« 北イタリアの晩秋 | トップページ | 完熟したカラスウリ »

2015/11/29

晩秋から初冬へ

今シーズンの冬はエルニーニョのせいか非常に暖かく,例年だととっくに毎朝霜に覆われている当地でも,ようやく霜が降りるようになったという程度です.従って,イチョウの葉もまだ完全には落ちておらず,例年よりも2週間ほど季節が遅れている感じです.

Aroundhome_nov2015_0108m

今日は小春日和で日中は大変暖かく,近所をカメラをもって散策しました.私の通勤路の田んぼのへりに密生しているこの草はコセンダングサでしょうか?アメリカセンダングサとは種の形が違うように思います.

Aroundhome_nov2015_0116m

今月初めに近所を散歩した時に色づいていたムラサキシキブはまだ同じような姿をしたままでした.毎朝霜が降りるようになれば,さすがに実も落ちていくと思うのですが,まだまだしっかりと秋の実りを見せている感じです.

Aroundhome_nov2015_0126m

|

« 北イタリアの晩秋 | トップページ | 完熟したカラスウリ »

四季折々」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/62774298

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋から初冬へ:

« 北イタリアの晩秋 | トップページ | 完熟したカラスウリ »