« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018/12/26

年末の庭の片隅で その2

今年は庭に植えているツバキの一品種,侘助(わびすけ)の花の付きがたいそう良く,12月に入らないうちから白い花をつけ始めました.まだまだ花芽は十分にあるので,これからも目を楽しませてくれると思います.さらにこの花はヒヨドリにとってのレストラン.毎日ヒヨドリがやってきては花の蜜を吸い,花を根元から切り落としてしまいますが,まあこれはやむを得ません.

Winterhome_dec2018_0023m

一方,同じツバキの仲間でも春燭光はようやく咲き始めた感じです.この花は今年3月にこのブログで紹介したのですが,一見サザンカのように見えるツバキの一品種です.

Winterhome_dec2018_0036m

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/18

年末の庭の片隅で

一昨日から昨日の午前中までは氷雨が降るような寒いお天気だったのですが,昨日午後からは日差しが戻り,今日は関東の冬らしい快晴に恵まれました.気温も上がり,ちょっとした小春日和だったと思います.

Winterhome_dec2018_0010m

我が家の庭は先週植木屋さんが入って年に一度の剪定が終わり,夏の間にジャングルと化した庭も,大変すっきりとして年末を迎えようとしています.そんな中で鮮やかな色で目立っているのがナンテンです.植えたわけでもないのに,鳥の糞から発芽したのか,庭のあちこちで赤い実が目立つようになってきました.

もうかなり鳥に食べられて実が少なくなってきたのですが,ぎりぎり年末までは残っているのではないかと思います.

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/17

けっこう古い石仏

みぞれでも降るのではないかと思えるほど寒くどんよりした空の下,運動不足解消のために散歩に出かけました.最近は自宅周辺の歩いたことのない地域を重点的に開発しているのですが,昨日も今まで一度も足を踏み入れたことのない地域を歩いてみました.

Winteraroundhome_dec2018_0006m

かなり昔に開発されたと思しき住宅団地の中を歩いていると,ふと大きな伽藍が見えるではありませんか.山門らしきものもあります.あれ?こんなところにお寺があったのかな?と思って行ってみると,これが結構古い曹洞宗のお寺で,山門の両側には立派な阿吽仁王像がこちらを睨んでいます.

Winteraroundhome_dec2018_0010m

私が目を留めたのは,山門入り口の傍らにある小さな石像.一見このあたりに典型的な観音像に見えますが,よく見ると男性の仏像のようです.碑文を読んでみると「寛文十二壬子(みずのえね)十月吉日上町念佛施主」とありますから,寛文十二年,壬子の年,1672年の奉納であることがわかります.右側の碑文に「新建立大日??」とあるので,何かの建物を新たに建てたときに奉納されたものでしょう.

さて,1672年は徳川家綱の時代.江戸時代の前期と言っても良いと思います.延宝の前なので,私が結構古いと思って紹介したこの観音像よりもさらに古いことになります.今から350年ほども前に作られたものなのですが,状態は非常に良く,風化や地衣類の張り付きもないのですが,現状野ざらしなので,何らかの覆いか囲いを作って差し上げてはどうかと思いました.

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/12

Refsort/Ruby v2.96 & Refsort on Excel v1.70

辞書参照型ソーティングフィルタの Refsort/Ruby(新しいほうから *1 *2 *3 *4 *5)の小改良版をリリースしました.同時に,この Refsort を Excel 上で使用するためのインターフェースである Refsort on Excel(こちらも新しいほうから *1 *2 *3)もわずかながら改良した版 v1.70 をリリースしました.ともに非常にマイナーなバグフィックスやコードの最適化,またメッセージ語句の修正程度なので,実質的にはほとんど何の変化もありませんが,この二つのソフトウェアを組み合わせて使う際の設定ミスのチェックは加えてありますので,できるだけこの新しい組み合わせをお使いください.

Pasted_result_v170

長大なリストの並べ替えを行っても数秒程度で処理は終了しますので,非常に快適に作業がはかどります.辞書ファイルの入れ替えやオプションの変更も,コントロールパネルの設定を GUI でいじるだけなので簡単です.辞書参照型ソーティングの新しい標準としてお使いいただければ幸いです.

例によって,このブログの右側のカラム “自作コンテンツ” の内容を更新するとともに, “Archive” の中の “Refsort/Ruby Archive” の内容も更新しておきますので,適当にダウンロードしてお使いください.

それでは,この新しいインターフェースが皆様の作業の生産性を大幅に向上させてくれることをお祈りします.

| | | コメント (0) | トラックバック (1)

2018/12/03

排石記 その2

本年4月23日に,このブログで報告した通り,腎臓結石を排出しました.私のこれまでの人生では痛みを伴う排石は7-8年間隔だったので,これで当分は痛いことはないと高を括っていたら,何と9月18日の夜から翌日未明にかけて,右わき腹が鋭く痛み始めました.くっそー,半年しか経ってないのに,また石が出てきやがった.

鎮痛薬のアセトアミノフェンを服用し,かかと落としなどをやってみます.薬が効いて痛みは軽くなり,肉眼でわかるような血尿は無くなりました.朝になって再びアセトアミノフェンを服用.日中から就寝時にかけても痛みは消え,血尿もありません.しかし石が膀胱に落ちてきたときに感じる膀胱出口の違和感は無いので,痛みや血尿は無いものの,石はまだ尿管のどこか(総腸骨動脈・総腸骨静脈との交差部あたり)に停留しているはずです.

痛み発生から3日後の9月21日の深夜,再び痛みで目が覚め,もだえ苦しみます.翌日9月22日の朝と晩に痛み止めを服用.9月23日には痛みは消えましたが,膀胱に落ちた感触はありません.

次に痛みがやって来たのはそれから10日以上経った10月3日の未明.この時も耐え切れずにアセトアミノフェンのお世話になり,痛みは10月7日まで断続的に続きました.

しかし,10月11日夜の血尿を例外として,それから何週間も痛みも血尿も無く,いったい石はどこに行ってしまったんだろう?と思える状態が続きました.この間,10月26日には定期健診を受けたので,わけを話してエコーで見てもらったのですが尿管は見えず.

ようやく11月10日になって,泌尿器科の定期診断でX線写真を撮ってみると,何とまあ,見事に尿管の途中に停留しているではありませんか!ウロカルンという排石を促す(かもしれない)薬と,座薬の鎮痛剤をもらってきました.

その10日後の11月20日の未明に久しぶりに痛みで目が覚めました.しかし,痛みの位置がだいぶ下がっています.膀胱まであと数センチ.この日は終日鈍痛に悩まされました.

それが収まってさらに10日ほど経った11月30日の未明.膀胱にかなり近いところ(尿管が膀胱壁を貫く狭窄部)が痛んで目が覚めました.例によってアセトアミノフェンを飲みましたが痛みがなかなか消えません.午前中は来客があり打ち合わせなどしていたので,痛みをこらえながらの会話です.ところが午後になった13時30分頃,痛みが急速に弱まり,待ちに待った膀胱出口の違和感が感じられるようになりました.とうとう石が膀胱に落ちたのです.あとは水分をたくさん取り,おしっこをたくさん出して石を押し流せば良いだけです.

Kidneystone_20181202_0003m

しかし石は4月の時のようにすんなりとは出て来ず,それから48時間以上たった12月2日の19時ころになってようやくおしっこと共に出てきました.回収にも成功し,計測してみると長辺 6 mm,短辺 4 mm ほどの回転楕円体に近い形です.色は赤黒く,4月の時の石とほぼ同じ.今週末に泌尿器科での診察の予約を入れているので,この石を持って行って見せようと思います.

Kidneystone_20181202_0007m

今回学んだことは,石が腎臓を出て排石まで2か月半もかかるという,こういう排石の仕方もあるのだということです.これまでは痛みの発生から排石までせいぜい4日ほどだったので,今回がいかに特異だったかがわかります.この間,苦痛が長引き気分も晴れず,大変つらかったのですが,これでようやく明るい気分で年末年始を迎えられます.石のほうも長旅でさぞ疲れたことでしょう.お疲れさまでした.

Kidneystone_20181202_0011m

それにしても,良かった,良かった.

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »