« IOC List v5.4 Released | トップページ | ススキの穂が開ききった »

2015/10/24

IOC List v5.4 の変化点

先ほど IOC List v5.4 のリリースをお知らせしましたが,その内容について少々コメントします.

今回のリリースは比較的おとなしい印象で,種の追加が30種ほどあったこと以外は,亜種の廃止が数件あった程度にとどまりました.種の追加では,パプアニューギニア地方のミツユビカワセミ属 (Ceyx) Dwarf Kingfisher が10種以上も追加になっています.ちょうど戦前・戦中,旧日本軍が基地を設け,軍隊を駐屯させ,そしてアメリカと激戦を繰り広げたあたりの島々では,島ごとに多様なカワセミの種の分化が起きているようです.

今回もう一つの大きな変化点は属の異動で,これまで Puffinus に属していたハイイロミズナギドリハシボソミズナギドリなど7種が,ハイイロミズナギドリ属 (Ardenna) に移りました.IOC List のコメントをそのまま引用すると,"The genus Puffinus is polyphyletic; separate pacificus, bulleri, griseus, tenuirostris, creatopus, carneipes and gravis to Ardenna (Penhallurick & Wink 2004, Christidis & Boles 2008, H&M4, SACC)"

これはかなり一大事なのですが,こういうダイナミックな異動を躊躇なく行うのが IOC List の面白いところですが,付いていくのがなかなか大変であることも確かです.

|

« IOC List v5.4 Released | トップページ | ススキの穂が開ききった »

IT関連情報」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/62539720

この記事へのトラックバック一覧です: IOC List v5.4 の変化点:

» IOC List v6.1 Released [望湖庵日記 Lakeside Diary]
IOC World Bird List v6.1 が2016年1月26日にリリースされました.前回 v5.4 のリリースが2015年10月24日だったのですが,今回もそれから3か月ほどで新しい版 v6.1 が出てきました.相変わらず順調な更新を続けています. 今回収録されたのは,科が 241,属が 2,284,種が 1... [続きを読む]

受信: 2016/01/30 19:41

« IOC List v5.4 Released | トップページ | ススキの穂が開ききった »