« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020/08/30

フライトシミュレーターマニア必見

ハドソン川の奇跡 [Blu-ray] - トム・ハンクス(出演),アーロン・エッカート(出演), クリント・イーストウッド(監督)

久々に映画のレビューです.ひところより観る本数は減ったものの,今でも年に50本程度は観ているのですが,ここでレビューしたくなるほどの作品にはなかなかお目にかかれないので,レビューの回数が極端に減っていました.

今回は最近の有名な実話を映画化したもので,CG 使ったアクション,映画のために購入した実機と,実際に救助に参加した人たちを動員したリアルな救出劇はあるものの,全体としては主人公の心理的葛藤を描いた密室劇に近い演出と言ってよいでしょう.ストーリーは爽快に終わり,かつエンドロールに素敵な仕掛けがしてあるのが見どころです.

真冬のニューヨーク.ラガーディア空港を離陸直後の旅客機エアバス A320-214カナダガンの群れに遭遇し,バードストライクによって両エンジンとも損傷・停止.ラガーディア空港に引き返そうとしますが,高度が低く,推力を失ったエンジンで滑空を続けていては着陸できないととっさに判断した機長は,ハドソン川への不時着水を試み,これが見事成功します.

一躍英雄になったものの,安全運輸委員会は,空港に引き返せたのに機長が誤った判断をして乗客と機体を危険に晒したと憶測し,コンピュータシミュレーションや,飛行シミュレーターでの着陸成功の結果を引っ提げてネチネチと攻めてきます.さあ,どうなる?

最近の実話なので主人公の風貌も実話の本人に近づけてあるようで,主演のトム・ハンクスが白髪のパイロットだったのには驚きました.映画前半は,事故直後にホテルに缶詰めにされた機長の心理的葛藤と過去の回顧が交互に繰り返されるのですが,この部分はあまり良くありません.ストーリーラインをもっとすっきりさせてほしかった.

後半は大人数を前にした公聴会ですが,ここが大変面白いこの映画のハイライトです.エアバス社のシミュレーターで何度も着陸を試みさせます.このシミュレーターは本物だと思いますが,最近のジェット旅客機のコックピット,フライトコントロールシステム,パイロット支援システムがどのようになっているのか,よくわかります.高度が下がりすぎると "Pull up" と妙に冷静な声で何度も警告が出るのが印象的でした.

最後はパイロットの直感が正しかったことが証明されて,めでたしとなるのですが,実話では安全運輸委員会が早々にパイロットの判断を支持していたそうです.これはパイロットや航空機に関わる人口が非常の多いアメリカならでは,現場のことを良く知っている人たちが調査に関わっていたということでしょう.実際35秒の遅延時間を入れたシミュレーターフライトが行われて,飛行場に引き返していたら墜落,それも下手をすると市街地に激突という結論を得ていたそうです.これは劇中でもそのまま再現されました.

エンドロールが大変素敵です.事故機は博物館に移送されたのですが,それを記念して当時のパイロット,客室乗務員,そして乗客たちが機体の前で同窓会パーティをやっている様子が音声付きで披露されます.ここが本当に素晴らしい.監督クリント・イーストウッドの粋な演出です.

この映画を見ていると,発売されたばかりの新版の Microsoft Flight Simulator が欲しくなってしまいました.20年ほど前の旧版では,セスナをよたよたと着陸させるだけで精一杯だったのですが.

| | | コメント (0)

2020/08/29

介護保険証が来ちゃった

つい数か月前まで,父親の介護保険の手続きや還付金の受け取りなどでバタバタしていたのですが,まったく不意打ちで私自身の介護保険被保険者証が送られてきました.これは満65歳になる人にはその前月に自動的に送られてくるので,当たり前ではあるのですが,心の準備ができていないのにいきなり被保険者証が来たので,びっくりしてしまいました.

Careinsurancecert

介護保険はこれまで長い間保険料を納めるばかりで,保険料は今後も払い続けるのですが,いよいよサービスを受ける側に回るのかと思うと,考えさせられるものがあります.実際に要介護や要支援の状態になり介護サービスを受けるのはだいぶ先だろうと思うのですが,毎朝毎夕近所を走り回っている介護サービス事業者の車を見る目が,今後は変わるのかもしれません.

| | | コメント (0)

2020/08/23

3週間ぶりの待望の雨

今年の梅雨は長雨で,あらゆるものが湿気って鬱陶しかったのですが,8月に入ってようやく梅雨が明けてからは好天が続き,気温も高い日が続いて今度はカラカラになってしまいました.しかも各地で雷雨のニュースを聞くわりには,当地にはそのような積乱雲はやって来ず,暑く埃っぽい日々に閉口していました.

今日で梅雨明けから3週間以上経っているのですが,ようやく待望の雨が,それもかなりたっぷりと降りました.本州南海上で発達した熱帯擾乱という低気圧のおかげです.天気予報で予想されてはいたのですが,雨雲レーダーで見ている限りは雨雲はシングルセルが主体で非常に局所的なので,うまく当たるかどうかわからなかったのです.時間雨量 30 mm 程度の雨が30分以上続いたので,これでしばらく大地は潤うことでしょう.

Summerhome_aug2020_0003m

雨が空振りだったら庭の木々に水やりをせざるを得なくなると思っていたのですが,これで水やりは免れました.また,昨日から茨城沖から北東気流が入って猛暑は収まったので,ようやく雑用のために体を動かす気になってきました.

| | | コメント (0)

2020/08/16

Android 端末を初期化

自分の忘備録としてメモ.

ここ一月ほど,スマホが不調で悩んでいました.どういう不調かというと,Google Play Store でアプリの更新を促す表示が出るので更新を実行すると,端末のストレージ容量が不足しているので更新できないとメッセージが返ってくるのです.

実際にはストレージには十分な余裕があるので,Google Play アプリ の不具合かなと思い検索してみると,Google Play のキャッシュとストレージをクリアすると解消する場合がある,というアドバイスを見つけたので,試してみると実際うまく行きます.

しかし次にアプリを更新しようとすると,再びキャッシュとストレージをクリアしなければ更新できません.アプリの更新は毎日降ってくるので,その都度キャッシュとストレージのクリアをするのでは面倒でたまりません.しかも今日になって,キャッシュとストレージをクリアしても,容量不足と言われて更新できない状況にまで悪化してしまいました.

こういう場合の最終手段は端末の初期化です.私はそれほどたくさんのアプリをインストールしているわけではないので,やろうと思えばやれるのですが,それでもクレジットカードや銀行系のアプリは再インストール時の手続きが非常に面倒.だいぶ躊躇したのですが,待っていても状況は良くはならないので,思い切ってやってみました.

初期化すると,まずは携帯電話の根本であるキャリアの APN を設定するところから始めなければならないので,それなりに大変です.電話帳はさすがにバックアップを取っておいたのですんなりと復元.案の定,銀行系のアプリは認証されるまでに電話応答のやり取りを経なければならないので,手間がかかりました.全体では2時間ほどで初期化と復元作業が終了です.

ストレージの占有率は若干少なくなり,アプリはもちろんガンガン更新できて気持ちの良いことこの上ありません.これで当分はメンテしなくてよいだろうと期待しています.

| | | コメント (0)

2020/08/11

オガサワラカワラヒワが種に昇格

日本に広く分布するカワラヒワ Chloris sinica のうち,小笠原諸島に生息する亜種オガサワラカワラヒワ Chloris sinica kittlitzi が IOC によって種に昇格されそうです.IOC World BIrd List 8月8日の作業日誌で,提案されたことが報告されています.IOC List の次回の改訂(2021年1月)で正式に決まることでしょう.英名は当然というべきか Bonin Greenfinch です.

この亜種は極めて限られた地域,絶海の孤島群に生息する小型陸鳥なので,ひとたびコトが起こると簡単に絶滅しかねません.(ただし海洋上をどの程度の距離連続で飛翔できるかはわかりませんので,ひょっとすると他の島域との行き来があるかもしれません.)環境省レッドリストで絶滅危惧IA類に分類されており,今後も厳重な注意が必要です.日本鳥学会の次回の改訂(2022年)で種に格上げされるのか,どういう扱いになるのか要注目です.

日本鳥学会では亜種扱いだが IOC List では種に昇格されたものは他にもあって,例えば伊豆諸島南部に生息するオーストンヤマガラ Sittiparus owstoni や,西表島に生息するオリイヤマガラ S. olivaceus などがあります.これらは地域固有亜種の昇格でわかりやすいのですが,広大な地域に広がる複数の個体群をいくつかの種に分割するようなことも行われており,代表的なものはアマサギです.

日本鳥学会ではアマサギは Bubulcus ibis であり,その亜種 B. i. coromandus が日本で見られる亜種アマサギなのですが,IOC はこの亜種を種に昇格させて B. coromandus, Eastern Cattle Egret としています.さらにこの亜種が出て行った残りの B. ibis の英名を Cattle Egret から Western Cattle Egret に変更しています.この場合,和名を再定義するのかしないのか,再定義するとすればどうするのか,大変厄介な問題が発生します.

同じような状況はヒシクイの亜種でも起こっており,広い大陸とその周辺で,複数の個体群をどのように種や亜種に切り分けるのか,意見が分かれやすいところです.しかし最近では遺伝子解析の差異で判定される率が増えている傾向にあります.分子系統学が幅を利かせる時代になってきました.

| | | コメント (1)

2020/08/08

Refsort/Ruby v3.20 Released

このところ頻度高く改訂を続けていた Refsort/Ruby(新しいほうから *1 *2 *3 *4 *5)ですが,今回のリリースを以て改訂はしばらくお休みさせていただくつもりです.

今回の改訂版 v3.20 の変更点は以下の通りです.

  1. 辞書ファイルを参照して入力レコードを解釈し,出力フィールドの編集までは行うものの,編集後の内容を並べ替えずに出力する新しいオプション --dryrun / -F を導入しました.
  2. 出力を指定する -o オプションに,入力ファイルの行番号,照合された辞書ファイルの行番号を追記する引数 "il" と "rl" を加えました.
  3. いくつかのエラーメッセージの書式や文言を小修正しました.

変更点のうち 1 と 2 は通常の用途では必要のない機能だと思われますが,出力を後続の並べ替えのために再利用したい,あるいは既存の辞書ファイルを元にして新しい辞書ファイルを作るときに役に立つ機能です.ここ数回の改訂では,並べ替え出力を次の並べ替えの入力として再利用しやすいような工夫を重ねてきましたが,今回もその一環と考えていただければ結構です.

現在,思い付いたアイデアで簡単に実装できるものはやり尽くしたと思いますので,これで改訂はしばらくお休みさせていただきたいと思います.

またこの改定に合わせて,Excel とのインターフェースである Refsort on Excel も v2.10 に改訂しました.コントロールパネルに上記改定内容のうち 1 の機能を指示するチェックボックスを設けたのが見かけ上の差異ですが,もちろん内部の VBA のコードは修正されています.

Pasted_result_v210_840x640

Refsort/Ruby とそれに関するソフトウェアのアーカイブを Microsoft One Drive に置いています.画面右側コラムの "Archive" の中の "Refsort/Ruby Archive" をクリックしていただくと,私の OneDrive 上に設けたライブラリが開きますので,そこから過去分も含めてファイルをダウンロードすることができます.Refsort 本体の "refsort.rb" は "refsort_v320.rb" というファイル名でアップロードされていますので,ダウンロード後に適宜 "refsort.rb" に変更するとよいでしょう.改行コードも CR/LF になっていますので,適宜変更してお使いください.Refsort on Excel v2.10 や 日本鳥類目録 v7 に準拠した辞書ファイルもこのアーカイブに収録されています.

| | | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »