« トサミズキの花にへばりつく虫 | トップページ | コブシが開花 »

2018/03/13

春燭光

冬から春にかけて,自宅の庭では何種類かのツバキの花が咲いていきます.これはその中でも最も大振りなのに上品さを失わない「春燭光」という品種.八重咲きで,このような花弁の重なり具合を抱え咲きというらしいです.ピンクのグラデーションがとても上品.もう20年以上も我が家の冬を彩ってくれています.現在では春燭紅とも言われているようです.あまり紅という印象はないのですが.

Springhome_mar2018_0010m

直射日光をまともに浴びていて,あとちょっとでシロ飛びしてしまうところ.自動露光でぎりぎりセーフになっていますが,明るすぎて彩度が低下気味.もう少し露出を控えて,花弁のテクスチャがわかるようにすべきでした.

|

« トサミズキの花にへばりつく虫 | トップページ | コブシが開花 »

自然」カテゴリの記事

カメラ・写真」カテゴリの記事

四季折々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春燭光:

» 年末の庭の片隅で その2 [望湖庵日記 Lakeside Diary]
今年は庭に植えているツバキの一品種,侘助(わびすけ)の花の付きがたいそう良く,12月に入らないうちから白い花をつけ始めました.まだまだ花芽は十分にあるので,これからも目を楽しませてくれると思います.さらにこの花はヒヨドリにとってのレストラン.毎日ヒヨドリがやってきては花の蜜を吸い,花を根元から切り落としてしまいますが,... [続きを読む]

受信: 2018/12/26 15:48

« トサミズキの花にへばりつく虫 | トップページ | コブシが開花 »