« 2017年2月 | トップページ

2017年3月

2017/03/25

FreeNAS Corral の命名の理由?

FreeNAS 10.0 が FreeNAS Corral と名前を改めたことは先週の記事でお知らせしましたが,この命名の由来については,FreeNAS Forum で尋ねられたにも関わらず,明確なことは明らかにされていません.

しかし,Corral 本来の意味は,アメリカ西部開拓時代に野営をする際に馬車で野営地を取り囲むように円陣を組んだ,というものです.さらに,FreeNAS Corral になってから毎度お決まりのように出てくる六角形の囲いのシンボルが,まさにこの円陣を表していると思われることから,NAS のみならず Docker などの仮想化プラットフォームすべてを内包した新たなコンピューティング・プラットフォームという意味で Corral という命名をしたのではないかと思われます.つまり,かなり野心的に風呂敷を広げてプロモーションを開始したと見て取れます.

映画好きの人にとって,この Corral という単語は “OK 牧場の決闘” という繰り返し映画化されたモチーフ(*1 *2 *3 *4)に使われていることで有名で,いわばアメリカ版忠臣蔵のようなお話です.日本語では “牧場” と訳されていますが,これは本来は “牛囲い” とでもいうべきもので,町はずれの,カウボーイたちが町にやってきたときに一時的に牛を預かっておくための囲い,という意味なのですが,この単語が IT の分野で使われるようになったというのは,非常に感慨深いものがあります.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/20

FreeNAS Corral Out

Windows Home Server 2011亡き後,ハードウェアはそのままに “FreeNAS” というフリーのNAS OSをインストールして試用しています.これまで “FreeNAS 9.10.2-U2” というFreeBSD 10.3ベースのバージョンをインストールし,クライアントのバックアップ用として便利に使ってきました.

開発中だった新しいバージョン “FreeNAS 10 Corral” が3月中旬にリリースされたのでさっそくインストールしてみたのですが,


  • Volume の設定がちゃんと引き継がれていないように見える

  • SMBNFSなどのServiceの設定がうまく引き継がれない

  • ファイルやディレクトリのPermissionの設定方法がよくわからない

という状態で,NFSマウントができなかったり,Windowsのシステムイメージのバックアップ先にSMBマウントしたData Setを指定すると,Windows が “0x8078006F” というエラーを吐いてバックアップできないなどという症状なので,元の “9.10.2-U2” に戻してしまいました.Corral-U1が出るまでは静観するつもりです.

システムを設定するためのGUIが大幅に変更になったこともあり,特にPermissionの設定法がよくわからないままです.ベースOSが “FreeBSD 11.0” になったり,Dockerなどの仮想化機能が強化されたりしていますので,プラットフォームとしては非常に魅力的なのですが,設定方法の変化があまりに大きすぎてちょっとついて行けません.

もうしばらくすると解説記事が出回るだろうと思いますので,それを読んで勉強したいと思います.

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2017/03/19

ついにコブシが開花

Springaroundhome_mar2017_0032m

早春の女王ともいうべきコブシがついに開花し始めました.暖かな東京では先週くらいから開花していたようなのですが,東京よりもわずかながら寒冷な当地では今週になってようやくほころび始めました.

Springaroundhome_mar2017_0031m

ただし,木によって開花の段階には大きな差があり,まだ全く開花していないもの,ほころび始めたもの,3分から6分咲き程度のもの,8分咲き以上のものなど,実に様々です.これは日当たりなどの微気候によるもの,木々の個性によるものなど,いろいろな可能性が考えられるので,なかなか複雑だと思います.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなになっちゃったフキノトウ

Springhome_mar2017_0022m

ちょうど一か月前に記事をアップしたフキノトウですが,その後順調に伸びて,今はこんな感じ.ずいぶんと丈が伸びるものです.春遅くから初夏にかけて,フキ特有の大きな葉っぱが広がって,その茎が食べごろになってきます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/18

トサミズキほころぶ

Springhome_mar2017_0001m

我が家の庭の早春の使徒となっているトサミズキですが,例年3月中旬にはほころび始めています.今年は先週末からほころび始め,今週末はある程度の数の蕾がほころんでいます.

Springhome_mar2017_0001m2

トサミズキは花穂が長く垂れてくるのが面白いのですが,それとは全く別に,咲き始めの花の色気は格別です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/12

ボケの花が満開

Springaroundhome_mar2017_0023m

うっかりしているうちに,近所の公園のボケの花が満開になっていました.まだまだ蕾がたくさんあるので,これからもうしばらくは楽しめると思います.

Springaroundhome_mar2017_0024m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミツマタの花

毎週末の散歩の折に気にかけていた花が満開を迎えました.とあるお宅の玄関に植えられているミツマタです.黄色い集合花で,独特の形状と色合いをしています.なんとなくねっとりとした感触を覚えるのですが,これは私だけでしょうか?

Springaroundhome_mar2017_0020m

ミツマタはその名の通り,枝が三つに分岐していくのがこの写真でもよくわかります.ただしこのお宅では枝を剪定して二股にしているようですが.これが和紙の良い材料になるそうなのですが,何と日本の紙幣はこのミツマタが材料なのだそうです.へぇー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/05

ナノハナは黄色の飽和に注意

団地の中の空き地にナノハナが咲き始めました.花期はかなり長いので,これから2か月ほどは黄色い花を楽しむことができると思います.

Springaroundhome_mar2017_0010m

実は,デジカメでこのナノハナを撮るのは結構難しいのです.カメラにもよりますが,強烈な黄色がいとも簡単に飽和してしまい,本来の色相彩度をうまく再現できないのです.今回の作例もその一つで,お手軽コンパクトデジカメで撮ったのですが,RGBのうち赤と緑が同じ画素内で飽和している,すなわち黄色が飽和していることが確認できています.これを少しでも救済するために,レタッチしてカラーバランスを若干修正しているのですが,それでも飽和したものを未飽和にすることは原理的に不可能です.

このような現象を避けるためには,何度か試し撮りをして露出補正をかけるしかありません.デジタル一眼レフでは,露出制御に多数のRGBセンサーを用いているものもありますが,そのようなカメラではこのようは飽和は起きにくいはずです.私も後日確かめてみようと思います.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウメがようやく満開

Springaroundhome_mar2017_0001m

3月に入ってからはさすがに気温が上がり,昨日もそうでしたが今日も15度くらいまで上がるようです.気温としてはソメイヨシノが咲き始めるころの気温なのですが,実際に花が咲くまでには温度の積分値が必要なので,あと3週間ほどは待たなければなりません.

Springaroundhome_mar2017_0005m

団地の公園のウメはようやく満開を迎えました.咲き始めから1か月以上経っていますし,毎日霜に当てられてもいるので,花弁はかなり痛み気味ですが,それでもたくさんの花が咲いているのは美しいものです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ