« 橋と城壁の風景 | トップページ | ようやくスマートフォンを導入 »

2015/08/14

古代の闘技場でオペラ

Verona_aug2015_0004m

これも一昨日ポストした街の風景.何と古代ローマ時代円形闘技場です.円形闘技場とは,その中で剣闘士(Gladiator)どうし,あるいは剣闘士と猛獣を戦わせ,それを大勢の市民に見物させるというもので,古代ローマでは広く親しまれた娯楽です.従ってローマ帝国の域内はおろかその属国においても数多く建てられ,中には今でも残っているものがあるというものです.

映画 “グラディエーター” を見るとその様子がわずかにわかりますが,闘技場の地下が準備室になっており(歌舞伎でいうところの奈落),剣闘士や猛獣はそこから木製の人力エレベーターで闘技場に現れる仕掛け(歌舞伎でいうところの迫(せり))になっていたようです.これはローマ市内のコロッセオを見るとよくわかりますが,そこまで残っている闘技場はほとんど無いでしょう.

Verona_aug2015_0015m

ちょうど夏のオペラ・シーズンを迎え,二日に一度の割合で円形闘技場の中でオペラが上演されています.これを目当てにやってくる観光客が多く,空港にも巨大なポスターが掲示されていました.夕暮れ時から開場され,暗くなりはじめるころに開演します.終わるのは夜もかなり遅め.闘技場の周囲にはたくさんの大道具が無造作に置かれ,まるで何かのテーマ・パークのようでした.

Verona_aug2015_0140m

|

« 橋と城壁の風景 | トップページ | ようやくスマートフォンを導入 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/62080079

この記事へのトラックバック一覧です: 古代の闘技場でオペラ:

« 橋と城壁の風景 | トップページ | ようやくスマートフォンを導入 »