四季折々

2022/09/19

散々なお天気

せっかくの秋の三連休というのに台風が上陸して西日本は荒天.我が家がある関東でも暖湿流が吹き込んで積乱雲が発達し,断続的に強い雨が降ったり青空が出て日が射したり.まるでシンガポールのようなお天気.

雨が降り込むので南側のガラス戸を開けたり閉めたり忙しかったのですが,雨戸と網戸の隙間にアマガエルが潜んでいました.体色がアルミサッシの色になっていました.二階のここまでどうやって上がってきたのか?雨戸を閉めるようなことになると,轢死させてしまいそうなので,バルコニーの手すりに避難してもらいました.

Fallhome_sep2022_0023m

遠くには積乱雲の黒い雲が湧いていますが,雨雲レーダーで見る限り遠くをかすめて通過しそう.昨晩は蒸し暑くて大変寝苦しかったのですが,今日はどうかな?

| | | コメント (0)

2022/09/16

暑いけどクズが満開

九月も後半に入りましたが,特に西日本では猛暑が続いているようです.当地でも今日は30度近くまで気温が上がる予想なので散歩はお休み.まだ夏が頑張っているということなのでしょう.早く秋が来ないかな?

しかし自然の生き物たちは秋から冬への準備を着々と進めています.夏の間勢力を振るったクズは今が開花の盛り.すでに豆の果実をつけた穂もたくさんあります.

Fallaroundhome_sep2022_0061m

川岸のマント群落がクズで覆い尽くされ,クズの花をちりばめた壁のようになっていました.

| | | コメント (0)

2022/09/15

オオオナモミの赤ちゃん

当地の水田の周辺にはオオオナモミの大きな群落がいくつもあります.夏の間に草刈りがされていったんは地上部分は完全に刈り取られてしまうのですが,それからひと月以上経つと,またむくむと株が育ってきます.

今日の散歩で川沿いを歩いた時に,オオオナモミの群落が川に沿って続いているのを見かけました.すでに果実が付いており,あとはあの鋭い針と言うのか棘と言うのかが伸びて固くなるのを待つだけのようです.

Fallaroundhome_sep2022_0052m

たまたまイナゴのようなバッタが乗っかっていました.佃煮にして食べたらいいかも.

| | | コメント (0)

もみ殻焼き

我が家の周辺の田んぼはここ一週間で稲刈りが進み,もう大部分の圃場では稲刈りが終わってしまいました.稲刈りが済んだ田んぼでは早速二番穂が伸びてきています.

Fallaroundhome_sep2022_0039m

最近は脱穀後のもみ殻を田んぼに戻して燃やしてしまうところが多く,この写真のようにもみ殻の山を作って火をつけると燻ぶりながら長時間燃えています.風向きによっては夜通しいぶされるのでのどが痛くなってきますが,これもこのあたりの初秋の風物詩.

Fallaroundhome_sep2022_0042m

完全に燃えてしまうと白い灰になり,これまた使い道が無くなった稲わらと一緒に田んぼに鋤き込んで肥料にするようです.昔はリンゴ箱はもみ殻で埋められていたものですが,もうそういうものは見なくなってしまいました.

| | | コメント (0)

2022/09/11

コガモご一行様お着き

今日はアメリカ同時多発テロから21年目の日.あの時は帰宅してテレビの映像を見るなり本当に驚きました.あんなことが実際に起きるとは.さらに高層ビルが長時間の火災の後に一瞬で崩れ去ったことにも驚きました.

さて,今日は昨日のようには晴れ渡らず,曇り空の一日.涼しいと思って散歩に出かけましたが,やはり歩くと汗をかきました.コース途中の調整池にはたくさんのカルガモが溜まっていたのですが,その中に見慣れない群れが.

Fallaroundhome_sep2022_0028m

おお,やはりコガモです.やって来たのです.当地では今年第 1 陣.オスはまだエクリプス.定着するかどうかわかりませんが,これから第 2 陣,第 3 陣と続くはずです.良い写真が撮れなかったのですが,一応証拠を出しておきます.

コガモが調整池に定着すると,それを狙ってオオタカがやって来るので,調整池はにぎやかになります.

Fallaroundhome_sep2022_0036m

稲刈り作業を眺めながら川沿いの道に出ると,小さなヘビが道路の上で死んでいました.ジムグリの幼蛇のようです.車に轢かれたか?とてもきれいな鱗です.

| | | コメント (0)

2022/09/09

クズの花が咲き始めた

英国のエリザベス女王が亡くなったそうです.70 年以上も女王としての重責を担い,かつ王室の権威を守ることに成功した立派な君主だったと思います.彼女にはマーガレットという妹がいたのですが,エリザベスが 10 歳のとき,父の兄のエドワード 8 世シンプソン夫人との恋を選んで退位したのです.その結果エリザベスは王位継承順位第一位を得たのですが,マーガレットは「えっ!あなた女王になるの?なんて可哀そうに!」と言ったそうです.それくらい国王の地位には国家と国民のために尽くす責任が重くのしかかり,自由な人生を送ることはできなくなるのです.しかしエリザベスはその責任を立派に果たしたと言えるでしょう.

さて今日は薄日が射して蒸し暑かったのですが,久しぶりに散歩に出かけました.行く先々で目立っていたのはクズの花です.マント群落に覆いかぶさるように繁るクズですが,花が咲くと花びらを次々に地面に落としていくので,地面にクズの花びらが落ちていれば,上を見上げるとクズが咲いているというわけです.この花を見ると夏も終わるのだなと実感できます.

Fallaroundhome_sep2022_0018m

葉の上に偶然カマキリがいましたが,これは初秋の今ごろよく見かける光景です.

| | | コメント (0)

2022/09/07

オオスズメバチが栄養交換

台風が引き連れてきた暖湿流が日本列島をおおっており,蒸し暑いことこの上ありません.おまけに当地ではお昼頃から雨が降りだしました.雷雨になるとの予報もあるので,気を付けています.

そういうお天気なのに,家人が我が家の玄関で変なものを見つけてしまいました.玄関わきにカクレミノという常緑広葉樹を植えているのですが,ちょうど今が開花期.いつもであればたくさんの昆虫が蜜や花粉を取りに来るのですが,今日はちょっと強面のお客さんがいました.オオスズメバチです.

それも 1 匹や 2 匹ではなく,ブンブンと羽音を鳴らしながら 10 匹以上はいるようです.と,その中に奇妙な塊りが.オオスズメバチ 3 匹が固まって顔を寄せ合っています.写真を撮ってよく見てみると,どうも口移しで何かをやり取りしているようです.

Fallhome_sep2022_0004m2

その後調べてみると,オオスズメバチの働きバチは胴体が極端にくびれていて食道が細く,液体の栄養しか取れないのだそうです.それで肉団子を幼虫にあげる代わりに幼虫から栄養液 VAAM をもらったり,成虫同士で樹液を交換したりするのだとか.へぇー,初めて知りました.

しかし我が家の玄関先でやるのは勘弁してくれないかなぁ.

| | | コメント (0)

2022/09/04

ツバメのねぐら入りを楽しむ

今日の午前中は湿度が高くて雲が湧き,ひょっとして雷雨になるか?と気を揉んだのですが,午後になると北東気流が強く入って雲を吹き払い,湿度も下がって来て快適な午後になりました.

Fallaroundhome_sep2022_0001m

夕方からはツバメのねぐら入りの観察会に参加.稲刈りが終わったばかりの田んぼの農道で,日が暮れるのを待ちます.日没から 10 分くらい経つとツバメがどこからともなく集まってきます.上空をぐるぐると飛び回り,ヨシ原のどのあたりに落ち着くかねぐらの場所の品定めをしているのでしょうか?

Fallaroundhome_sep2022_0015m

日没後 20 分くらいになると,旋回していたツバメたちは次々とヨシ原の中に突入していきます.その間わずか数分.日没後 30 分ころにはほとんどすべてのツバメがヨシ原に降りてしまい,かわりにコウモリがあたりを飛び始めます.ほぼ半月の月も明るく輝き始めました.

Fallaroundhome_sep2022_0012m

| | | コメント (0)

2022/08/31

これはギンネム?

暑かった 8 月は今日でおしまい.なのですが,今日から暑さが戻ってきました.天気図を見ると,確かに南風が吹き込む気圧配置.蒸し暑くて不快です.

先日散歩コースを回った時に改めて気づいたのですが,ここ 3 年ばかり休耕田になっているところが荒れ放題になっていて,オオブタクサが高くそびえ立ってしまいました.初夏のころに 1, 2 度草刈りが行われましたが,その後 2 か月も放っておくとこうなるという見本です.このままいくとオオブタクサの森になってしまうのではないかと心配.花粉は花粉症の原因物質ですし枯れ際が大変汚い.

背丈の低いマメ科の植物が果実をつけているのも目立っています.調べてみるとこうれはどうやらギンネム.(訂正 これはコメントにも書いた通り,ギンネムではなくて一年草のクサネムのようです.)若葉や芽にミモシンという有毒物質を持ち,さらにこれはアレロパシー物質でもあるので,本種が多い沖縄や小笠原では他種が駆逐され,ギンネムに占拠されてしまった耕作放棄地が多いそうです.

Summeraroundhome_aug2022_0070m

一方,ミモシンの分解酵素を持つギンネムキジラミという昆虫がいて,強力な天敵となっているとか.一斉に食害されて群落全体が枯死することもあるそうです.へぇー

| | | コメント (1)

2022/08/29

キジバトが落穂拾い?

8 月もいよいよ終盤.一昨日くらいに寒冷前線が南下して北東気流がどっと入ってきたおかげで,昨日から気温は低めに推移しています.今朝の最低気温は 21 度程度,最高気温が 27 度程度.風も程よく吹いて快適です.というわけで今日はほとんど汗をかかずに散歩することができました.

Summeraroundhome_aug2022_0074m

自宅周辺の田んぼではそろそろ稲刈りの開始です.稲刈りが終わった田んぼをよく見ると,キジバトが地面をついばんでいます.落ち穂を拾っているのか?それとも稲刈り後に出てきた虫を狙っているのか?

Summeraroundhome_aug2022_0076m

現在は稲わらの使い道がほとんどないので,稲刈りのときに稲の茎の部分は短く切られて,そのまま地面に捨てて置かれます.脱穀後のもみ殻も持ってきて一緒に燃やしてしまうことが多いのですが,これをやられると数日は煙たくて困ります.鋤き込むか湛水してひと冬おけばそれなりに肥料になるのではないかと思います.冬期湛水不耕起栽培はこの辺りではまったく見かけませんが.

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧