« 越冬するヒクイナ | トップページ | IOC List v14.1 Released »

2023/12/29

年末の収穫

昨日の日差しの無いうら寒かった日とはうって変わって,今日は朝から快晴.風もなくて穏やか.気温も高めに推移しています.今日は大掃除の合間に近所の森林公園を散歩.

冬になるとやってくるお客さんがルリビタキなのですが,居着いたという情報が流れるとすぐに近隣から超望遠レンズを持ったカメ爺カメ婆たちが集まってきて,大砲の砲列を敷いて陣取ってしまいます.そういうところに入っていくのは好きではないので,離れたところで探してみると,いました,いました.美しい瑠璃色の個体ですが,まだ比較的若い個体のようです.冬のヒタキ類は同じ個体が毎年同じ場所にやって来る傾向があるので,この個体は来年もやって来てほしいと思います.

Takasakiforest_dec2023_0017m

公園の敷地を出て鳥を探しながら川沿いを歩いていると,岸辺にニホンイタチのオスを発見.むこうも私たちに気づいたものの,すぐに逃げ隠れする場所がなくて困っている様子です.こういうのを二進(にっち)も三進(さっち)も行かないというのでしょう.

Takasakiforest_dec2023_0045m

ふさふさした茶色の毛が印象的.鼻が大きいのもイタチらしいです.日本にはシベリアイタチ(旧チョウセンイタチ)も侵入しているのですが,まだこのあたりでは見たことがありません.一方キョンはすでに千葉から県境を超えた当地での目撃情報があります.

私たちが移動すると,思い切ったのか水辺のブロック伝いに歩いたと思ったら,水に飛び込んで器用に泳いでいきました.いろいろなものを食べるのでしょうが,彼も生態系のメンバー.何とか冬を乗り切ってほしいと思います.

| |

« 越冬するヒクイナ | トップページ | IOC List v14.1 Released »

自然」カテゴリの記事

四季折々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 越冬するヒクイナ | トップページ | IOC List v14.1 Released »