« 雨の合間に散歩 | トップページ | ムクドリのねぐら入り »

2021/08/21

ドローンで農薬散布

昨夜になって強い南風がようやくおさまり,夜半には北東からの微風に変わったのですが,朝には南からの微風に変化.太平洋高気圧が少し後退しているようです.

風が弱くなって好適な条件が得られたのか,出穂した稲への農薬散布が我が家の目の前で始まりました.ここ数年は農業用ドローンが使われる場面が増えてきたことは,先月この記事に書いた通りです.

Summeraroundhome_aug2021_0027m

今日飛んでいたのは,DJI 社の Agras MG-1S Advanced とおぼしき機体で,農薬散布用にアレンジされたマルチコプター.ウリは,機体からボコッと飛び出している円筒形の地形検知レーダーと障害物回避レーダーで,電線などに接触するリスクが低減されています.

ローター数は 8 個ですが,30 m 程離れたところから聞く限りは大した騒音ではありません.昔の有人ヘリコプターに比べればはるかに平和です.課題があるとすればペイロードと連続滞空時間.この機体の農薬ペイロードは 10 kg らしいのですが,今日見ていると 1 ha 弱程度の田んぼに散布するのに,2 回程度中断して農薬を補充またはバッテリーを交換していたようです.しかし一枚が小さな日本の圃場にはこのくらいがちょうどよいのかもしれません.

欧米の巨大な圃場では農業用ロボットの開発が盛んで,肥料や水分を作物の根元にピンポイントで射出するようなロボット,自動走行の除草ロボットなどが開発されています.日本の家族経営の零細な農業がこれからも持続していくためには,身の丈に合った安価な自動化・効率化が求められていると感じます.技能実習生という名の出稼ぎ労働者は,日本の低賃金に愛想をつかしていずれ来てくれなくなるので.

| |

« 雨の合間に散歩 | トップページ | ムクドリのねぐら入り »

四季折々」カテゴリの記事

工学・エンジニアリング」カテゴリの記事

農業」カテゴリの記事

コメント

なお,この時散布されていたのが農薬だとすると,出穂時期のカメムシ防除用の農薬で,ネオニコチノイド系であった可能性大です.このあたりでめっきり昆虫が減り生物相が貧弱になってきたのは,この系統の農薬が原因ではないかと疑っています.

欧州では大部分,特にフランスではすべてのネオニコチノイド系農薬が禁止されているのに,日本ではまったく規制されていません.高齢化する農家の負担軽減や,薬剤のメーカー,商社の利権保護のつもりなのでしょうか?

投稿: 俊(とし) | 2021/08/24 11:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の合間に散歩 | トップページ | ムクドリのねぐら入り »