« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019/11/29

冬の夕暮れに惑星が大集合

このところぐずついて寒い日々が続いていたのですが,冬型の気圧配置となって今日はようやく冬晴れ.午前中は北風が強かったのですが,午後からは穏やかになりました.

夕方,西の空は冬晴れ特有のオレンジから紺色へのグラデーション.非常に美しいです.月齢 2.7 の細い月とともに,月の右下には明るく輝く金星,さらに右下に明るい星.ん?水星にしては高度が高すぎるし,明るすぎる,何なんだろうと思って調べてみると,なんと木星でした.星座はいて座.こんなところにいたのですね.

Stars_2019_0018m

実は月の左上には土星もいたのですが,トリミングしたので上の写真には写っていません.これで火星でも近くにあったら “惑星直列!” だったのですが.

| | | コメント (0)

2019/11/21

今年の秋は黄色

今日は風も収まって絶好の秋のお散歩日和.所要があったこともあって朝と午後の2回も近隣を歩き回りました.おかげで歩数は合計で 12,000 歩ほど,距離は 8.5km にもなりました.

Fallaroundhome_nov2019_0075m

当地では紅葉が終盤を迎えているのですが,今年は紅葉ではなくて黄葉のほうが目立ちます.夏の高温や10月の多雨,11月も気温が高めだったなど,いろいろな条件が重なっているのだと思いますが,美しい紅葉は少なく,むしろ黄葉が非常に目立ちます.

ただ,イチョウの黄葉と落葉は例年に比べると遅れています.毎年,11月20日頃から大量に落葉し始めるのですが,今年はまだ緑の葉をつけているイチョウが目立ちます.やはり秋の高温が影響しているのでしょうか?

当地に新しく作られた遊水池は2シーズン目の冬を迎え,今シーズンでは初めてコブハクチョウがやってきました.昨シーズンはこの遊水池にかなり長い間逗留していたのですが,今年はどうなるでしょう?先日も書いた通り,カモ類の数と種類が増えてきているので,大変楽しみにしています.

Fallaroundhome_nov2019_0056m

例年だと霜が降りる頃なのですが,今年はいつが初霜かな?

| | | コメント (0)

2019/11/19

カモが増えてオオタカが出た

昨日の強い南風に続いて未明から雨が降り出し,明け方まで続きましたが,朝10時ころから晴れ間が出て,日中は比較的穏やかなお天気となりました.

ほぼ1週間ぶりで近所を散歩.秋はますます深まり,キク科の植物があちこちで満開になるとともに,木々の紅葉と落葉はいっそう進みました.

Fallaroundhome_nov2019_0034m

我が家の近くに造成された遊水池は今年が2シーズン目.先週まではコガモカルガモだけだったのですが,今週になって多種類のカモが入るようになりました.今日確認したのは,マガモヨシガモ,カルガモ,ヒドリガモ,コガモ,オカヨシガモの6種.ヒドリガモとヨシガモが新たに入ったのは大変喜ばしいです.

Fallaroundhome_nov2019_0042m

ふと視線を上のほうに向けると,オオタカが木に留まっています.狩りを終え,地面に食べかけの獲物を残している様子.カモたちは全く騒がず,オオタカも時々地面に降りて食べ残しをつついているようでした.一見,非常に平和な遊水池の午後.食べられたのは何だったのでしょうか?

| | | コメント (0)

2019/11/08

こんなカラスウリがあった

先週あたりから天候が安定してきたので,ようやくお散歩の季節が到来したという感じです.まだまだ日向を歩くと汗ばむのですが,それでも日陰に入ると寒く感じるので,秋を味わうのであれば最高気温が15度を上回る今のうちです.

今日は6,000歩くらいのほぼ定例のコースを家人とともに歩いたのですが,遊水池でカモ類を眺め,サギ類カワセミジョウビタキに挨拶されながら,深まる秋を楽しんできました.今日は猛禽が出なかったのがちょっと残念.

Fallaroundhome_nov2019_0026m

途中,熟し方が異なるカラスウリが固まって成っている個所を発見.黄色くしなびているものあり,オレンジ色に熟しているものあり,まだ青みが残っているものありで,色の組み合わせが美しいと思いました.このブログの9月の記事で今年はカラスウリが不作だと書いたのですが,そこここに実っているカラスウリを見ると,心配したほどでもなさそうです.

| | | コメント (0)

2019/11/04

Refsort/Ruby v2.98 Released

辞書参照型ソーティングフィルタの Refsort/Ruby(新しいほうから *1 *2 *3 *4 *5)の改訂版をリリースしました.

今回の改訂内容は以下の通りです.

  1. 出力フィールドを指定するオプションの処理において,オプション指定に関わらず入力のコメントを辞書のコメントよりも先に出力していたバグを修正.
  2. パイプまたはリダイレクトによる標準入力への入力でエンコーディング指定が可能となるよう修正.キーボード入力では従来と変わらずエンコーディング指定はできません.
  3. Refsort on Excel を使用しインデント付きのラベルを出力する場合に,最低レベルのラベルからさらに一段インデントを深くして実質名を出力するようにした.
  4. 新しいオプション "--tabout" または "-T" を設けた.これは "--excelmode" または "-x" オプションを使ったときと同一の書式で出力を行う.出力結果を直ちに表計算ソフトで読み込むときに便利.
  5. ヘルプメッセージを小修正した.

今回は実質的な意味を持つ修正が複数含まれています.(1) は明白なバグの修正,(2) は使い勝手の改善です.さらに (3) で Refsort on Excel の出力書式をより見やすい形に修正するとともに,(4) でそれを Refsort on Excel を使用しない場合でもエミュレートできるようにしました.これは並べ替え結果を直ちに表計算ソフトで読み込む際の便宜をはかるためのものです.

今回はユーザーズガイドの改訂を見送っています.2020年1月末ころに,IOC List の最新版がリリースされる予定なので,それに合わせてユーザーズガイドも改訂版をリリースしたいと思っています.

ココログの改悪でブログサイトへファイルのアップロードができなくなってしまったので,前回の改訂からファイルのアーカイブを Microsoft One Drive に置いています.画面右側コラムの “Archive” の中の “Refsort/Ruby Archive” をクリックしていただくと,私の OneDrive 上に設けたライブラリが開きますので,そこから過去分も含めてファイルをダウンロードすることができます.お試しください.

Ruby 本体の最新版は v2.6.5 まで上がってきました.今年のクリスマスには新しい v2.7.0 がリリースされるはずですが,Refsort を使う分には Ruby の新旧はほとんど関係ありません.それでも順調に開発が進むことを祈っています.

| | | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »