四季折々

2017/09/17

ウリ坊は少なめ

昨日の午後散歩をした折,毎年秋になるとカラスウリを探す場所に立ち寄ってみました.この時期には熟す前のウリ坊状態のカラスウリの実が見られるはずだからです.しかしこの夏の天候は非常に不順で雨ばかりだったので,実際にどの程度見られるか不安でした.かつ,昨年はこの10年程度でもっともカラスウリが不作の年だったので,そこからどの程度回復したのかも確認しようと思っていました.

Aroundhome_sep2017_0079m

行ってみると,カラスウリは非常に少なめ.昨年よりはマシのようですが,例年よりは非常に少ない感じです.カラスウリはマント群落に繁茂するのですが,夏の下草刈りでこのマント群落がどの程度影響を受けたのかも関係しているのかもしれません.一つだけ,青々つやつやした健全なウリ坊を見つけたので,写真を撮ったのが上の写真です.秋になるにつれて,もっと多くの実がぶら下がるようになることを祈っています.

一方,ススキが開花していました.これから種が熟して穂が開いてくるはずで,穂がふさふさした状態になるにはもう少し時間がかかりそうです.

Aroundhome_sep2017_0008m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/16

キクイモの花が盛り

Aroundhome_sep2017_0021m

クズの花とほぼ同時に咲き誇るのがキクイモです.すでに盛りを迎えており,関東地方ではあちこちで黄色い花を見ることができます.クズと同一の群落を作ることもあり,結構なボリュームのマント群落に成長することがあります.

Aroundhome_sep2017_0075m

名前の通り,これから塊茎ができて,それが食用になるのだそうですが,このイモにはデンプンはほとんど含まれていないそうです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クズの花が満開

台風が接近中で,かつ梅雨前線の活動が活発になりそう,という予想だったのですが,本日の日中は何とか雨は降らずに済みました.これ幸いと,光線の具合は良くないながらも,自宅の周りを歩き回って,初秋の題材を拾ってきました.

Aroundhome_sep2017_0033m

今年の夏は雨が多く,気温もさほど高くならず,冷夏と言ってもよいくらいだったと思いますが,それでもクズの花が満開を迎えていたのは非常にうれしく思いました.迷惑な植物ではあるのですが,夏の終わりから秋の初めにかけて,クズが鮮やかな色の花をつけているのを見ると,あぁこの花も日本の美の一部なのだなぁ,という思いを強くします.

Aroundhome_sep2017_0059m

花穂は下から上へと咲いては枯れていくので,全体が咲き誇る様を見ることはできないのですが,クズの群落をよく観察すると,様々な段階の開花を見ることができます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/09

夏の終わり,秋の始まり

今日は朝から日差しに恵まれ,最高気温は28度くらいまで上がったのですが,湿度は低めだったので比較的過ごしやすい一日でした.今週は雨が多かったので,溜まった洗濯物をさばくのに最適の一日だったのではないでしょうか?

Amahouki_sep2017_0011m

さて,今日は当地の小さな神社秋祭り.いちおう厳島神社の分社ということになっているので,それなりに格はあるのだと思いますし,かつては万灯といって,神社周辺のいたるところに提灯が下げられて盛大なお祭りだったようなのですが,少なくとも私たちが引っ越してきてからこの20年ほどは,夜店の屋台が20軒ほど,花火が数10発程度打ちあがる程度の,非常に小ぢんまりとした地域のお祭りになっています.江戸時代中期から盛んになったお祭りと言われていますが,行く末が心配ですね.

Amahouki_sep2017_0015m

花火はお金を奉納すれば誰でも上げることができて,その際には住所氏名を読み上げられ,仕損じてもご容赦ご容赦という独特の口上とともに打ち上げられるのが特徴です.花火の発射場所は神社から少し離れた川沿いの田んぼの縁なのですが,我が家からは至近距離なので花火の爆発音が非常に大きく響きます.

Amahouki_sep2017_0016m

当地では,このお祭りが終わると夏が終わり秋が始まる,そういう季節感を持ったお祭りです.2012年2015年にもこのブログで紹介しています.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/04

まだスイレンが咲いていた

Takasakiforest_sep2017_0029m

昨日の散歩の続き.森林公園の奥にある池に行ってみると,まだスイレンがたくさん咲いていました.すっかり秋になったと早合点していたのですが,確かに日なたを歩くと汗ばみますし,気温も28度くらいまでは上がったので,まだまだ晩夏というところでしょうか?

Takasakiforest_sep2017_0032m

スイレンの花の色にはいろいろなものがあるのですね.純白から濃いピンクまで,実に様々です.アフリカや東南アジアには青いスイレンというものもあるそうです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/03

絶好の秋晴れ散歩

今日は早朝から快晴で,気温と湿度も低め.かつ昨日の雨で地面はまだしっとりと湿っており埃も立ちません.こういう時が絶好の散歩日和.家人がクリの実を探したいというので,朝早めに近隣の森林公園を散歩しました.

Takasakiforest_sep2017_0011m

谷津田の稲は黄色く色づいたものが多く,すでに稲刈りが始まっています.コンバインを運転してきた農家の人と言葉を交わしましたが,まだ朝露で稲が湿っているので,もう少ししてから刈り始めるとのこと.

田んぼの縁や農機具を下ろす斜路のあたりの稲は,すでに手刈りしていくつもの小さな束にまとめてありました.これを自転車に乗せて帰っていくお婆さんがいたのですが,これは神事かお供えに使うものなのでしょうか?

Takasakiforest_sep2017_0003m

休耕田のある区画にはこのところコガマの立派な群落が成長しており,なかなかいい絵になります.

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2017/09/02

台風が東海上を通過中

大型の台風15号,アジア名Sanvuが日本列島の東海上を北北東に向けて通過中です.台風は反時計回りに渦を巻いているので,東海上を通過するときは,速度ベクトルが相殺されて,その西側にはあまり影響を及ぼしません.そのお蔭で,関東地方に対しては,涼しい北東気流が入ってくる以外は,ほとんど悪い影響はもたらしませんでした.

Nonta_2017_0047m

明日は台風も抜けて,陽光が戻ってきそうです.それに伴い気温も上昇する予報ですが,真夏のような30度を超えるような気温ではなく,28度程度の穏やかな陽気になる予想です.

このまま,秋に入ってくれれば良いのですが,ひょっとする暑さのぶり返しがあるのかもしれません.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/27

秋の空気に包まれた

大陸沿海州から長大な寒冷前線がゆっくりと下りて来て日本海側に大雨を降らせましたが,関東に達するころには雲も厚みを失い,昨日はほんのちょっぴり雨が降っただけでした.関東地方は今朝から完全に前線の北側に入り,乾いた涼しい空気にすっぽりと包まれて快適です.

午前中から日差しに恵まれているのですが,気温も湿度も控えめなので,まさに秋の空気に包まれた感じです.この夏初めての寒冷前線通過だと思います.

というわけで,今日は部屋の物入れの扉を開け放して湿気取り.カメラやレンズも一つずつ収納袋から取り出して埃を掃って虫干しをしました.点検の結果,いずれにもカビが生えていなくてほっとしました.もう10年以上前に購入したレンズもあるのですが,私は防湿庫というような贅沢なものを持っていないので,梅雨から夏の時期には毎年カビのことが気になっています.

よく言われることですが,光学機械のカビを防ぐ最も良い方法は,物入れの奥にしまい込むのではなく,すぐに手の届くところに置いて日常的に使うこと.この場合,汗や手垢は当然付くので,日々の手入れはもちろん必要となり,この日々の手入れによってカビも防ぐことができるというわけです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/20

雨ばかりの夏休み

関東地方の今年の夏は,10年に一度かそれ以上という程度の冷夏だったと後に振り返って言うことになるのではないかと思います.私は本日までの10日間が夏休みだったのですが,日差しを見たのはほんの僅かで,毎日雨に降られるか,どんよりとした曇り空で湿度の高い日が多かったように思います.

天気図を見ると,太平洋高気圧の張り出しが弱く,オホーツク海高気圧が南まで張り出して,いわゆるやませを東北から北関東地方に吹かしている影響が大きいと思います.この北東気流は冷たい海上を吹き渡るうちに海霧を発生させ,それが雲となって日射を遮り,涼しく湿った風を太平洋沿岸に吹き付けます.

毎年の夏や冬の天候がどれほど典型的な「型」に沿っているか否かは,私たちの生活に直結しています.というのも,私たちは知らず知らずのうちに,典型的な型が正常で,それから外れたものには「異常」というラベルを張りがちだからです.毎年8月の天候は実は千差万別,日照りの年もあれば,今年のような梅雨のような年もある,その中間の年もある,それが真実であるはずなのですが,私たちは典型(平均とは限らない)を求め,それを基準に計画を立て,吉凶を判断しがち.そのような習性からすると,今年の夏は明らかに異常な夏と分類されるでしょう.

しかし長い期間の平均をとると,江戸時代から明治にかけての低温傾向はすでに終息し,夏はどんどん暑くなっているのが現実です.農業技術の進歩で過去のような飢饉になるほどの不作も起きません.

私はもともと暑さが苦手なので,今年のような冷夏はむしろ歓迎.暑い夏を待望する論調のメディアを見かけますが,それには反対です.あと数10年もすれば,関東地方でも真夏の最高気温は37-8度が当たり前になるでしょうから,むしろ今の農作物が作れなくなることのほうを心配すべきです.地球温暖化の最大の悲劇は,農作物や漁獲の産地移動とそれに伴う食糧紛争だと思いますが,それを声高に警告するメディアはほとんどありません.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/02

ガマの穂

今日は梅雨の晴れ間の非常に蒸し暑い一日となりました.明日はさらに気温が上がるそうで,もっと不快になるのでしょう.嫌な季節がやってきました.

Summeraroundhome_jul2017_0040m

さて,一昨年,そして昨年と,このブログで近所にガマの群落があることをお伝えしましたが,今年もガマの穂の季節がやってきました.今年は6月前半まで気温が低めだったので,例年に比べると生育がやや遅れているようですが,それでもガマの群落は,穂の数を増やすなど,全体としては健全です.

Summeraroundhome_jul2017_0033m

今日の午前中は薄日が差す程度のお天気だったので,ガマのような細かく一様なテクスチャの被写体は,コントラストが付かずに大変撮りにくいものです.さらに,新しいカメラの露出制御はどうも保守的過ぎるようで,1EV程度露出が少なめです.レタッチして露出が適正になるようにしていますが,コントラストが低くて大変眠たい画になってしまいました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧