« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016/02/28

庭の花が咲き始めた

先週は日差しが少なく寒い日が続きましたが,この週末はようやく日射量に恵まれ,気温も高めとなりました.これくらい気温が高い日が今後も続けば,春の花が続々と咲き始めることになると思います.この冬が暖冬だったことは明白で,これも地球温暖化の一側面ということができると思います.

Winterhome_feb2016_0049m

この季節は週末に庭に出てみるたびに発見があります.先週くらいから目立つようになっていたのですが,クリスマスローズが庭のあちこちで大きな花を付けています.この花は地面近くで下向きに花を付けるので,なかなか写真を撮りにくいのですが,デジカメを地面近くまで下ろして撮ってみました.逆光に花びらが透けて見えて面白い写真になりました.

Winterhome_feb2016_0054m

家人が球根を植えたクロッカスも花を咲かせています.来週には花の数と種類がもっと増えることでしょう.

Winterhome_feb2016_0056m

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2016/02/21

寒肥やり

ここ2年ほど,早春のこの時期は仕事が忙しくて海外出張に出ることが多かったものですから,それ以前は続けていた寒肥やり(*1 *2 *3)をサボってきました.今年はさすがにさぼるわけにはいかないと思い,時期はやや遅めになってしまいましたが,本日庭の木々に寒肥やりを行いました.今では,油粕や鶏糞や骨粉などを寒肥に適した配合で混ぜ合わせたものが売られていますので,それを買って来ればすぐに寒肥をやることができます.

Winterhome_feb2016_0043m

比較的暖かい午後,日差しを浴びながらスコップで土を浅くすくい上げては肥料を埋めていくと,体は汗ばみ,気持ちよく汗をかくことができます.こういう肉体的な体験を通して,春の接近を感じることができるのは大きな喜びです.

例年のことなのですが,人が土を掘り返していると,ジョウビタキの♀がすぐ近くまでやってきました.虫を探しているのだろうと思いますが,ここ4, 5年は必ず現れます.ひょっとして同じ個体?まさか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2016/02/13

ポカポカ陽気

今朝のポストでフキノトウのことを書きましたが,天気予報の通り,気温はぐんぐんと上がり,さらに予想外に日射があって,日向で体を動かしていると汗ばむくらいになってきました.最高気温は20度くらい行ったのではないでしょうか?

Winterhome_feb2016_0033m

我が家の庭では春の準備が急速に進んでいます.オオイヌノフグリは年末から咲いていますが,花の数が増えてきたように思います.身も蓋もない名前を付けられた植物ですが,花は大変美しいものです.実は写真に撮るのが難しい花の一つ.まず花が小さいので接写することになるのですが,手振れ,体のちょっとした動きに伴う焦点ずれ,そして花芯部分の白さによるシロ飛び対策,などなど,気を使わなければならないことが多いのです.

Winterhome_feb2016_0023m

木々の花芽も膨らんできました.我が家で最も早く花を付けるのはトサミズキですが,開花は3月初めくらいだと思われるので,あと2-3週間です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フキノトウが出てきた

昨日までは朝は連日氷点下の冷え込みとなり,家々の屋根も,野の草も,びっしりと白い霜に覆われていたのですが,今日は一転して異常に暖かい朝となりました.天気予報によれば,朝鮮半島付近にある低気圧がこれから日本海で急速に発達し,そこへ暖かな空気が流れ込んで春一番となり,ところによっては気温が20数度にも上昇するとのこと.

Winterhome_feb2016_0014m

どれどれと庭に降りてみると,まだか弱い感じではありますがフキノトウが顔を出し始めていました.まだ薹(トウ)が開く前なので,雄花か雌花か判然としませんが,実はこの状態のちょっと前が食べごろ.もう天ぷらにするには遅すぎます.

この冬は前半が超暖冬,中盤は平年並みに落ち着いていますが,終盤はどうなるのでしょうね?積算温度ではすでにかなりの量が積み上がっているので,積算温度で開花が決まる植物は早くから花を付けるのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2016/02/07

冬の旅人を見に

はや2月4日の立春を過ぎて季節はもう春.うかうかしていると,冬の渡り鳥が北帰行で去ってしまいそうなので,たまたま好天に恵まれた本日,近場のポイントに行ってきました.

ここはシベリア方面からヒシクイ (Anser fabalis)の一亜種である亜種オオヒシクイ (A. f. middendorffii) がやってくるところ.干拓地に作られた農地です.しばらく前までは50-60羽程度の数が続いていたのですが,昨年は120羽を超え,今年は何と135羽もの亜種オオヒシクイがやってきています.下の写真で冬枯れの田んぼの中にぽつぽつと見えるのが彼らです.

Inami_feb2016_0013m

大型の鳥なので見応えがありますが,人間との距離を取る鳥なので,近づくのは難しく,またこのような保護地区ではある程度以上近づくことはご法度.近づきすぎると群れ全体が飛び立ってしまいます.また保護のボランティアをしている人の話によれば,軽飛行機やヘリコプターなどにも敏感に反応して飛び立つことが多いそうです.実際,今日も軽飛行機が上空を通過しただけで群れ全体が飛び立ってしまいました.

Inami_feb2016_0009m

田んぼのすぐ後ろの水路では淡水真珠の養殖がおこなわれているらしいのですが,そこには1,000羽を超えるカモ類が羽根を休めています.ほとんどはオナガガモ.中には土手の上に上がり込んで日向ぼっこをしている連中もいます.人間が2, 3mの距離に来ても逃げたりせず,かなり人馴れしている様子でした.

Inami_feb2016_0021m

彼らもいずれは北へと帰っていきます.今年は暖冬なので,北帰行も早いのではないかと思います.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »