パソコン・インターネット

2022/12/10

やっと買い場がやって来る

半導体業界が不況期に入っています.これはコロナ禍で在宅勤務需要が激増し,パソコンや Web カメラやプリンターなどが爆発的に売れた反動です.今年夏にはすでにメモリの在庫が積み上がり,プロセッサもだぶつき始めたのが今に続いています.いわゆるシリコンサイクルの谷が変則的に増幅されて現れたものと思えばよいのですが,今日はそれをうまく利用しましょうというお話で,株で儲けようという話ではありません.

3 年ほど前から暗号通貨のマイニングで金もうけをたくらむ輩が世界的に(特に中国で)増え,それに使うためのビデオカードの需要が激増.このためビデオカードの価格が爆謄して,それは今でもまだ収まっていません.これに加えて同時期にコロナ禍でプロセッサもメモリも高騰したので,ここ 2 年ほどは PC を更新しようにも出来ない状態が続いてイライラが募っていました.

そしてようやくの半導体不況です.メモリや SSD は秋頃から大幅な価格下落,プロセッサもじわじわと値を下げつつあります.ビデオカードはまだ下げ余地があり,年明けに NVIDIA の新しい 40 シリーズが本格出荷されれば,旧機種を中心に下落すると思われます.

ということで,年明け 2 月ころの調達を目標に PC の更新計画を立ててみました.プロセッサは第 13 世代 Core i7 の K なし.メモリは DDR5 の 32GB をすでに調達済みです.OS 収納用の SSD には現在使用中のものを流用.データ収納用としては HDD から 2TB 程度の SSD に乗り換えるつもりです.さらに自動バックアップ用に 2 台の 3.5 インチ HDD をミラーリングして記憶域を構成していたのですが,重量が増してケースを持ち上げるのに苦労したので,2.5 インチの HDD 2 台に換装しようと思います.これらも一気に SSD 化しようかと思ったのですが,価格を考えるとまだ HDD が有利と判断しました.

Cpuge430e3c13_1280

Photo from pixabay

最も頭を悩ませているのがマザーボードです.業界全体で価格水準が高止まりしており,こちらは下がる気配がありません.数年前に比べると 2-3 倍の価格になっているので,どの程度のグレードのもので妥協するのか思案中です.CPU の冷却は空冷を堅持.

K0001477455_0002

Photo from ASUS

そしてこれまで装着していなかったビデオカードを購入しようかと思っているのですが,目安としては Microsoft Flight Simulater が満足に動作することを目ざすので RTX 3060 Ti クラス以上.価格がどの程度まで下げるのかを見極めたいと思います.

全部合わせて何とか 20 万円台前半で収まらないか,価格調査を始めてみようと思います.

| | | コメント (0)

2022/12/07

Windows 11 にアップデート

Windows 11 がリリースされてもう一年以上が経っているのですが,これまで Windows 10 を使い続けてきました.その理由は Windows の最近のスタートメニューの代わりに Windows 7 で使い慣れてきたスタートメニューを再現する Open-Shell (旧称 Classic Shell) というソフトウェアを使い続けたかったからです.特にジャンプリストの使い勝手の良さは一度慣れてしまうと手放すことができないくらいです.しかしこのソフトウェアは Windows 11 には未対応という状況が続いていたので,Windows 11 には興味があったものの Windows 10 を使い続けざるを得なかったのです.

一方私の家人は非常に保守的で,ソフトウェアの新しいアップデートが配信されても「仕様が変わって今まで出来ていたことができなくなるかもしれないのは嫌だ」と言って,古いバージョンを使い続けたがる人です.

しかしようやく昨日になって Open-Shell のアップデートが行われて Windows 11 に対応した旨アナウンスされました.そこで今朝から Windows 11 へのアップデートを敢行し,現在その上でこの記事を書いているところです.ちなみにアップデートには 1 時間ほどかかり,コーヒーを沸かして飲んでいる間に終了というわけにはいきませんでした.けっこう長くかかったなという印象です.

色々なユーザーインターフェースの見た目が変更されているのは良いとして,各種設定に必要なツールが集約されつつあるのを感じます.それでも「デバイスマネージャ」はいまだに健在ですし「コンピューターの管理」も従来のまま存在します.ただし従来のようにこれらに直接アクセスするよりは,スタートメニューの「設定」から個々の設定ツールに誘導するというポリシーが明白になってきました.全体としてはもう少し設定に関する依存関係を整理したほうが良いと思います.

まあ基本的な使い勝手は,Open-Shell を使い続ける限りは Windows 10 とほとんど変わりませんので,大きな不満はありません.ただしエクスプローラは外観が可愛くなりすぎで,かえって使いにくくなったと思います.もっと事務机的な無骨なツールであってほしい.

システム内部ではいろいろなコンポーネントが新しくなって安全かつ効率よくなっている「はず」なので,当面使い続けて行こうと思います.

| | | コメント (0)

2022/11/04

20 年選手の ONU が壊れた

先週,自宅からインターネットへの接続が突然できなくなりました.何の障害かな?と思ってONU とルータの電源を入れ直してみると 30 分程度で復旧しました.やれやれと思っていたのですが,一昨日再びインターネット接続ができなくなり,今度は一夜経ても症状は改善しませんでした.ONU のパイロットランプは正常であることを示しているのに.

仕方がないので NTT のコールセンターへ連絡.ところが以前と違って web113 というサービスサイトから故障情報の入力や問い合わせをするよう誘導されます.コールセンターをできる限り低コストで運用したいのでしょう.スマートフォンから web113 にアクセスして,局から自宅の ONU までの回線状況を確認すると,これが良と出ました.うーむ.

ではルーターの故障かと思うのですが,LAN 内の通信は問題なくできており,NAS の読み書きも正常にできるので,ルーターが壊れたとは考えにくい.この ONU が我が家にやって来たのが 20 年も前だということを考えると,やはり ONU を疑いたくなります.先週の不具合は故障の前兆だったのではないか?ONU とは PON と総称される光回線と電気信号を相互変換するための装置.古い機器なので発熱量が大きいことが長年気がかりでした.発熱量は故障率に直結します.

仕方がないので,web113 をしつこく勧める自動音声を無視してオペレータにつないでもらいました.症状を伝え,改めて回線状況やプロバイダーの障害情報を調べてもらったのですが,特に異常はありません.

それでは ONU を交換しましょうということになりましたが,代替品を宅配便で送るので自分で交換してくれというのです.自宅の光配線は壁のアウトレットに光ソケットが付けてあるので,ユーザーが自分で簡単に光ケーブルを抜き差しできるのです.これもサービスコストの削減の一環なのでしょう.以前だと高所作業車がやって来て,電柱の光クロージャから,保安器,宅内の ONU までの状況を調べてくれたのですが,これは遠隔で確認済みなので不要なのでしょう.

翌日 ONU が届きました.何の色気もない黒いプラスチックの筐体で,しかもリファービッシュ品でした.今回は ONU 側も光ソケットになっているので安心して交換できます.交換して電源を入れると自動的に ONU の登録が始まり,15分ほどで認証が完了.すぐに何ごともなかったかのように開通しました.やはり古い ONU が壊れていたのです.今度の ONU はほとんど発熱しないところが気に入りました.

約 1 日半にわたってスマートフォン以外ではインターネットにつなぐことができず,まるで約 30 年ほど前のパソコン環境に戻ったかのような感覚に捕らわれました.しかし当時はそれでも嬉々としてパソコンをいじっていたわけで,やれることはたくさんあったのです.その後アナログ回線にモデムをつなぐことからパソコン通信が始まったのでした.ああ懐かしい.

| | | コメント (0)

2022/08/12

お馬鹿なインターネット広告

以前からたびたび経験していたのですが,今回改めて感じたことを.それは Web サイトに現れる広告について.

最近,腕時計をインターネット通販で買ったのですが,買うまでにはいくつかのサイトを巡回して価格や在庫を調べました.そういうことをやっていると,すぐにポータルサイトの右側あたりに,買いたいと思っている時計の広告が勝手に出るようになります.これは HTTP coockie という仕組みを通して私が立ち寄った通販サイトが私の興味の対象を判断し,Google や Facebook などのプラットフォーム企業が運営する広告出稿事業を通して,半ば当てずっぽうに広告を出してくるものです.

これは「行動ターゲティング広告」と呼ばれるもので,プラットフォーム企業にとっては最も重要な収入源.なのでいくら苦情が出ても止めることはありません.最近ではプライバシーが侵害されているとの主張から,cookie のうちでも 3rd party cookie と呼ばれるものを排除する Web ブラウザも増えてきていますが,ユーザの行動履歴に基づいた(半ば当てずっぽうの)広告を目にしない日はありません.

Payperclickga993218dd_1280

launchpressoによるPixabayからの画像

ところで,私は結局ある通販サイトで腕時計を購入したのですが,奇妙なことにそれから何週間経っても買ったばかりの腕時計の広告が出稿され続けるのです.これは全く無駄な広告なので,もっとほかの商品の広告を見せてくれないかと思うのですが,よほど広告選択のアルゴリズムがお馬鹿なのか,出稿を依頼している企業は(私がその広告をあえてクリックすれば)無駄な広告料を Google AdSense に払うことになります.そうしてやってもいいんですけどね.

さらにもっとお馬鹿だと思うのは,私が自宅で LAN を共有している家族のパソコンで家族が訪れた Web サイトの商品広告が,私のパソコンに多数掲載されることです.おかげで女性用下着の広告がずらりと並ぶ光景には慣れてしまいました.Cookie の詳細な仕組みはわかりませんが,LAN 内の異なるパソコンを区別できないようでは,ターゲット広告とは言えません.

こんなこともあるので,私は定期的にパソコン内に数千個も溜まっている cookie を一掃するようにしているのですが,それでもすぐにターゲティング広告はやって来ます.インターネット上の情報のやり取りが無料だということの代償なので,それではインターネットを通した情報のやり取りに従量課金してその代わり広告なしの世界にする,という発想にはならないようです.例えばメール一通につき 1 円と課金すれば,スパムメールは瞬時に無くなると思うのですが,そうすると弊害や副作用,特にインターネット広告で食っている連中が死んでしまうので,なかなかそうはならないようです.

インターネットの仕組みは,山あいの温泉旅館のように建て増し建て増しされて来て,現在では新々別館が建ったような段階ですが,スパムやウィルスの無いプロトコルをスクラッチから作り直してもいいような気がします.しかしそれは世界の IT 覇権(特に DNS )を脅かすことになるので,大親分のアメリカは絶対にウンと言わず,むしろ中国がコッソリやらかしそうな気がします.

| | | コメント (0)

2021/07/27

良いフォントが見つかってコマンドコンソールが快適に

私は日常の文章作成のほとんどにエディタを使っています.ワードプロセッサには滅多にお世話になりません.そしてエディタの使い勝手を決める重要な要素の一つがフォントです.Windows 標準のフォントは字体も大きさもエディタ向きのものは少ないので,サードパーティ製のものを探して使っています.

これまで,プログラミング用には定評ある「Ricty Diminished」が最も使いやすいと感じるとともに,ブログの HTML ファイルの編集には Windows 標準の「游ゴシックmedium」を使ってきました.エディタに関してはこれらで何とか用が足りているのですが,しかし,コマンドコンソール用のフォントにはなかなか良いものがなくて長年困っていました.Windows 標準のフォントには満足できるものはほとんどありません.

定期的にフォント漁りをやる中で,ついにこれは良い!というものを見つけました.「白源フォント」ファミリーの一部の「HackGenNerdConsole」というものです.コンソール用を謳っているだけに,コマンドコンソールでの視認性,文字間や行間のスペース,半角全角の比率などがよく最適化されています.これでコンソール上の作業が非常にやりやすくなったと感じています.当分はコンソール用フォントはこれで決まりでしょう.下にスクリーンショットそ示します.

Hackgennerd_demo

白源フォント」とは,その名前から想像がつくように,Adobe の「源ノ角ゴシック」の派生フォント「源柔フォント」を利用して作られたフォントの一つ.源ノ角は実にたくさんの子供を作りました.それが「源ノ角」の最大の功績ではないかと思います.

| | | コメント (0)

2021/06/10

エディタをアップグレード

Windows 95 の時代から使ってきた WZ Editor を最新の v10 にアップグレードしました. WZ Editor は,もともとは MS-DOS 時代に人気を博した VZ Editor の使い勝手を Windows でも再現するために,ネーミングを含めて後継のソフトウェアとして開発されたものです.しかし,その後は低迷状態が続き,いまではユーザーの数もすっかり少なくなってしまったと思います.私はバージョン番号は飛び飛びながらも使い続けており,とうとう v10 まで来てしまったというわけです.

私がこのエディタを使い続けるのはブログの原稿を書くためです.ブログの原稿は HTML で書くのが基本なのですが,文字装飾やリンク,さらには定型の HTML タグを埋め込む必要があり,それをキーボードから手を放さずに次々に操作できる,という使い勝手の良さでは, WZ の右に出るものはおそらくないだろうと思います.例えば URL のリンクを埋め込むには,リンクされる単語の左端で "href" とタイプすると,私があらかじめ設定しておいたスニペットの文字列

<a href="" target="_blank" rel="noopener">

が即座に挿入され,カーソルが href="" の 2 重引用符の中に移動します.そこでクリップボードにコピーしておいた URL をペーストします.それからリンクされる単語の右端にカーソルを移動して Ctrl-return とタイプすると,そこに自動的に</a>が挿入されるのです.この利便性は何物にも代えがたいのでいまだにこのエディターを手放せずにいます.

しかし,インストールした直後の初期設定はかなり凶悪で,私のようにブログの原稿を書くものにとっては全く相容れません.何しろ HTML タグを書くなり非表示にしてしまうのです.設定のダイアログの体系もかなり独特で,手作り感があるのはいいのですが,洗練されているとは言い難いです.

さらに, Windows 10 の新しい IME との相性が悪く,上記のスニペットの挿入が動作しません.仕方がないので, Windows の設定で従来の IME を使用するようにしています.これは WZ v9 から続いている不具合ですが,改善の兆しがありません.

ま,それでも上記の利便性のためにこのエディターを使い続けています.ブログをいつまで書き続けるのかわかりませんが,少なくともあと数年は続けようと思っています.このエディターとともに.

| | | コメント (1)

2021/05/22

Windows 10 をアップグレード

一昨日あたりから Windows 10 バージョン 21H1 へのアップグレードが始まったようです.それならば Windows Update に通知が来ているのでは?と思ってチェックするのですが,私のパソコンにはまだ届いていません.

今回の更新は非常に小幅なもので主要な機能はすでにインストール済みであり,あとは内部のスイッチで機能をオンにするだけと聞いていたので,Winodws Update の通知を待たずに,マイクロソフトのサイトから更新アシスタントを拾ってきてアップデートしてみました.

小幅な更新だという触れ込みの割にはインストールに15分ほどもかかりましたが,立ち上がってみればこれまでと何も変わりなく,OS のビルド番号が 19042.985 から 19043.985 に変わっただけでした.

更新後に何点か検証して気が付いたのですが,愛用の WZ Editor の単語補完機能は相変わらず新しい IME で動作しません.今後も古い IME を使う必要があります.これについては,WZ Editor 側で対策できないものかとも思います.

| | | コメント (0)

2020/08/16

Android 端末を初期化

自分の忘備録としてメモ.

ここ一月ほど,スマホが不調で悩んでいました.どういう不調かというと,Google Play Store でアプリの更新を促す表示が出るので更新を実行すると,端末のストレージ容量が不足しているので更新できないとメッセージが返ってくるのです.

実際にはストレージには十分な余裕があるので,Google Play アプリ の不具合かなと思い検索してみると,Google Play のキャッシュとストレージをクリアすると解消する場合がある,というアドバイスを見つけたので,試してみると実際うまく行きます.

しかし次にアプリを更新しようとすると,再びキャッシュとストレージをクリアしなければ更新できません.アプリの更新は毎日降ってくるので,その都度キャッシュとストレージのクリアをするのでは面倒でたまりません.しかも今日になって,キャッシュとストレージをクリアしても,容量不足と言われて更新できない状況にまで悪化してしまいました.

こういう場合の最終手段は端末の初期化です.私はそれほどたくさんのアプリをインストールしているわけではないので,やろうと思えばやれるのですが,それでもクレジットカードや銀行系のアプリは再インストール時の手続きが非常に面倒.だいぶ躊躇したのですが,待っていても状況は良くはならないので,思い切ってやってみました.

初期化すると,まずは携帯電話の根本であるキャリアの APN を設定するところから始めなければならないので,それなりに大変です.電話帳はさすがにバックアップを取っておいたのですんなりと復元.案の定,銀行系のアプリは認証されるまでに電話応答のやり取りを経なければならないので,手間がかかりました.全体では2時間ほどで初期化と復元作業が終了です.

ストレージの占有率は若干少なくなり,アプリはもちろんガンガン更新できて気持ちの良いことこの上ありません.これで当分はメンテしなくてよいだろうと期待しています.

| | | コメント (0)

2020/06/25

Refsort/Ruby v3.10 Released

今月,辞書参照型ソーティングフィルタの Refsort/Ruby(新しいほうから *1 *2 *3 *4 *5)v3.01 をリリースしたばかりなのですが,本日改訂版 v3.10 をリリースしました.今回の改訂内容は後方互換性を保たない仕様変更を含むもので,以下の2点です.

  1. 埋め込みラベルを出力するオプション "-m/-M" の仕様を変更し,任意の複数レベルのラベルを出力できるようにしました.これらのオプションは,レベルの範囲と,ラベルのコメントを付加するかどうかの接尾辞を引数として要求します.例えば,"-m 1,2c-3c" という指定は,レベル1のラベルと,レベル2と3のラベルをコメント付きで出力するという意味になります.従来の "-m/-M" オプションと同等の機能は "-m a/-M a" で得られます.
  2. 出力フィールドが出力フィールド区切り記号を含む場合は,そのフィールドを2重引用符 "" で囲むようにしました.出力の再利用を容易にするための改善です.

注意点として,これまで -m, -M オプションは単なるスイッチで引数を必要とするオプションではなかったのですが,今後は必ず引数を与えなければならなくなりました.これはどの階層レベルのラベルを出力するのか,ラベルにコメントを付加するのか否かを指示するものです.これについては過去の版とは互換性がありませんので,ご注意ください.

この修正と整合性を取るために,Refsort を Excel 上で使うためのインターフェース Refsort on Excel も v2.00 にアップデートしました.上記の階層的ラベルの選択出力を指示するために,コントロールパネルのデザインが少々変わりましたので,これも大きな変更です.

さらに,日本鳥類目録 v7 をもとにした辞書ファイル jpblist_v70.ref(パッチレベルによらない総称)について,これまでコメント扱いとしていた命名者表記と外来種表記をそれぞれフィールドとして独立させました.これを新たにパッチレベル p5 としました.これは特に Refsort on Excel において,並べ替え後のデータを再利用する便宜を考えての修正です.詳細は辞書ファイル冒頭のコメントのうちフィールド構成の項をご参照ください.辞書としての内容には一切変更はありません.

Refsort/Ruby とそれに関するソフトウェアのアーカイブを Microsoft One Drive に置いています.画面右側コラムの “Archive” の中の “Refsort/Ruby Archive” をクリックしていただくと,私の OneDrive 上に設けたライブラリが開きますので,そこから過去分も含めてファイルをダウンロードすることができます.Refsort 本体の “refsort.rb” は “refsort_v310.rb” というファイル名でアップロードされていますので,ダウンロード後に適宜 “refsort.rb” に変更するとよいでしょう.改行コードも CR/LF になっていますので,適宜変更してお使いください.上記 Refsort on Excel や 日本鳥類目録 v7 に準拠した辞書ファイルもこのアーカイブに収録されています.

まもなく7月上旬ころには IOC World Bird List v10.2 がリリースされると思います.リリースされたらできるだけ早く和名を追加した版を作成し,これらに準拠したユーザーズガイドも作成してリリースしたいと思います.

この IOC LIst v10.2 に基づく辞書ファイルでは,フィールド構成を大幅に変更し,これまでコメントとして追いやっていた項目もすべてフィールドとして独立させる予定です.これは Refsort/Ruby を Excel 上で使うためのツール Refsort on Excel の使い勝手を向上させるための試みですので,こちらもお楽しみに.

| | | コメント (0)

2020/06/14

Refsort/Ruby v3.01 Released

本年2月に,辞書参照型ソーティングフィルタの Refsort/Ruby(新しいほうから *1 *2 *3 *4 *5)v3.00 をリリースしたのですが,本日改訂版 v3.01 をリリースしました.

今回の改訂内容は非常にマイナーなもので,以下の通りです.

  1. キーフィールドの指定が実際の辞書ファイルおよび入力ファイルのフィールド数と合っていないときに表示する警告文の文言を修正しました.

この変更による機能上の変化は何もありません.

本年3月31日に Ruby 2.7.1 がリリースされましたが,Refsort/Ruby に対しては特に何の変化もありません.実行速度の変化もほとんどないようです.

Refsort/Ruby とそれに関するソフトウェアのアーカイブを Microsoft One Drive に置いています.画面右側コラムの “Archive” の中の “Refsort/Ruby Archive” をクリックしていただくと,私の OneDrive 上に設けたライブラリが開きますので,そこから過去分も含めてファイルをダウンロードすることができます.Refsort 本体の “refsort.rb” は “refsort_v301.rb” というファイル名でアップロードされていますので,ダウンロード後に適宜 “refsort.rb” に変更するとよいでしょう.改行コードも CR/LF になっていますので,適宜変更してお使いください.

さて,まもなく7月上旬ころには IOC World Bird List v10.2 がリリースされると思います.リリースされたらできるだけ早く和名を追加した版を作成し,これらに準拠したユーザーズガイドも作成してリリースしたいと思います.

この IOC LIst v10.2 に基づく辞書ファイルでは,フィールド構成を大幅に変更し,これまでコメントとして追いやっていた項目もすべてフィールドとして独立させる予定です.これは Refsort/Ruby を Excel 上で使うためのツール Refsort on Excel の使い勝手を向上させるための試みですので,こちらもお楽しみに.

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧