« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月

2021/06/30

2021年6月,今月のトリ

今月も早や月末.トリを何にしようかと悩んだのですが,月初に見られて現在の状況が確認できていないカルガモの親子にしたいと思います.

Earlysummeraroundhome_jun2021_0115m

昨シーズンは2組,今シーズンもすでに2組の繁殖を確認しているのですが,昨シーズンとは異なり,いずれの組もヒナが十分に育った姿を確認できていません.最初に見たのはヒナが6羽,次に見たのはヒナが13羽の親子でしたが,いずれも現状を未確認です.

カルガモの繁殖はありふれた光景なので,いちいち気にし出すときりがないのですが,自然度が高い環境ではイタチなどの捕食者が多くヒナは昼夜狙われているので,都市環境よりも生存率は低いかもしれません.

冬季に調整池に多くいたカルガモは,田植えが始まって以降周辺の水田に分散しており,調整池ではわずかな羽数しか見ることができませんが,ヨシの茂みの中には子育て中の親子が残っているはずです.周辺の住宅の敷地にヒナが入り込む事例も聞いているので,ある程度の繁殖率は保たれているのではないかと思います.

| | | コメント (0)

2021/06/29

雨の合間に散歩

このところ梅雨にしては暑い日が続き,散歩をさぼり気味だったのですが,今日は朝から涼しい風が吹き,夜来の雨も上がったので散歩に出かけました.

とは言うものの,調整池の周囲にはガマヒメガマヨシオギオオブタクサなどの背が高い草がびっしりと生えて,水面を覗き見ることができなくなってしまいました.しかもようやく視界が開けたところを見つけて覗いてみても,カイツブリカルガモがパラパラといるだけです.ヨシの群落の中ではまだオオヨシキリがさえずっていました.

Earlysummeraroundhome_jun2021_0169m

調整池を離れて田んぼの際を歩いていると,ヘクソカズラが花を付けているのを発見.万葉集の時代からこの憐れな名前で呼ばれていたそうですが,もうちょっと良い名前に改名してもよいのでは?と思います.

Earlysummeraroundhome_jun2021_0181m

それにしても,もうそういう季節になったのですね.夏至も過ぎたのでした.そう言えばネズミモチにもびっしりと花が咲いていました.

| | | コメント (0)

2021/06/17

久しぶりのヒクイナ

冬から春先にかけて,毎日の散歩コースでちょくちょく見かけていたヒクイナ.春になってから滅多に声を聞くことができなかったので,ひょっとして他の場所に移動してしまったのかと心配していたのですが,昨日偶然に生息を確認できました.それも2羽同時に.これは初めてのことで,繁殖が期待できそうです.

Earlysummeraroundhome_jun2021_0131m

草の陰になってなかなか全身が見えづらいのですが,胸から腹にかけての赤茶色,赤い脚,大きな趾(あしゆび)などがわかります.

これら2羽は,人間が近くにやって来たのに気がついて,慌ててヨシの藪の中に駆け込んで隠れてしまいましたが,日中でも周りに外敵がいなければこうやって出てくるということなのでしょう.

| | | コメント (0)

2021/06/16

イタチがモグラを狩る

このところ高温の日が続き,散歩はお休みしていたのですが,昨日はなんとか歩けそうな気温だったので,夕方曇りがちの時間にいつものコースに出かけました.鳥は少なめで,オオヨシキリのさえずり,カイツブリのヒナ,ハシブトガラスの巣立ちビナ,モズなど.

ところが,きれいに草刈りされた休耕田でタヌキでも出てこないかと見ていると,イタチが出てきたのを家人が見つけました.大きさからいっておそらくオスです.しかもある所でじっと動きを止め,地面に顔を突っ込むような仕草.しばらくすると,大きな獲物を抱えて飛び跳ねて藪の中へ去っていきました.ネズミでも捕まえたか?

Earlysummeraroundhome_jun2021_0106m

写真を確認してみると,獲物はネズミではなくモグラアズマモグラかな?こんな大きな相手も獲るのですね.さすがはイタチです.水鳥のヒナもこうやって狩られているのではないかと想像しますが,まあ自然の通常の営みなので見守るしかありません.カイツブリのヒナは先週に比べて1羽減っていました.

| | | コメント (0)

2021/06/12

RoE はこんな感じ

一昨日の記事で Refsort/Ruby の新作を出したことを紹介しましたが, Refsort on Excel についてはほとんど言及しなかったので補足です. Refsort/Ruby v3.60 の改訂に合わせて, RoE (Refsort on Excel) も改訂版の v2.30 をリリースしました.

下の画像がコントロールパネルを出したところ.上部 Sorting options の右下端に,新設のオプション "did you mean?" のチェックボックスを追加しました.これをチェックしておくと,入力のキーフィールドが辞書ファイル中に見つからなかった場合,よく似た単語を辞書ファイルの中から探し出して「ひょっとしてこれかな?」と提示してくれるようになります.ただし実行速度はそれなりに遅くなります.

Just_after_sorting_v230_640x720

また,この版からミニコンソールのフォントを等幅フォントに変更し,出力がそれなりに整って見えるようにしました.しかしフォントのポイント数は小さいため,ノート PC では非常に見にくいかもしれません.

ともあれ,日常のちょっとしたリストの整理にはこの RoE が便利ですので,ぜひ使ってみてください.

| | | コメント (0)

2021/06/10

エディタをアップグレード

Windows 95 の時代から使ってきた WZ Editor を最新の v10 にアップグレードしました. WZ Editor は,もともとは MS-DOS 時代に人気を博した VZ Editor の使い勝手を Windows でも再現するために,ネーミングを含めて後継のソフトウェアとして開発されたものです.しかし,その後は低迷状態が続き,いまではユーザーの数もすっかり少なくなってしまったと思います.私はバージョン番号は飛び飛びながらも使い続けており,とうとう v10 まで来てしまったというわけです.

私がこのエディタを使い続けるのはブログの原稿を書くためです.ブログの原稿は HTML で書くのが基本なのですが,文字装飾やリンク,さらには定型の HTML タグを埋め込む必要があり,それをキーボードから手を放さずに次々に操作できる,という使い勝手の良さでは, WZ の右に出るものはおそらくないだろうと思います.例えば URL のリンクを埋め込むには,リンクされる単語の左端で "href" とタイプすると,私があらかじめ設定しておいたスニペットの文字列

<a href="" target="_blank" rel="noopener">

が即座に挿入され,カーソルが href="" の 2 重引用符の中に移動します.そこでクリップボードにコピーしておいた URL をペーストします.それからリンクされる単語の右端にカーソルを移動して Ctrl-return とタイプすると,そこに自動的に</a>が挿入されるのです.この利便性は何物にも代えがたいのでいまだにこのエディターを手放せずにいます.

しかし,インストールした直後の初期設定はかなり凶悪で,私のようにブログの原稿を書くものにとっては全く相容れません.何しろ HTML タグを書くなり非表示にしてしまうのです.設定のダイアログの体系もかなり独特で,手作り感があるのはいいのですが,洗練されているとは言い難いです.

さらに, Windows 10 の新しい IME との相性が悪く,上記のスニペットの挿入が動作しません.仕方がないので, Windows の設定で従来の IME を使用するようにしています.これは WZ v9 から続いている不具合ですが,改善の兆しがありません.

ま,それでも上記の利便性のためにこのエディターを使い続けています.ブログをいつまで書き続けるのかわかりませんが,少なくともあと数年は続けようと思っています.このエディターとともに.

| | | コメント (1)

Refsort/Ruby v3.60 released

辞書参照型ソーティング・フィルタ Refsort/Ruby (新しいほうから *1 *2 *3 *4 *5)の改訂版 v3.60 をリリースしました.今回の改訂の目玉は,新オプション "didyoumean" を実装したことです.入力の実質名が辞書ファイル中に見つからなかった場合,従来はただ

"入力実質名" not found in 辞書ファイル名

と警告メッセージを表示していただけだったのですが,このオプション --didyoumean または -y を指定すると,上の警告文に引き続いて,

Did you mean? "辞書ファイル中の類似名"

と辞書ファイルの中から入力の実質名と類似度の高いエントリーを探して表示するものです.ただし辞書ファイルの中をくまなく探索するので実行速度が低下します.

この文字列の間の類似度は,編集距離の一種 Levenshtein 距離の発展形である Damerau-Levenshtein 距離を用いて評価しています.この距離を求めるアルゴリズムはあまり効率が良くないため,比較する文字列が長ければ長いほど,そして辞書ファイルのレコード数が多ければ多いほど加速度的に時間がかかるようになります.日本鳥類目録程度だとほとんど気になりませんが,IOC List の辞書ファイルでは体感できるほど実行速度が落ちます.そのために少なくとも先頭の 1 文字が一致するものに限定して探索するようにしました.これは,どんなにタイプミスや思い違いをしたとしても,最初の 1 文字くらいは正しく入力できているだろうと期待するからです.

Refsort_v360_demo

実行速度は落ちるもののこの探索の威力は大きく,ちょっとしたタイプミスや思い違い程度の誤りに対しては,ほとんど漏らさずに正解候補を提示できます.上のコンソール画面の例を見ると,たくさんの誤った入力に対して,ひょっとしてこれのことかな?と正解候補を提示できていることがわかります.ただし最初の 1 文字が一致しないものは探索候補としませんので,ミヤマセキレイなどに対する正解候補はないということになります.

「ノリス」に対して「ノスリ」を提示できているのは我ながらエライ.こういう文字の入れ替え間違いは日本語でも欧文でもありがちなので,わざわざ Damerau-Levenshtein 距離を持ってきたのです.しかし類似度の閾値を緩くしすぎると多くの無意味な候補が引っかかるので閾値のとり方は難しく,現状はまだ暫定値だと思ってください.

このオプションの新設以外にも,潜在的なバグの芽を摘み取り,スクリプトをより簡潔なものに最適化しています.

この改訂に伴い,Excel とのインターフェースである Refsort on Excelについても新しい v2.30 をリリースしました.新設のオプション "didyoumean" を指定するためのチェックボックスをコントロールパネルに設けました.

Refsort/Ruby とそれに関するコンテンツのアーカイブを Microsoft One Drive に置いています.画面右側コラムの “Archive” の中の “Refsort/Ruby Archive” をクリックしていただくと,私の OneDrive 上に設けたライブラリが開きますので,そこから過去分も含めてファイルをダウンロードすることができます.Refsort 本体の “refsort.rb” は “refsort_v360.rb” というファイル名でアップロードされていますので,ダウンロード後に適宜 “refsort.rb” に変更するとよいでしょう.改行コードも CR/LF になっていますので,適宜変更してお使いください.

Refsort on Excel v2.30 や 日本鳥類目録 v7 に準拠した辞書ファイル,IOC List v11.1 に準拠した辞書ファイル,最新版に準拠したユーザーズガイドやプレゼンテーション用のスライドもこのアーカイブに収録されていますので,どうかご利用ください.

| | | コメント (0)

2021/06/08

タチアオイ繚乱

散歩コースにある道端の花壇.世話をしている人が熱心かつ優秀なのだと思いますが,季節ごとに美しい花を楽しむことができます.今の旬は何といってもタチアオイ.梅雨の期間中咲いているような花です.

Earlysummeraroundhome_jun2021_0084m

背丈は 3 m ほどにもなり,花自体も大柄です.花の色にも多様性があり,群生させたときのデザインも楽しむことができます.

花は下から順に咲いていくのかと思っていたら,そうでもありませんね.

| | | コメント (0)

2021/06/06

カルガモ親子が隠れ家へ急ぐ

散歩のときに見かけた光景.ヒナ 6 羽を連れたカルガモの母親が,調整池の片方の岸のヨシ藪から,もう片方の岸のヨシ藪に急いでいました.ヨシの藪の中に入ってしまえば,外敵からヒナたち守ることができるので,お母さんがリードしながらヒナたちも懸命に泳いでいます.

Earlysummeraroundhome_jun2021_0074m

岸辺にはイタチタヌキアライグマ,ネコなどが出没し,また大型のサギや,場合によってはカラスなど,ヒナを狙っている者たちがたくさんいるので,子育て中は気を抜けません.このヒナたちも数日前の 8 羽から 6 羽に減っています.

それでも昨シーズンは複数組の家族がこの調整池で子育てに成功しましたので,今年も何とか成功してほしいと思います.尤も,生存確率が高すぎても数が増えすぎて困るので,難しいところではあります.

| | | コメント (0)

2021/06/04

やっと穂先で鳴いてくれた

当地で COVID-19 ワクチンの接種予約が始まって 20 日ほど.私もようやく重い腰を上げて予約サイトを訪ねたのですが,自宅近くで登録されている医療機関が少ないうえに,そのどれもが予約できない状態となったままです.車で 30 分ほど走ったところの医療機関には空きがあるのですが,そんなところまで行くかよ!

てな具合のところへ,たまたま歩いて行ける開業医に一人分空きが出たので,すかさずいただきました.当地の予約サイトは 24 時間開いているのはいいのですが,時々刻々と予約可能な医療機関のリストが変わるので,おちおちパソコンの前から離れられませんでした.

Earlysummeraroundhome_jun2021_0038m

さて,昨日は日中の暑さを避けて夕方に散歩に出かけました.日が傾いてきてからのほうが生き物の動きも活発になるように思います.調整池の周辺で高い密度で縄張り争いをしているオオヨシキリですが,なかなかヨシのてっぺんに止まって鳴いてくれないので,写真が撮れなくて困っていました.しかし昨日は比較的近距離のヨシの穂先に止まって鳴いてくれて,ようやく写真を撮ることができました.

調整池ではカルガモカイツブリが子育て中です.例年,日ごとにヒナの数が減っていくのを見ているので,今年はなんとか無事に育ってほしいと思います.

| | | コメント (0)

2021/06/01

アマサギのカップル

先週末にサギのコロニーを訪ねた時の一枚.アマサギのカップルがご休憩中でした.オスと思しきほうの冠毛が立っていて,精悍な感じを与えています.このカップルはまだ抱卵もしていないようなので,ヒナが巣立つまでにまだだいぶ時間がかかるでしょう.

Heronsattsuchiura_may2021_0147m

アマサギはかつては Bubulcus ibis という学名で,英名は Cattle Egret でした.日本で見られるアマサギはその一亜種の B. i. coromandus とされていたのですが,IOC List ではこの亜種は種に格上げされ,学名が B. coromandus,英名が Eastern Cattle Egret と変更されています.さらにこの亜種が独立して出て行った後の残りの B. ibis の英名が Western Cattle Egret に変更されています.

それでは和名はどうなっているかというと,日本鳥学会の日本鳥類目録改訂第 7 版はまだこの変更を取り入れていないので,昔のアマサギのままです.次回,来年の改訂第 8 版で変更するとすれば,B. coromandus の和名はアマサギのままにして,B. ibis の和名をニシアマサギとすればよいと思います.

このような変更が必要な種がだいぶ増えてきており,種をどのように分割し,和名をどう再定義するのか,ややこしい状況になっています.ただし,これらは科学者の間の議論によって決まるということも忘れてはいけません.あくまでその時々の人間の都合であって,アマサギ自身は何ら関するところではありません.

| | | コメント (0)

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »