« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020/03/30

ヤマザクラも咲いてきた

昨日は南岸低気圧に加えて季節外れの寒気で,当地でもみぞれ混じりの雪.積もるかと思われましたが,小降りになるにつれて溶けてしまいました.今日はお天気の回復が不十分で薄日が差す程度の曇り空.

Springaroundhome_mar2020_0057m

ちょっと散歩に出かけてみるとヤマザクラがかなり咲いてきました.地面に目をやると,先週は数が少なかったタンポポも農道を埋めるほどに数を増やし,いよいよ春本番という感じになってきました.

Springaroundhome_mar2020_0061m

| | | コメント (0)

2020/03/27

ツクシの小さな森

Shinchiushiku_mar2020_0023m

桜並木をそぞろ歩いているときに足元の土手の斜面を見ると,ツクシがニョキニョキと生えています.虫の視線ではきっとツクシの森に見えることでしょう.

以前はツクシを摘んでお浸しにして食べたものですが,原発事故以来やっていません.放射能値はどうなんでしょうね?

| | | コメント (0)

2020/03/26

タチツボスミレ

春を告げる代表的な花,スミレ類の中でも最も普通にみられるのがこのタチツボスミレ.林床などにひっそりと,あるいはかたまって群落として咲いている姿が目に付くようになってきました.

地面にへばりつくように咲いているので,どうしても人間の目の高さから見下ろす形になってしまうのですが,できれば屈んで視線を下げて同じ高さで見るようにすると,この植物の全体像がよくわかります.

Shinchiushiku_mar2020_0041m

上の写真は切り通しの斜面に咲いていた群落.ほぼ同じ高さから撮ることができたので,いい感じです.光線の具合,バックのコケの色も良いコントラストを添えています.

| | | コメント (0)

ソメイヨシノ開花

当地でもソメイヨシノが続々と咲き始めました.昨日田んぼ沿いに1kmほど続く桜並木を訪れたところ,全体として3分咲きといったところ.昨日は快晴が夕方まで続き,風も弱く,絶好のお花見日和でした.

Shinchiushiku_mar2020_0017m

大都市圏とは違って,このような美しい桜並木でも行き交う人はほとんどいません.そういえば,ジジババに連れて来られた小さな子供が目に付きました.もう学校は春休みなのですね.今日は気温が上がるのでさらに開花が進むでしょう.

Shinchiushiku_mar2020_0006m

桜並木の中に混ぜて植えられているオオシマザクラはまだほんの咲き始め,ヤマザクラはまだ蕾を閉じたままでした.ヤマザクラも大変美しい桜なので,楽しみにしています.

| | | コメント (0)

2020/03/18

ヒメオドリコソウの小さな林

Springaroundhome_mar2020_0044m

この季節,田んぼのあぜ道を歩くと,ヒメオドリコソウがニョキニョキと高い密度で立ち上がっているのを見ることがあります.まるでヒメオドリコソウのミニチュアの林のよう.ホトケノザはもうひと月以上前から咲いているのですが,ここへきてヒメオドリコソウが後を襲いそうになってきました.

| | | コメント (0)

2020/03/17

よいか,鵜之介

Springaroundhome_mar2020_0049m

・・・とでも親が子に諭しているようなカワウの親子(推測)です.秋から冬にかけて孵ったヒナが成長した当歳子なのでしょうか?また仮に親子だとして,親鳥らしいのは父親なのか母親なのかもよくわかりません.

当地では年末には小規模な塒(ねぐら)らしきものが見られたのですが,周辺で巣を見かけるところまではいきませんでした.あまり大きな塒ができてしまうと,糞が植物を枯らしてしまったりして人々に嫌われる原因になるのですが,今のところは数羽しか見かけません.

| | | コメント (0)

今年のコブシはしょぼかった

森の中でいち早く春を告げるコブシですが,年によって花の付きが良かったり悪かったりします.推測するに,蕾が形成される時期の冬の寒さが関係しているのではないかと思いますが,よくわかりません.

Springaroundhome_mar2020_0042m

そして今年のコブシですが,暖冬の影響を素直に受けて例年よりも早く咲き始め,すでに盛りを過ぎようとしています.しかし全体に花の付きが悪いのです.まず,花の数自体が少ない.これは初冬の気温の問題か,それとも厳冬期の気温か,何かが影響したのだろうと思います.また,花のサイズが例年よりもわずかながら小さいように見えます.ただし計測して比較したわけではありません.個人の感想です.

枯れ木ばかりの里山の中で春先に孤高の輝きを放ち,春を告げる花として私は大好きなのですが,今年はちょっと残念な結果に終わりそうです.

| | | コメント (0)

2020/03/14

早春の森の中歩き

昨日は気温が20度近くまで上がり,スギ花粉の大量飛散が予報されていたのですが,天気が下り坂になるというので,近隣の自然公園を散歩.

どういうわけかこの日は鳥影も鳴き声も少なく,鳥に関しては収穫が少なかったのですが,森の中を歩くと所々で春の兆しを見かけました.暖冬で春が早まると言われるのですが,それに合わせて早く出てくるものはむしろ少なく,例年通りの日程感でしか出てこないものが大半であるというのが昨日の感想です.タチツボスミレはまだほとんど咲いておらず,そのほかの植物もまだまだこれからという感じです.例外はコブシ.すでに開花の盛りを過ぎた株も多く,これだけは暖冬にきっちりと合わせています.

Ushikuforest_mar2020_0014m

森の中を歩いていると少し変わった樹皮のスギに遭遇.老練で孤独な武士を連想してしまいました.

Ushikuforest_mar2020_0015m

また切り株からコケ胞子嚢が立ち上がっている切り株があったり,春とはあまり関係ないところで面白いものに出会うことができました.

| | | コメント (0)

2020/03/12

トサミズキの花穂が伸びた

先週のこのブログでトサミズキの開花を紹介しましたが,それから6日ほど経ち,暖かい日が続いたので,花穂(かすい)は順調に伸びてきました.これからまだまだ伸びていくはずです.

Springhome_mar2020_0040m

今日は昨日ほど高温ではないのですが,それでも最高気温が16度くらいまで上がる予想で,日差しもたっぷりかつ強くて,花の成長には良さそうです.今日のような強い日差しがあると,画像はいとも簡単に白トビしてしまうので,だいたい -1 EV 程度の露出補正をかける必要がありますが,背景の明るさにも依るので,ある程度の試行 錯誤と経験が必要になります.

| | | コメント (0)

2020/03/08

我が家の春告げ花 フキノトウ

三番目の春告げ花は,やや紹介が遅きに失したフキノトウです.我が家の庭ではフキの芽は食べられる状態をはるかに過ぎてしまい,もう完全に薹(とう)が立った状態になっています.これは雄株.

Springhome_mar2020_0027m

庭のあちこちから薹を立ててくるので,春が進むと庭はフキの葉でいっぱいになってしまいます.フキノトウを食べる時期を逃しても,このフキの細めの茎を摘んであくを抜き,醤油と砂糖で煮詰めた伽羅蕗(キャラブキ)は,なかなか良い酒の肴になります.

| | | コメント (0)

2020/03/07

我が家の春告げ花 クリスマスローズ

春告げ花の二つ目.ようやくクリスマスローズが咲いてきました.我が家にはどこからかもらってきた株が増え,庭のあちこちで勝手に咲くようになりました.

Springhome_mar2020_0012m

この花の欠点は,地面近くで花が下向きに咲くこと.おかげで美しい花を十分に眺めることができません.しかしそのことがかえって,恥じらいがちで清楚な感じを与えるので,功罪半ばというところでしょうか.

非常に多くの品種があり,我が家の庭にも異なる品種が咲いていますが,本来クリスマスのころに咲くのは Helleborus niger で,これは日本では少ないはず.日本ではレイテンローズと呼ばれる別種の Helleborus orientalis がクリスマスローズと呼ばれており,ちょうど今頃咲いて私たちの目を楽しませてくれているのだそうです.

| | | コメント (0)

2020/03/06

我が家の春告げ花 トサミズキ

異常に暖かい冬と言われた冬が遠ざかりつつあり,本格的に気温が上がってきました.いよいよ春の到来です.我が家の庭にはいくつか春を告げる花があるのですが,まずは,ここ20年以上も春の到来を楽しませてくれるマンサク科のトサミズキからご紹介しましょう.

Springhome_mar2020_0007m

植えてから25年ほど経ち,株が太くなり蘖(ひこばえ)も増えてきたので,今年の初めに強剪定を行って枝の数を減らしました.そのせいで今年はだいぶ花の数が減ってしまったのですが,それでも例年通り春先になると薄黄色のきれいな花穂(かすい)を伸ばしてきました.この花穂はまだまだ長く伸びていきます.

これが咲くといよいよ春が来る,我が家ではそういう花です.仕事を引退して,平日の昼間にこのような写真を撮ることができてとてもうれしい.

| | | コメント (0)

2020/03/01

ウメの盛り

当地のあちこちでウメの花が盛りを迎えています.3月初日の今日はずいぶんと気温が上がり,17度近くまで行ったらしいのですが,今日訪れた梅林では,白梅が見事に咲き誇っていました.まだほかに花を付けている木が少ないので,しばらくはウメの独り舞台になるのでしょう.コブシの蕾はまだ固そうでしたし,林床のタチツボスミレもやっと小さな葉を出している状態でした.

Ushikuforest_mar2020_0010m

| | | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »