« 冬の旅人を見に | トップページ | ポカポカ陽気 »

2016/02/13

フキノトウが出てきた

昨日までは朝は連日氷点下の冷え込みとなり,家々の屋根も,野の草も,びっしりと白い霜に覆われていたのですが,今日は一転して異常に暖かい朝となりました.天気予報によれば,朝鮮半島付近にある低気圧がこれから日本海で急速に発達し,そこへ暖かな空気が流れ込んで春一番となり,ところによっては気温が20数度にも上昇するとのこと.

Winterhome_feb2016_0014m

どれどれと庭に降りてみると,まだか弱い感じではありますがフキノトウが顔を出し始めていました.まだ薹(トウ)が開く前なので,雄花か雌花か判然としませんが,実はこの状態のちょっと前が食べごろ.もう天ぷらにするには遅すぎます.

この冬は前半が超暖冬,中盤は平年並みに落ち着いていますが,終盤はどうなるのでしょうね?積算温度ではすでにかなりの量が積み上がっているので,積算温度で開花が決まる植物は早くから花を付けるのではないでしょうか?

|

« 冬の旅人を見に | トップページ | ポカポカ陽気 »

四季折々」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/63203536

この記事へのトラックバック一覧です: フキノトウが出てきた:

» ポカポカ陽気 [望湖庵日記 Lakeside Diary]
今朝のポストでフキノトウのことを書きましたが,天気予報の通り,気温はぐんぐんと上がり,さらに予想外に日射があって,日向で体を動かしていると汗ばむくらいになってきました.最高気温は20度くらい行ったのではないでしょうか? 我が家の庭では春の準備が急速に進んでいます.オオイヌノフグリは年末から咲いていますが,花の数が増えて... [続きを読む]

受信: 2016/02/13 14:40

» 薹(とう)が立つとこうなる [望湖庵日記 Lakeside Diary]
人間(特に若い女性)に対しても使う表現 薹(とう)が立つ というのは,本来,フキなどの植物で葉よりも先に伸びてくる花芽のことを薹と言い,その花の盛りが過ぎた状態のことを言うのですが,実際に薹が立ったフキはこの季節にあちこちで見かけます. しかし,それをじっくりと見たことがある人は少ないのではないでしょうか?実はフキには... [続きを読む]

受信: 2016/03/12 15:20

« 冬の旅人を見に | トップページ | ポカポカ陽気 »