« 気候変動の標準教科書 | トップページ | アブラナのなれの果て »

2015/06/22

夏至の日差しに映えるタチアオイ

今日は夏至です.一年中で太陽が最も北側に来て,日照時間が最も長くなる日です.当然のことながら日差しも強く,ほぼ真上から照り付ける太陽光線は強烈です.ちょうどこの日に北回帰線の緯度にいると,太陽はちょうど真上で南中します.北回帰線の緯度はだいたい北緯23度26分なので,日本では台湾北部とほぼ同じ緯度の八重山諸島波照間島あたりまで南下しないといけません.

Aroundhome_jun2015_0004m

さて,そのような強烈な光の下で咲き誇っているのがタチアオイ.茎が高く垂直に立ち上がってたくさんの花がつくので,大変見栄えのする花です.やや逆光気味に撮ってみましたが,花びらを透ける光がまばゆいですね.

|

« 気候変動の標準教科書 | トップページ | アブラナのなれの果て »

四季折々」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/61773853

この記事へのトラックバック一覧です: 夏至の日差しに映えるタチアオイ:

« 気候変動の標準教科書 | トップページ | アブラナのなれの果て »