« サギ類が婚姻色に | トップページ | コガモの春 »

2022/03/03

血塗られたひな祭り

今日は桃の節句(上巳)のひな祭り.本来は旧暦の 3 月 3 日なので,新暦ではだいたい 4 月上旬から中旬頃になります.ちなみに幕末の安政 7 年 3 月 3 日(1860 年 3 月 24 日)には桜田門外の変で,大老・井伊直弼が水戸浪士に襲われ亡くなっています.

一方,ひな祭りにも関わらずロシアはウクライナへの侵攻を続けており,兵力の圧倒的な差から,時間はかかっても首都陥落は免れないと推測されます.陥落・降伏後に傀儡政権が樹立され,ロシアの属国となるわけですが,その後ウクライナ側にゲリラ戦を戦える余力が残っていれば,また国際社会がレジスタンスを支援できれば(代理戦争という負の側面はありますが),ロシアにとって成功したとは言えなくなるでしょう.このときまでには経済制裁が十分効いているので,ロシア自身が疲弊した状態になっていることもポイントです.

Flagga67b3e3fd_1280

Pixabay より転載

このロシアの侵攻に対して国連は存在理由を問われるほど無力.欧州各国も対岸の火事を見物しているにすぎません.アメリカも動こうとはしません.これはコソボ紛争のときとは全く異なる様相です.ユーゴスラビアと異なり,ロシアが核兵器を持った軍事大国であることが主な理由でしょう.経済制裁はじわじわ効いてくるはずですが,その間に多数の人命が失われていくことは避けられません.

血塗られたひな祭りになってしまいました.私はとりあえず UNHCR に寄付を申し込みました.

| |

« サギ類が婚姻色に | トップページ | コガモの春 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サギ類が婚姻色に | トップページ | コガモの春 »