« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018/03/31

Refsort/Ruby 2.92 Released

2月12日に,辞書参照型ソーティングフィルターをスクリプト言語 Ruby で実装した Refsort/Rubyの新版 v2.91 をリリースし,数か月はこのまま落ち着かせるつもりだったのですが,(過去リリースは新しいほうから順に *1 *2 *3 *4 *5 *6 *7 *8 *9 *10),Ruby 本体が3月28日に新版 2.5.1 にアップデートされたことを契機として,Refsort の小改良版 2.92 をリリースすることにしました.

今回の改訂でのユーザーにとっての変化点は,埋め込みマイルストーンの書式の変更です.これまでは,マイルストーンのレベルを表す記号列と,マイルストーン本体との間には0個以上の空白を置くというルールにしていたのですが,今回の 2.92 からは,これを1個以上の空白を置かなければならないと改めます.この改訂はマイルストーンの書式の誤りを捕捉しやすくするためのもので,従来よりも広い範囲で書式の誤りを捕捉できるようになりました.細かい実例などはユーザーズガイドに書きましたので,ご覧ください.

このルールの改訂により,古い辞書ファイルの中には書式エラーとなるものが出てくると想定されますが,このルール改訂は至極単純なものなので,エディタの置換機能などを使って簡単に修正できると思います.また,私が2018年以降にリリースしている辞書ファイルは,すでにこのルールに則っていますので,修正は不要です.

ユーザーズガイドも改訂しましたので,同時にアップロードします.これで様々な改訂は一段落したと思いますので,今度こそ当分の間はこの版で運用したいと思います.

| | | コメント (0) | トラックバック (3)

2018/03/29

花見のついでにお稲荷さんにお参り

ソメイヨシノが満開になったので,近所の桜並木を散歩したのですが,すぐ近くの稲荷神社にもお参り.ここには,地元の氏子さんが奉納したと思われる観音像 (*1) と地蔵像 (*1 *2) が今でも置かれていて,実に味のある風情を醸し出してくれるので,私は年に何回もお参りしては写真の修行をさせてもらっています.

Shinchiushiku_mar2018_0042m

今日は光線の具合がいまいちでしたが,碑文を読むにはちょうど良い角度だったと思います.右側におかれている観音像は古くて,延宝六年(1678年)の奉納.これは古いです.すでに340年ほど経っているのですが,この古さでこの風化具合は優秀.碑文が容易に読めます.

Shinchiushiku_mar2018_0044m

左側に置かれている地蔵像はそれよりもだいぶ新しくて文政四年(1821年).江戸時代も末期に入ろうかというころで,文政六年にはシーボルトが来日しています.

| | | コメント (0) | トラックバック (1)

当地でもソメイヨシノが満開

今年は3月が異常な高温となり,ソメイヨシノの開花が大幅に早まりました.このおかげで,例年であれば4月初めころに満開となる当地のソメイヨシノも,昨日,今日と満開です.

Shinchiushiku_mar2018_0014m

Shinchiushiku_mar2018_0007m

それではというので,近所の長い桜並木を散歩.すぐわきの田んぼでは遅めの田起こしををやっていました.また疇にはツクシがいっぱい.でもすでに穂は開ききっていて,食べるには遅すぎます.

Shinchiushiku_mar2018_0030m

おや?と思ったのは,ソメイヨシノに交じって少数植えられているオオシマザクラ.例年だと,ソメイヨシノとほぼ同時期に開花しているのですが,オオシマザクラはまだ蕾を閉ざしたままです.種類によって開花条件が違うのでしょうか?ソメイヨシノの片親はオオシマザクラなのですが.私はソメイヨシノよりも,オオシマザクラの花のほうが好みです.緑色の葉と白い花の組み合わせが絶妙.

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/25

ツバキ・ロード

東京ではすでに満開となっていますが,当地でもいよいよソメイヨシノが咲き始めました.そんな陽気の中,本日は当地の地域のイベントに参加して,龍ケ崎市若柴地区にあるツバキ・ロードとその周辺を散策しました.

古くから人の営みがあった場所なので,昔からある古い道や切り通し,古いお寺や神社などを見ながら,お目当てのツバキ・ロードを歩きます.ここは古い河岸段丘の縁に沿って,袖群落の大部分がヤブツバキという,大変珍しく豪華な散歩道.

Wakashibaarea_mar2018_0035m

ヤブツバキの季節としては終わりに近く,地面にはたくさんのツバキの花が落ちていて,木々の中の狭く薄暗い切り通しでは,独特の艶やかな光景を見せてくれます.

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/18

立ち枯れのクサソテツ

Springhome_mar2018_0076m

我が家の庭で春の花を撮っていたとき,ふと目に留まったのがこれ.立ち枯れたクサソテツ.左右対称,かつ葉の湾曲具合が実に美しいです.根元から新しい葉が伸びてくるのでしょうが,この立ち枯れた姿も見事です.

| | | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/03/17

トサミズキの花穂が伸びてきた

Springhome_mar2018_0067m

4日ほど前に,我が家の庭のトサミズキの花がほころびだしたことを報告しましたが,それ以降季節外れの高温の日が多く,花穂がぐんぐんと伸びてきました.最終的にはもう少し長くなるのですが,バランスの良さからすると,本日のこれくらいがちょうどよいように思います.

Springhome_mar2018_0083m

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

コブシが開花

昨日後半に寒冷前線が通過して寒気が入り,今日は最高気温が10度程度と,真冬に逆戻りした感がありますが,日差しは十分に強く日照時間も長いので,やはり春を感じます.

Springaroundhome_mar2018_0012m

東京では先週前半から開花していたようですが,当地でもついにコブシが開花しました.まだほころんだだけの木もありますが,もう満開に近い木もあって,開花段階はさまざま.

Springaroundhome_mar2018_0009m

私の通勤路に生えている大木のコブシではもうかなり開花が進んでいます.昨日の冷たい雨にもめげずに開花を進めていたのだと思います.雑木林の中で最も早く春を告げるコブシ,孤高の輝きが春の到来を高らかに歌っているように感じます.

Springaroundhome_mar2018_0029m

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/13

春燭光

冬から春にかけて,自宅の庭では何種類かのツバキの花が咲いていきます.これはその中でも最も大振りなのに上品さを失わない「春燭光」という品種.八重咲きで,このような花弁の重なり具合を抱え咲きというらしいです.ピンクのグラデーションがとても上品.もう20年以上も我が家の冬を彩ってくれています.現在では春燭紅とも言われているようです.あまり紅という印象はないのですが.

Springhome_mar2018_0010m

直射日光をまともに浴びていて,あとちょっとでシロ飛びしてしまうところ.自動露光でぎりぎりセーフになっていますが,明るすぎて彩度が低下気味.もう少し露出を控えて,花弁のテクスチャがわかるようにすべきでした.

| | | コメント (0) | トラックバック (1)

トサミズキの花にへばりつく虫

今朝アップしたトサミズキの写真の番外編.逆光に映える花弁を,玉ボケを入れて撮ってやろうと構図を決めたのですが,撮った後でパソコンで編集していて気が付きました.この虫は何?

Springhome_mar2018_0055m2

もう十分暖かくなったので,このような羽をもった虫も出てきたようです.成虫越冬していたのでしょうか?

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

トサミズキがほころびだした

我が家の庭に春を告げる指標となっている花,トサミズキが先週末からほころびだしています.まだ花穂は伸びておらず,短い状態ですが,今日,明日と気温が非常に高くなるようですから,これで一気に開花が進むことでしょう.

Springhome_mar2018_0031m

毎年,このブログでこの花の開花を報告しているのですが,昨年2017年の記事は3月18日.非常に色気のある花の写真を掲載することができました.一昨年2016年の記事は3月12日.今年とほとんど同時期です.

Springhome_mar2018_0047m

この花の写真を撮るのは意外と難しいのです.なぜかというと,直射日光が当たっていると,花弁の部分,とくにほころび始めの光沢のある部分の輝度が非常に高くなるので,シロ飛びしないように露出を抑えると,他の部分の露出が不足するだけではなく,花弁の細かいテクスチャが失われてしまうからです.これを避けるには,晴天の日よりは薄曇りくらいの条件のほうが,全体に光が回ってバランスの良い露出と花弁の微細なテクスチャが得られます.

| | | コメント (0) | トラックバック (2)

クリスマスローズが満開

Springhome_mar2018_0016m

我が家の庭では,フキがにょきにょきと薹(とう)を伸ばしている傍らで,こぼれ種から増えたクリスマスローズが満開期を迎えています.立派な花なのですが,地面すれすれで下向きに咲くので,写真を撮ろうと思ってもなかなかうまくいきません.この仲間にはたくさんの品種があり,同定するのは難しいのですが,我が家にあるのはレンテンローズと・・・白から緑色の花の品種は何でしょうね?

Springhome_mar2018_0042m

Springhome_mar2018_0018m

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/12

ようやくウメが満開

今シーズンの冬は12月から1月にかけて寒かったために,ウメの開花がだいぶ遅れましたが,ここへきて平年よりも暖かい日が多くなり,一気に追いついて来ました.この調子でいくと,ソメイヨシノの開花も例年とさほど変わらなくなるのではないでしょうか?

Hoyodai_mar2018_0007m

団地の中の公園ではそのウメがちょうど見ごろになっています.白梅あり,紅梅あり,その中間のピンクの梅もありで,なかなか楽しめます.

Hoyodai_mar2018_0013m

また,庭木として植えられているミツマタも満開期を迎えています.

Hoyodai_mar2018_0026m

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »