« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020/07/28

IOC List v10.2 の反復名

IOC List v10.2 がリリースされましたので,例によって反復名 tautonym を調べてみました. 昨年 v9.2 が出たときにも調べたのですが,その続編です.

生物分類学で反復名とは,属名と種小名が同一の綴りである種(つまりその属の模式種)の名前のことです.さらに基亜種も定義されていれば,それは種小名と同一なので,結局3つの同一のラテン語が並んでいる亜種名が存在することになります.

以下の表は,反復名の種と,亜種名まで含めて反復している亜種を網羅したリストです.今回の IOC LIst v10.2 では反復名は 95 種,うち亜種名まで反復しているものが 51 亜種あることがわかります.最もよく知られており,覚えやすいのはやはりカササギの Pica pica でしょうか?私はワシミミズクの Bubo bubo も鳴き声を連想させてとても良いと思います.

属名 種小名 亜種名 英名 和名
Casuarius casuarius   Southern Cassowary ヒクイドリ
Pipile pipile   Trinidad Piping Guan トリニダードナキシャクケイ
Mitu mitu   Alagoas Curassow チャバラホウカンチョウ
Pauxi pauxi Helmeted Curassow カブトホウカンチョウ
Falcipennis falcipennis   Siberian Grouse カマバネライチョウ
Lagopus lagopus Willow Ptarmigan カラフトライチョウ
Lerwa lerwa   Snow Partridge ユキシャコ
Francolinus francolinus Black Francolin ムナグロシャコ
Perdix perdix Grey Partridge ヨーロッパヤマウズラ
Coturnix coturnix Common Quail ヨーロッパウズラ
Gallus gallus Red Junglefowl セキショクヤケイ
Crossoptilon crossoptilon White Eared Pheasant シロミミキジ
Anser anser Greylag Goose ハイイロガン
Coscoroba coscoroba   Coscoroba Swan カモハクチョウ
Cygnus cygnus   Whooper Swan オオハクチョウ
Radjah radjah Raja Shelduck シロガシラツクシガモ
Tadorna tadorna   Common Shelduck ツクシガモ
Histrionicus histrionicus   Harlequin Duck シノリガモ
Apus apus Common Swift ヨーロッパアマツバメ
Coeligena coeligena Bronzy Inca ブロンズインカハチドリ
Ensifera ensifera   Sword-billed Hummingbird ヤリハシハチドリ
Pampa pampa   Wedge-tailed Sabrewing クサビオケンバネハチドリ
Tetrax tetrax   Little Bustard ヒメノガン
Guira guira   Guira Cuckoo アマゾンカッコウ
Crex crex   Corn Crake ウズラクイナ
Porzana porzana   Spotted Crake コモンクイナ
Porphyrio porphyrio   Western Swamphen セイケイ
Leucogeranus leucogeranus   Siberian Crane ソデグロヅル
Antigone antigone Sarus Crane オオヅル
Grus grus   Common Crane クロヅル
Poliocephalus poliocephalus   Hoary-headed Grebe シラガカイツブリ
Himantopus himantopus   Black-winged Stilt セイタカシギ
Vanellus vanellus   Northern Lapwing タゲリ
Jacana jacana Wattled Jacana ナンベイレンカク
Limosa limosa Black-tailed Godwit オグロシギ
Gallinago gallinago Common Snipe タシギ
Ichthyaetus ichthyaetus   Pallas's Gull オオズグロカモメ
Alle alle Little Auk ヒメウミスズメ
Puffinus puffinus   Manx Shearwater マンクスミズナギドリ
Ciconia ciconia White Stork シュバシコウ
Sula sula Red-footed Booby アカアシカツオドリ
Anhinga anhinga Anhinga アメリカヘビウ
Cochlearius cochlearius Boat-billed Heron ヒロハシサギ
Nycticorax nycticorax Black-crowned Night Heron ゴイサギ
Clanga clanga   Greater Spotted Eagle カラフトワシ
Milvus milvus Red Kite アカトビ
Buteo buteo Common Buzzard ヨーロッパノスリ
Bubo bubo Eurasian Eagle-Owl ワシミミズク
Colius colius White-backed Mousebird セジロネズミドリ
Todus todus   Jamaican Tody ジャマイカコビトドリ
Galbula galbula   Green-tailed Jacamar ミドリオキリハシ
Indicator indicator   Greater Honeyguide ノドグロミツオシエ
Pyrilia pyrilia   Saffron-headed Parrot アカメインコ
Mascarinus mascarinus   Mascarene Parrot マスカリンインコ
Suiriri suiriri Suiriri Flycatcher スイリリハエトリ
Tyrannus tyrannus   Eastern Kingbird オウサマタイランチョウ
Rupicola rupicola   Guianan Cock-of-the-rock イワドリ
Cotinga cotinga   Purple-breasted Cotinga ムネムラサキカザリドリ
Porphyrolaema porphyrolaema   Purple-throated Cotinga ハシブトカザリドリ
Manacus manacus White-bearded Manakin シロクロマイコドリ
Tchagra tchagra Southern Tchagra マユジロヤブモズ
Xenopirostris xenopirostris   Lafresnaye's Vanga クロアゴハシボソオオハシモズ
Oriolus oriolus   Eurasian Golden Oriole ニシコウライウグイス
Temnurus temnurus   Ratchet-tailed Treepie キリオオナガ
Pica pica Eurasian Magpie カササギ
Pyrrhocorax pyrrhocorax Red-billed Chough ベニハシガラス
Riparia riparia Sand Martin ショウドウツバメ
Incana incana   Socotra Warbler ソコトラムシクイ
Curruca curruca Lesser Whitethroat コノドジロムシクイ
Erythrogenys erythrogenys Rusty-cheeked Scimitar Babbler ホオアカマルハシ
Regulus regulus Goldcrest キクイタダキ
Troglodytes troglodytes Eurasian Wren ミソサザイ
Luscinia luscinia   Thrush Nightingale ヤブサヨナキドリ
Calliope calliope Siberian Rubythroat ノゴマ
Phoenicurus phoenicurus Common Redstart シロビタイジョウビタキ
Oenanthe oenanthe Northern Wheatear ハシグロヒタキ
Cinclus cinclus White-throated Dipper ムナジロカワガラス
Petronia petronia Rock Sparrow イワスズメ
Quelea quelea Red-billed Quelea コウヨウチョウ
Amandava amandava Red Avadavat ベニスズメ
Granatina granatina   Violet-eared Waxbill トキワスズメ
Coccothraustes coccothraustes Hawfinch シメ
Pyrrhula pyrrhula Eurasian Bullfinch ウソ
Chloris chloris European Greenfinch アオカワラヒワ
Carduelis carduelis European Goldfinch ゴシキヒワ
Serinus serinus   European Serin セリン
Spinus spinus   Eurasian Siskin マヒワ
Xanthocephalus xanthocephalus   Yellow-headed Blackbird キガシラムクドリモドキ
Icterus icterus Venezuelan Troupial ムクドリモドキ
Dives dives   Melodious Blackbird ウタムクドリモドキ
Curaeus curaeus Austral Blackbird ミナミムクドリモドキ
Cardinalis cardinalis Northern Cardinal ショウジョウコウカンチョウ
Cyanicterus cyanicterus   Blue-backed Tanager セアオフウキンチョウ
Melanodera melanodera White-bridled Finch ノドグロシトド
Diuca diuca Common Diuca Finch ジュウカチョウ

昨年8月に調べた v9.2 の反復名のリストと比較すると,ほとんど同じですね.日ごろ目にしている鳥の中にも結構反復種が含まれていることがわかって面白いです.

| | | コメント (0)

2020/07/27

IOC List v10.2 Released

IOC World Bird List v10.2が2020年7月25日にリリースされました.これは2020年2回目のリリースで,年内にはもうリリースはありません.前回 v10.1 のリリースが2020年1月25日だったので,ぴったり6か月の更新間隔となっています.前回のリリースを最後に編集長だった Frank GIll が引退を表明,新たな編集長 Pamela Rasmussen に交代しており,今回が彼女の最初の仕事となったと私は理解しています.

今回収録されたのはが 40,が 252,が 2,359,現生が 10,787,絶滅種が 158,亜種が 20,003 です.


今回は日本のバーダーにとって大きな変更はありませんが,属の大規模な異動と,多数の収録順位の変更がされていますので,リスト全体としては構造的と言える変化がありました.特に変化が多いものはハチドリの仲間クイナの仲間ヒヨドリの仲間ダルマエナガの仲間メジロの仲間新世界スズメ類 (Passerellidae) などがありますが,多すぎて書ききれません.今回は修正リストが非常に長いため,辞書ファイルの編集にはてこずりました.これらの変更の象徴的なものがリスト最後の種で,ここ数年はショウジョウコウカンチョウ科の Parkerthraustes humeralis, Yellow-shouldered Grosbeak, キガタイカルだったのですが,今回はフウキンチョウ科の Tangara velia, Opal-rumped Tanager, ムラサキフウキンチョウが末尾を飾る種となりました.掲載順位の変更によるものです.

今回,種の分割や英名の変更はさほど多くはなかったのですが,属の移動と順位の変更はかなりの数に上っていますので,例によって多少の混乱が引き起こされるのではないかと思います.ともあれ新編集長は大変意欲的に仕事をしたと言えるでしょう.著名な研究者であり,特にアジアの鳥類の専門家なので,リストのコメント欄には多くの彼女の名前の引用があります.今後の編集長としての活躍にも期待したいと思います.


IOC 本家の Master List(学名と英名を収録した Excel ファイル)を編集して,Refsort 用の辞書ファイル(拡張子が .ref のテキストファイル)を作りましたので,Microsoft One Drive 上に設けた “IOC List Archive„ にアップロードしました.

エンコーディングは UTF-8US-ASCII の2種類です.正版は UTF-8 版で US-ASCII 版は簡易版ですが,詳細についてはユーザーズガイドをご覧ください.


このオリジナル版の辞書ファイルに続いて,全ての掲載種に和名をつけた辞書ファイル 2 種と,IOC Master List の和名追加版(Excel ファイル)も同時にリリースしました.和名追加辞書についても,UTF-8 でエンコードしてあるものが正版ですが,Windows などでの使い勝手を考慮して Windows-31J でエンコードしたものも同時にアップしてあります.詳細についてはユーザーズガイドをご覧ください.

単に種名を調べるためだけであれば,和名追加版の Master List(Excel ファイル)が最も便利です.ただし長大なワークシートなので,目的の名前をスクロールして探すのは非効率です.検索メニューからジャンプするのが良いでしょう.


これらのファイルは前述のとおり,Microsoft One Drive 上に設けた IOC List 専用のフォルダからダウンロードできます.それには,このブログ右側のコラムの最上段の Archive の中の IOC List Archive をクリックしてください.そうすると One Drive のフォルダに入ることができますので,あとは適当に選んでダウンロードしてください.


I am pleased to announce that I have posted reference files for Refsort/Ruby compiled directly from the latest IOC World Bird List v10.2. It contains 10,787 extant species, 158 extinct species and 20,003 subspecies, respectively. Please try it out, and enjoy its capability and speed.

Note that the reference file "ioclist_v102u.ref" is encoded in UTF-8 in order to retain all European accents and umlauts with complete fidelity as they are in the IOC Master List. Therefore, your input file should be encoded in UTF-8 as well, and should contain a magic comment on the top of the file such as;

#!E -*- coding: UTF-8 -*-

For those who want to use Refsort/Ruby in universal ASCII environments, I have posted another reference file "ioclist_v102a.ref" encoded in pure US-ASCII. Note that characters with accents and umlauts have been simplified to their nearest neighbors. So please be careful in particular when you refer to authorities of species.

I have also posted two reference files "ioclist_v102ju.ref" and "ioclist_v102jw.ref" (encoded in UTF-8 and Windows-31J, respectively) which include Japanese names for all species. If you want to refer to Japanese names, please refer to those files. In order to sort a list properly using these reference files, you need to align the encoding of the input file to that of the reference file, and you should add a magic comment specifying the encoding of the input file in the first line of the file, such as UTF-8, US-ASCII or Windows-31J.

A master list in Excel format containing a column for Japanese names has been posted as well. This would be most convenient for quick reference.

You can download an appropriate file from my area of Microsoft One Drive by clicking "IOC List Archive".

| | | コメント (0)

2020/07/11

Refsort/Ruby v3.11 Released

先月下旬に改訂版をリリースしたばかりの Refsort/Ruby(新しいほうから *1 *2 *3 *4 *5)ですが,軽微なバグが見つかったため,本日修正版 v3.11 をリリースしました.

  1. 辞書ファイルの埋め込みラベルを解釈するとき,レベル表記の数値が2桁以上であると書式エラーと誤認識してしまうバグがありましたので,修正しました.

なんともお恥ずかしい単純なバグです.ただ埋め込みラベルの定義に2桁以上の数値を使っていなければ顕在化しないので,実用上はほとんど問題なかったと思います.

Refsort/Ruby とそれに関するソフトウェアのアーカイブを Microsoft One Drive に置いています.画面右側コラムの “Archive” の中の “Refsort/Ruby Archive” をクリックしていただくと,私の OneDrive 上に設けたライブラリが開きますので,そこから過去分も含めてファイルをダウンロードすることができます.Refsort 本体の “refsort.rb” は “refsort_v311.rb” というファイル名でアップロードされていますので,ダウンロード後に適宜 “refsort.rb” に変更するとよいでしょう.改行コードも CR/LF になっていますので,適宜変更してお使いください.Refsort on Excel の最新版や 日本鳥類目録 v7 に準拠した辞書ファイルもこのアーカイブに収録されています.

まもなく IOC World Bird List v10.2 がリリースされると思います.リリースされたらできるだけ早く和名を追加した版を作成し,これらに準拠したユーザーズガイドも作成してリリースしたいと思います.

| | | コメント (0)

2020/07/06

Excelでも分類順に並べ替え

先日,辞書参照型ソーティングフィルターの Refsort/Ruby v3.10 をリリースしたとお知らせしましたが,同時にリリースした Refsort on Excel v2.00 にわずかに修正を加えたものを v2.01 としてリリースしました.

これは Refsort/Ruby を Excel 上で気軽に使うためのインターフェースで,例えば Excel で作ったフィールドノートの記録を,その Excel 上で辞書の順序に並べ替えることができます.さらに必要であれば,辞書の各種ラベル,例えば科名属名などを付加したリストを作ることもできます.舞台裏では Refsort 本体が動いているので,辞書ファイルさえ準備すれば,どのような分野でも辞書順の並べ替えが可能となります.私は生物分類学以外に天文学などへの応用を想定してます.

Pasted_result_v201_800x640

Excel では,ユーザー設定リストを使うか,それでは間に合わない多種類のリストでは VLOOKUP 関数や新しい XLOOKUP 関数を使ってインデックスを引っ張り出し,その数値をもとに並べ替えを行うことが普通だと思いますが,辞書となるリストの管理やメンテナンスが厄介です.この点 Refsort/Ruby であれば,辞書ファイルは単なるテキストファイルなので,長大なリスト(例えば世界の鳥類を網羅した IOC List から作成した辞書ファイルには 3 万種以上の学名,英名,和名,その他情報が収録されています)でもメンテナンスは最小の手間で済みます.

すでに OneDrive 上のアーカイブに収納してありますので,自由にダウンロードしてお使いください.このブログの右側のコラム最上部の “Archive” の中の “Refsort/Ruby Archive” をクリックしてアーカイブに入り,“Refsort on Excel” というフォルダーを開くと最新版の Refsort on Excel とユーザーズガイド(一世代前の版)などが入っています.

まもなく IOC List v10.2 がリリースされるはずなので,それをもとに和名を追加した辞書ファイルを作りリリースする予定です.またこれら最新版を元にしてユーザーズガイドも改訂する予定です.

| | | コメント (0)

2020/07/05

ツノマタタケが育った

このブログで1週間前にお伝えした菌類ですが,その後何度か雨が降ってじめじめした天気が続き,その分育ったようです.下の写真が昨日の様子.だいぶ大きく,太く,しかも先端が鹿の角のように叉に分かれているのがわかると思います.これでツノマタタケというのは確実ではないかと思います.ただ,このキノコは雨のない日が続くと基部が白くなってしまうようです.これが同定を難しくしている一因ではないかと思います.

Summeraroundhome_jul2020_0066m

高温と多湿が続いているので,このような菌類がどんどん育っています.キノコならばまだよいのですが,カビは困りますね.我が家の靴箱の中がアオカビの培養棚になっていないか心配.

| | | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »