« 謹賀新年 2018 | トップページ | コブハクチョウとユリカモメ »

2018/01/07

新春の鳥見

今日は朝から久しぶりに馴染みの里山での探鳥会に参加しました.もう長い間足が遠のいていたところなので,周囲の環境がかなり変わっているのにびっくり.田んぼや蓮田が埋め立てられて真新しいアパートがたくさんたくさん建っていて,こんなに地盤の緩いところに 2, 3 年のプリロードもせずに建てて大丈夫?と思ったりしました.

今日は昨日の冷え込みに比べると,冬としては平年並みの気温で,風も弱くて鳥見には快適.早速,蓮田でタシギタゲリを眺めた後で,冬の小鳥たちを見つけながらため池に向かいます.

Shishizuka_jan2018_0015m

ため池にはたくさんのマガモ.ごく少数のオカヨシガモコガモヒドリガモ,そしてオオバン.これらを観察した後で,本日の講師から鳥の “趾(あしゆび)” の説明.これまで知らなかったことも多くて,大変勉強になりました.特にオオバンの弁足 (lobate) というのは初めて知りました.バンとは全く違うのでびっくり.

Shishizuka_jan2018_0021m

池の氷は昼近くになっても溶けない部分が多く,カモやセキレイは氷の上に乗っかっていました.今シーズンの冬は例年よりも寒いので,当地の池には氷が張ることが多くなっています.

| |

« 謹賀新年 2018 | トップページ | コブハクチョウとユリカモメ »

自然」カテゴリの記事

四季折々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新春の鳥見:

« 謹賀新年 2018 | トップページ | コブハクチョウとユリカモメ »