四季折々

2017/11/14

コガマの冬枯れ

Takasakiforest_nov2017_0065m

これも先週末の里山歩きの続き.休耕になっている田んぼの一枚はここ数年の間にコガマの田んぼと化しており,今年もたくさんのコガマが穂をつけ,北風に種を飛ばし始めています.コガマの穂はいったん一部が崩れ始めるとどんどんと種が飛んで穂全体が崩れてしまうのですが,最初はなかなか頑丈で,穂の形を保っています.

Takasakiforest_nov2017_0069m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/13

マメヅタが青々と元気

Takasakiforest_nov2017_0047m

昨日の里山歩きの続き.これは昨年12月にこのブログで紹介したことがあるマメヅタ.相変わらず同じ木にびっしりとツタが張り付いていました.胞子葉も立ち上がっています.不思議なのは,なぜこの木だけこんなにツタが張り付くのか?周囲には似たような木が似たような環境に立っているのですが,なぜこの木だけなのか?謎です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/12

落葉の最終期

昨夜から未明にかけて大変強い北西風が吹いており,今日はどういう天気になるのかと気を揉んでいたのですが,夜が明けてみると実に穏やかな快晴.日中太陽が高くなっても風が強まることはなく,日陰では肌寒いものの日なたにいるとちょうどよい陽気.

Takasakiforest_nov2017_0003m

今日は絶好の里山歩き日和です.ということで朝から家人と連れ立って近場の森林公園へ出かけました.樹種や個々の木によって紅葉や落葉の進み具合は実に様々.もう完全に葉を落として冬支度を完了した木もあれば,まだ紅葉も途中という木もありましたが,全体としては紅葉も終盤.昨夜の強風のせいもあってか森の木々はだいぶ葉を落とし,落葉樹の林では見通しが良くなってきました.

Takasakiforest_nov2017_0051m

休耕地のほうへ行ってみると,何と一面のセイタカアワダチソウの草原になっているではありませんか.あと2週間ほどして霜が降りるようになると,この草原も茶色く立ち枯れてしまうのでしょう.

Takasakiforest_nov2017_0028m

田んぼのあぜにはコセンダングサの種が目立ちました.これがウールにくっつくとかなり厄介です.同じあぜにオオオナモミも.これも厄介なひっつき虫.

Takasakiforest_nov2017_0059m

Takasakiforest_nov2017_0063m

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2017/11/06

秋の野の果実

この季節は,自宅の周囲を歩き回っていると,思わぬ収穫に出くわすことがあります.下の写真はその中の一つ.ツルウメモドキの実です.黄色い殻の中に赤い実が隠れているので,非常に色彩豊かな秋の光景を楽しむことができます.

Fallaroundhome_nov2017_0099m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/05

落花生の収穫

自宅近くの畑では,落花生の収穫が進んでいます.落花生は地面から掘り上げた後,しばらく乾燥させるのですが,このときボッチに積み上げることが多く,下の写真はその直前の様子です.

Fallaroundhome_nov2017_0109m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉進む

ソメイヨシノの紅葉は年によってずいぶんと差があるのですが,今年は秋になって台風にたびたび襲われたにも関わらず,紅葉の色づきは良いように思います.

Fallaroundhome_nov2017_0075m

これは自宅周辺の団地の公園に植えられているソメイヨシノの紅葉の様子ですが,木によって色合いは異なるものの,おしなべて鮮やかな赤色に染まっているようです.

Fallaroundhome_nov2017_0092m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/04

秋深まる

Fallaroundhome_nov2017_0002m

この週末は台風に襲われることもなく,日差しに恵まれて暖かい日中を迎えることができました.近所の公園を訪ねてみると,ソメイヨシノの紅葉が終盤を迎えており,ほど良く紅葉した葉が梢から地面まで,あたりを彩っていました.

Fallaroundhome_nov2017_0038m

一方,カキノキはすでにすべての葉を落とし,残ったカキの実が熟して落ちるか,鳥に食べられてしまうかという段階にあります.

Fallaroundhome_nov2017_0054m

今年は真夏の天候が不順だったのですが,それでもこれだけの実を付けることができたのはすごいことだと思います.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉はすでに終盤

このところ2週続けて週末に台風に襲われていたので,秋が深まってきていることに気づかなかったのですが,庭の木々を見てみると,すでに紅葉は盛りを過ぎ,葉がどんどんと散っていっているではありませんか.あとは,今月下旬にイチョウの葉が落ちてしまうと,いよいよ冬がやってきたということになります.

日本の季節を言い表すのに,暑いか寒いか雨が降っているかだ,と誰かが言ったそうですが,今年の秋はまさにそのような展開でした.

Fallhome_nov2017_0018m

わが家のメイン・ツリーであるヤマボウシも,すでに紅葉は終盤に差し掛かり,特徴的な実が目立つようになってきました.これは食用になるそうです.

Fallhome_nov2017_0024m

一方,これは新たな発見でもあったのですが,ヤツデの花が咲いています.

Fallhome_nov2017_0033m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/10

綿毛が秋の風に舞う

これも昨日の里山歩きの続きです.日中の最高気温は高くなって夏日にはなったものの,朝晩はさすがに20度以下に下がってひんやりしてきたので,草花も冬への準備を始めたようです.

Shishitzuka_oct2017_0072m

すっくと立ったススキの仲間の穂.まだ花が終わっておらず,熟して穂が開いてくるのはこれからですが,秋の到来を告げる草花の代表格でしょう.

Shishitzuka_oct2017_0047m

この綿がボロボロになったようなものはおそらくダンドボロギク.背丈が高くなるのでボロボロな様子が目立ちます.風に綿毛が飛ばされる様子は,いかにも秋を思わせます.

Shishitzuka_oct2017_0046m

ガマの穂はもう十分に熟して風に吹きちぎられるようになってきました.ボワボワになってきたので,見るからに枯れ穂という感じです.これを見ると冬が近づいたなという感じになってきます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白いイヌタデ

Shishitzuka_oct2017_0028m

昨日の里山歩きの続きです.イヌタデの赤い花穂が最盛期を迎えていたのですが,場所によっては姿形はそっくりで色だけ純白のものがあります.どうやら白い変種もあるのですね.

Shishitzuka_oct2017_0039m

イヌタデは俗称「赤まんま」と呼ばれますが,この白い花は「白まんま」ということになります.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧