« ようやくスマートフォンを導入 | トップページ | 夜祭の花火の写真は大失敗 »

2015/08/23

FIT賦課金の不公平

今月の電気料金の請求書をよく見ていたら,これまで見落としていた項目を発見し驚いてしまいました.それは “再エネ発電賦課金” というわかりにくい略語で,要するに FIT 制度によって電力会社が再生可能エネルギーを買い取る費用を最終需要者にそのまま転嫁するものです.

Electricitybill_jul2015

我が家の場合,賦課金は 437 円なので,請求金額に占める割合は 5.9% になります.我が家は家族数も少なく節電にも努めているので,真夏でもこの程度の電気料金で済んでいるのですが,これが育ち盛りの子供が二人いるような家庭だと,ひと月の電気料金はゆうに1万円を超えるはずで,それに 6% もの賦課金が加わることは決して無視できる金額ではありません.

日本で FIT が始まった時に,そのあまりに高額な買取料金に業界が色めき立つと同時に,太陽光パネルを設置して売電できる金持ちが得をして,パネルを持てない貧乏人に賦課金を払わせることの不公平を非難する意見がありましたが,こうやって毎月賦課金を払っている身になってみるとこれは確かに理不尽な制度だと感じます.何より電力会社が買い取り価格を最終需要者にパススルーして自分は痛くもかゆくもない,という事業者寄りの制度には納得ができません.地域独占と総括原価方式によってぬるま湯経営に浸かってきた電力会社こそ,二酸化炭素の排出を減らす負担を需要者と分かち合うべきです.

FIT そのものは,そのままでは導入のインセンティブが働きにくい再生可能エネルギーを社会に導入するために考え出された優れたアイデアであることは間違いありません.90年代のデンマークではこれで風力発電が非常に急速に導入されました.しかし,社会各層の負担の重みは一様ではなく,従来方式の発電事業者,送配電事業者,最終需要者のそれぞれが異なる形で負担を分かち合って再生可能エネルギーへの移行を促す制度であるべきではないかと思います.発電事業者には大規模な再生可能エネルギーの導入を促し,送配電事業者には不安定な再生可能エネルギーを受け入れられる電力網の整備を促すことも必要だからです.最終需要者だけに負担を強いても,再生可能エネルギーが経済的に持続可能なエネルギー源になるとは思われません.

ドイツではこの賦課金がすでに一世帯当たり 1,000 円を超えており,これ以上の負担は世論が受け入れないそうです.そこで太陽光発電の電気は電力網に戻して買い取るのではなく,自家消費するほうが得になる料金体系を導入しつつあるとのことですが,このような小規模の発電と蓄電への設備投資が社会全体にとって効率の良いことなのか,疑問ではあります.

| |

« ようやくスマートフォンを導入 | トップページ | 夜祭の花火の写真は大失敗 »

オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FIT賦課金の不公平:

« ようやくスマートフォンを導入 | トップページ | 夜祭の花火の写真は大失敗 »