« サクラ三分咲き | トップページ | スミレが咲き始めた »

2016/04/03

よく見ると古かった観音像

サクラを見たついでにすぐ近くにあるお寺とお稲荷さんを訪ねます.ここにあるのは古い石像.一つは観音様と思われるもの.ちょうど2年前にも紹介した稲荷神社なのですが,今回は観音像のほうを紹介します.碑文を見てみると “延宝六” と読めます.これは西暦に直すと1678年のことなので,江戸時代の前半.今から340年ほど前のものであると推定されます.これは,このあたりに残っている石像の大部分が江戸後期から幕末にかけてのものであることを考えると,かなり古い部類に属すると言えます.この石像のすぐ隣に置いてあるお地蔵さんの碑文が文政四年(1821年)であったことを考えると,その間に140年ほどの時間差があることになりますが,パッと見にはどちらが古いものやら,見分けることは困難です.

Aroundtorinji_apr2016_0070m

このような石像を撮るときに限ってなのですが,マニュアルで焦点を合わせこんだつもりでも,出てきた絵を見ると前ピンになっていることが非常に多いのです.老眼が進んできたとはいえ,ファインダーのディオプトリは合わせていますし,マニュアルとはいえ,合焦した際にはファインダー内にオーバーレイで合焦した箇所がわかるようになっているので,その時には確かに焦点はあっているのだと信じたいです.しかしレリーズする瞬間に,体がわずかに後ろにずれているのか,出てくる絵は前ピンがほとんど.これが不可解ですし,なによりも悔しい.

いずれ決着をつけるために,三脚持参でこれら石像の方々と対峙したいと思っています.

|

« サクラ三分咲き | トップページ | スミレが咲き始めた »

カメラ・写真」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/63435660

この記事へのトラックバック一覧です: よく見ると古かった観音像:

» 天和二年の菩薩像 [望湖庵日記 Lakeside Diary]
先週末に花見のついでに撮った写真がピンボケばかりだったので,今週はは気合を入れて撮りなおしました.先週のリベンジです.まずはお寺の境内に置かれているこの観音像.如意輪観音かと思いきや,そうではなくて,弥勒菩薩の半跏思惟像というのでしょうか?立膝で頬に手を当てて首を傾げている姿は優雅です. 碑文はかなり読みにくいのですが... [続きを読む]

受信: 2016/04/10 15:32

» 緑英童子って誰? [望湖庵日記 Lakeside Diary]
これも同じお寺の境内に置かれている童子の像.緑英童子 とはっきりと書かれている碑文が目立ちますが,これがどのような童子なのかよくわかりません. 日付は寛政十二年庚申夏五(?)月二十一日と読めるので,西暦ではちょうど1,800年のこと.江戸も後期で,実はこの年に伊能忠敬が蝦夷地を初めて測量しています.へぇ,そのころの石像... [続きを読む]

受信: 2016/04/10 15:37

« サクラ三分咲き | トップページ | スミレが咲き始めた »