« FreeNAS Corralの開発がとん挫 | トップページ | 奉獣 »

2017/04/16

久しぶりの子安地蔵

自宅近くの目立たない稲荷神社の境内にはいくつかの石像が置かれています.今からちょうど3年前に紹介した子安地蔵を,新調したカメラで撮ってみました.光線の具合が前回とは異なるので,微妙な陰影などは再現できていないのですが,撮像素子のフォーマットが大きくなった分は良くなっているのではないかと思います.

Aroundtorinji_apr2017_0014m

前回も書いた通り,このお地蔵さんの碑文によると “文政四年巳年九月” に奉納された石像です.西暦では1821年,シーボルトが来日したのが1823年8月(文政六年七月ころ)です(前回の記事で文政五年と書いたのは間違いでした)ので,幕末に向けて世の中がざわつき始めたころと言ってもよいと思います.今から約200年前のことです.

おそらく子供の健やかな成長を祈って奉納されたものだと思いますが,お地蔵さんの表情が実に良いですね.

|

« FreeNAS Corralの開発がとん挫 | トップページ | 奉獣 »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/65157390

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの子安地蔵:

» 奉獣 [望湖庵日記 Lakeside Diary]
直前の記事と同じ稲荷神社の境内に,祠の前に向かい合って対になった狐の石像が置かれています.狐と言うには耳が尖っておらず,だいぶ丸みを帯びた頭をしていて,これでは狐だかなんだかよくわからない獣ですが,神の使いである狐の像を奉納することを 奉獣 と言うようで,稲荷神社の狐の像にはよくこの言葉が書かれています. 尤も,奉獣と... [続きを読む]

受信: 2017/04/16 13:51

« FreeNAS Corralの開発がとん挫 | トップページ | 奉獣 »