていますが,論争は続いているようです.

今回収録されたのは,科が 240,属が 2,278,種が 10,709,亜種が 20,811 です.種は前回よりも若干増えていますが,亜種はむしろ減っています.IOC 本家の Master List を編集して,Refsort/Ruby 用の辞書ファイルを作りましたので,このブログサイトと,Microsoft One Drive 上に設けた “IOC List Archive„ にアップロードしておきます.

今回もこの辞書ファイルの正式なエンコーディングは UTF-8 です.従って,Linux 上で使う分には問題は生じませんが,Windows 上で使う際には,入力ファイルは UTF-8 でエンコードされ,かつ最初の行に

#!E -*- coding: UTF-8 -*-

というおまじないを書いておかないとエンコーディングの解釈がうまくいきませんのでご注意ください.

しかし,Windows 上でのデフォルトのエンコーディングである US-ASCIIWindows-31J でも手間なく使えるように,エンコーディング指定なしの汎用 US-ASCII 版もアップしておきます.これはどのようなプラットフォームであっても,そのプラットフォームのデフォルトの Locale が US-ASCII を解釈できることを利用したものです.ただし,欧文のアクセントウムラウトを含む文字は,それらを含まない最も近い文字に置き換えられています.正版はあくまで UTF-8 なので,特に人名を含む種や,種の Authority を見るときにはご注意ください.

さて,このオリジナル英語版の辞書ファイルに続いて,従来は日をおいてリリースしていた和名追加版と,IOC Master List の Excel ファイルに和名を追加したものも同時にリリースしますので,ご活用ください.当然のことながら,オーストンヤマガラは独立種として記載されています.

これらのファイルをダウンロードするには,従来通りこのブログの右側のコラムで “自作ソフト„ の中から個々のファイルをクリックしても良いのですが,前述のとおり,Microsoft One Drive 上に設けた IOC List 専用のフォルダからもダウンロードできます.それには,このブログ右側のコラムの最上段の “Archive„ の中の “IOC List Archive„ をクリックしてください.そうすると One Drive のフォルダに入ることができますので,あとは適当に選んでダウンロードしてください.今後は One Drive のみに集約していく予定です.


I am pleased to announce that I have posted reference files for Refsort/Ruby compiled directly from the latest IOC World Bird List v5.1. It contains 10,709 species and 20,811 subspecies. Please try it out, and enjoy its capability and speed.

Note that the reference file "ioclist_v51u.ref" is encoded in UTF-8 in order to retain all European accents and umlauts with complete fidelity as they are in the IOC Master List. Therefore, your input file should be encoded in UTF-8 as well, and should contain a line of text below on the top of the file.

#!E -*- coding: UTF-8 -*-

For those who want to use Refsort/Ruby in the ASCII environment, I have posted another reference file "ioclist_v51a.ref" encoded in pure ASCII. Note that characters with accents and umlauts have been simplified to their nearest neighbors. So please be careful in particular when you refer to authorities of species.

I have also posted two reference files (encoded in UTF-8 and Windows-31J, respectively) which include Japanese names. If you want to refer to Japanese names, please see those files. A master list in Excel format containing a column of Japanese names has been also posted as well. This would be more convenient.

You can download an appropriate file by clicking a link listed on the right column of this page, but you can also access files and folders built in my area of One Drive by clicking "IOC List Archive" on the right column.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2015/01/12

厳寒の旅

今年の正月は帰省先から戻った翌日から出張に出るというハードスケジュールでした.特に今回の旅は,時差よりも寒さに苦しめられました.出かけた先はアメリカ中西部.最初に立ち寄ったジョージアアーカンソーでも,南部のはずなのに最高気温が連日氷点下.インディアナに至っては朝の気温がマイナス19度.これでは外を歩くわけにもいきません.ホテルのドアと車の間の数10メートルを歩くのさえ楽ではありません.

Triptousa_jan2015_0005m

それでも,空港の地上職員はこの厳寒の中で作業を行っていました.上の写真は乗り継ぎを行ったミネアポリス・セントポール空港.ここは元々寒冷地にある寒さ慣れした空港で,マイナス20度はあたりまえです.おかげで出発の遅れなどには遭遇せず,無事に帰国することができました.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2015/01/01

新年のご挨拶(喪中版)

昨年母親を亡くしましたので,今年は年賀状を出しておりません.Web 上の新年のご挨拶も例年に比べて簡素に済ませたいと思います.ご了解いただければ幸いです.

さて,母親を亡くした件です.母親はここ数年間がんを患い闘病を続けていました.発見が遅れたために,すでにがん組織が臓器の広い範囲に広がっており,また高齢であることもあって,手術や放射線による治療は断念せざるを得ませんでした.残るのは化学療法,すなわち抗がん剤です.しかし,抗がん剤には強い副作用があります.これによって髪の毛が抜けたり吐き気がしたり,ろくでもない体調の変化に見舞われます.

理想的には,その人の遺伝子の変異型に合わせた抗がん剤を調製出来ればよく,長年研究が続けられていますがまだ実用には至っておらず,結局は大多数に効くと想定して調製されたものを使わざるを得ません.しかし,これが個々の人に効くかどうかはくじを引くようなものです.

母の場合,3種類の抗がん剤を順番に試していったのですが,残念ながら結局どの抗がん剤にも効果は認められませんでした.1年ほどをかけたのですが,入退院や通院の手間,多額の抗がん剤費用を負っただけに終わりました.結局,医師との話し合いの末に抗がん剤治療は打ち切り,“緩和ケア„,すなわち根本治療は諦めて残された生存期間をいかに有意義に過ごすか,という方向を選択せざるを得ませんでした.

幸いなことに現代の緩和ケア技術は素晴らしく,亡くなる6か月前まではほぼ健常者並みの生活を送ることができました.この間は帰省するたびにドライブなどに連れ出し,行きたいところに連れていくようにしました.痛みが目立ってきて専門医が常駐するホスピスに入院した後でも,亡くなる1か月前まではステロイドの効果で食欲も旺盛で,普通に帰宅したり外食したりできたことがせめてもの慰みでした.

最後の1週間は急速に症状が進み,医療用麻薬の量も増やさざるを得ず,不安障害のようなものも出てきましたので,亡くなる前日からは鎮静剤を継続投与して鎮静状態に入り,静かに臨終を迎えました.

私はベッドサイドで最後の一呼吸まで看取ったのですが,こういう最期も悪くないなと思ったものです.なぜならば,亡くなる1週間までは普通に起きて歩き回り,食事や排せつも行うことができる,最後は急激に症状が進むものの,準備と覚悟さえできていれば短期間で一気にあの世行きです.長患いにまつわる様々な面倒事に苦しまずに済みます.皆さんはどのようにお考えになりますか?


昨年は仕事の面では多くの海外出張に出かけて忙しく,体にも負担をかけた年でした.特に時差のあるアメリカや欧州への出張が多く,それはそれで面白くはあるのですが,体に対する負担は相当のものです.負担としては,直接的には長時間のフライト,間接的には食事や睡眠のリズムの乱れがあります.

長時間のフライトに耐えることはすなわちエコノミークラス症候群の予防に尽きます.従って座席は必ず通路側,やむなく窓際になった場合は乗り込んだ後で通路側の空席を探して移動するなど,神経を使いました.10時間以上のフライトになるので,何度も席を立ってキャビンの最後尾に行っては柔軟体操や足踏み,下肢部のマッサージを行って血栓ができるのを防ぎます.

海外出張に行った際の気晴らしや楽しみについてですが,アメリカは中西部の農業地帯に行くことが多く,広々とはしているのですが,歴史や文化に触れることは難しく,日本ではなかなか食べられない美味しい熟成肉にありつけるくらいしか楽しみがありません.一方欧州は歴史ある都市に滞在できる機会が多く,これは写真好きにとっては絶好の機会を提供してもらったようなもので,わずかな空き時間を利用して,どんなお天気であっても街を彷徨することを繰り返しました.古い街の狭い路地には特に興味を惹かれます.

今年も海外出張が多くなりそうなので,体調を整えておきたいと思います.


海外出張の陰に隠れてしまいましたが,長時間通勤を相変わらず続けています.もう慣れてしまったと言いたいところですが,加齢とともにだんだんきつさを感じることが多くなりました.もう定年も近いのですが,定年と同時に年金をもらえるわけでもないため,しばらくは継続して働き続けなければならないと思います.年とともに通勤のきつさが増すことは確実なので,どうしたものかと思案しています.

以前は通勤中は座っていても立っていても本を読むことが多かったのですが,ここ数年はそれをやらなくなりました.というのも老眼乱視が急速に進行し,しっかりと眼鏡をかけなければ本を読むことができなくなってしまったのです.それで電車の中での読書は中止していたのですが,つい最近電子ブックリーダーを手に入れて読書を復活させました.買ったまま積読(つんどく)になっていた文庫本などの電子版を改めて買い直し,電子ブックリーダーで読み始めています.代表選手は塩野七生ローマ人の物語” です.

これが良いところは,調節可能なフロントライトがついているため,暗めの車内でも楽に字が読めること,字の大きさを自分で好きなように調節できること,その場で複数の辞書を引けること,電子的なしおりやアンダーラインを引けること,そして購入が瞬時に終わることです.私が買った最新機種のディスプレイの解像度はモノクロで 300 dpi あるので,初期のレーザープリンタと同じ細かさです.普通に印刷物を読む感覚で電子インクディスプレイ上で印刷物を読むことができます.液晶と異なって電子インクは消費電力が非常に少ないので,充電の頻度も非常に少なくて済みます.

また,著作権が切れた作品は,青空文庫などの活動によって非常に安価に購入することができますので,たとえば与謝野晶子訳の源氏物語や,吉川栄治訳の三国志などのように,著名な古典を非常に安価に電子書籍として取り込むことができます.

欠点は,電子版の書籍はまだ少量しか出版されていないこと.出版社や著者によっては電子出版に後ろ向きな方々もいます.従って必ずしも自分の読みたい本が電子版で読めるわけではありません.また,文庫や新書は電子ブックリーダーで読むのみちょうど良いのですが,大判の書籍は現在の電子ブックリーダーでは一頁を一画面に収めることはできないため,何らかの工夫が必要となります.もちろん画面を上下左右にスクロールすればよいのですが,その手間はばかになりません.

まだ使い始めたばかりですが,少し経験を積みたいと思います.


さて,簡素に済ませるなどと言って結構長文になってしまいました.昨年も天変地異や国際的な事件など,大きな出来事が続きました.世の中はなかなか平安という具合にはいきませんが,どうにかこうにかやっていこうと思っています.皆様も健康第一で一年をお過ごしください.

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »