気象

2022/06/27

梅雨明けの猛暑と電力ひっ迫

昨日早朝にフィールド調査のために里山を歩いた以外は,猛暑のために家に引きこもっています.これが私の真夏の過ごし方.お陰でこのブログの更新もネタが無くてさぼり気味です.

今年の夏は電力がひっ迫しているそうで,昨日あたりから騒がしくなってきました.電力不足に関しては 3 月にこの記事この記事で意見を述べたのですが,今日はもう一つ昔から思っていることを.

今回の電力不足は,原子力発電所の再稼働が遅々として進まない中で,脱炭素の風潮の中で発電事業者が老朽火力の設備更新を行わなかったり,場合によっては廃止したりすることが原因と説明する記事を多く見ます.まあ一つの説明としてはその通りなのでしょうが.

まず原子力発電についてですが,私は原子力規制委員会からダメ出しを食らっている柏崎刈羽(通称 KK )のようなプラントの再開を急がせることには反対です.そもそも国有化以降の東電はどうもおかしい.よほど現場の声を聞かなくなっているのか,それとも現場が腐っているのか,こんな記事も出てくる始末です.

東京電力社員が明かす柏崎刈羽原発の実態

経産省やエネ庁は共同責任の与党も巻き込んで深く省察すべきでしょう.

しかし再稼働ができたとしても,日本の原子力発電の宿痾である使用済み核燃料の再処理と高レベル放射性廃棄物の長期保管は全く見通しが立っていません.前者に関して言えば,メーカーではない動燃原燃という中途半端な研究開発組織に任せたことがそもそもボタンの掛け違いだったでしょう.またたとえメーカーに任せたとしても,現実にはイギリスとフランスからの技術導入に頼らざるを得ず,動燃や原燃より速く進行していた保証はありません.しかし日本が原子力発電を始めてすでに 60 年以上.いまだにそういう技術がないとは,過去の原子力政策の再点検が必要です.

後者の高レベル放射性廃棄物に関しては政治の無責任と不作為のたまものです.行政に任せてどうにかなる話ではありません.過去のように札束と一升瓶を並べれば原子力プラントの立地が出来たこととはレベルが違いすぎます.この辺りの政治家のセンスと覚悟の無さには呆れるばかりです.そもそも覚悟が持てないのであれば原子力発電を諦めるべきです.政治家が仕事をしていません.

さて火力発電に関しては, LNG への先行投資と長期契約の恩恵を受けている日本は, LNG の価格高騰の影響はまだ小さいままです.ここは欧州の惨状を知ったうえで冷静に評価する必要があります.ただし火力プラントの更新や保守が滞りがちというのは見過ごせない状況です.特に最近になって金融の世界が火力プラントへの融資を行わなくなりつつあることは由々しき事態です.

ベース電源となる原子力発電が脱落してしまった日本において,ベース電源の役割を果たせるのは火力発電しかなく,そのベース電源の上に変動の大きな再生可能エネルギーをうまく乗せざるを得ません.またベース電源が何であろうと,再生可能エネルギーの変動を吸収できるのは火力プラントだけです.しかもそのためにはプラントを待機運転させておかねばならず,プラントの利用効率が悪いことも覚悟しなければなりません.

Photovoltaicgdb667f229_1280

Samuel FaberによるPixabayからの画像

従ってそういう役割を課せられた火力プラント設備には余裕がなければなりません.そのためには火力プラントへの継続的な投資が必要なのです.ここで政治や行政が動かなければなりません.現状では企業にとって火力からの撤退は経済合理的だからです.

蓄電池を変動吸収のために使うことができればよいのですが,それには莫大な投資が必要なので,送電網の建設と同様,投資は極めて緩慢です.これも政治や行政が覚悟できないことの一つです.投資回収のために電力料金が高くなるので産業界からの反対は目に見えているからです.しかし EV 用の蓄電池があふれ出てくるようになれば条件は変化します.そしてそのためにはここでも先行投資が必要となるのです.

ということで,KK の再稼働が当分見込めないここ数年間,東電管内の電力ひっ迫は避けられそうにありません.企業は自家発を活用できても高騰した燃料代に苦しみ,家計は物価高騰と節電の圧力に苦しむでしょう.今後 10 年程度は長期ビジョンを欠いた過去の政策の後始末を強いられるわけです.

そんな中でも少しずつ変革が進むことを祈りたいと思いますが,そういう事を参院選で主張している政党や候補者がいないように見えるのは,単に私が知らないだけなのでしょうか?

| | | コメント (0)

2022/05/28

カムチャツカ半島で大規模噴火

本日の夕方になってニュースが飛び込んできました.カムチャツカ半島の火山ベズィミアニィ(Безымянный)が大規模な噴火を起こしたそうです.下の写真は本日 20 時 50 分のひまわり 8 号の赤外画像.噴煙が東南東方向に流れているのがはっきり見えますので,まだ噴火は続いています.早くおさまってほしいと思います.

Eruption_bezymianny_20220528

提供:情報通信研究機構 (NICT)

この火山は 1955 年以降たびたたび大規模な噴火を起こしているとのこと.まあこれは太平洋プレートオホーツクプレートに潜り込んでいる環太平洋火山帯の典型的な火山です.日本のメディアの報道では,トンガの火山の噴火の記憶が新しいのか潮位変化に関する懸念が大部分を占めていますが,私は噴火の規模によっては,北半球の今夏の気候の心配をするべきではないかと思います.

潮位変化は一過性のものですが,火山性エアロゾルによる気象への影響は数年間は続くからです.ただでさえ世界の穀物相場が高騰しているときに,火山による冷害で不作が続けば,これは飢餓という言葉を使わざるを得ない事態が発生しないとも限りません.

| | | コメント (0)

2022/02/23

冬のスズメは群れる

ここ数日間は寒気の吹き出しで北西風が強く,雪国は豪雪で大変なことになっています.日本海には長大な距離を直線状に積乱雲が連なり,いわゆる線状収束帯を作って雷の放電が頻繁に起こります.そのとき光核反応が起こり,電子の対生成対消滅が起きているそうです.これは本当に驚きですね.雷様ってすごい!金沢市内では各所に小型の観測装置を置いて観測が行われています.

Lightningg5b4363fa6_1280

Pixabayより転載

当地でも西風が強いのですが,今日はスズメが田んぼの際でたくさん群れていました.スズメは留鳥と思われがちですが,意外と長距離を移動しているようで,特に冬にはどこからともなく集まってきて,数百羽程度の群れを作って行動しています.

Winteraroundhome_feb2022_0267m

どういうわけか今日は彼らに落ち着きがなく,枯れたヨシやガマの茎に止まっていたかと思うと一斉に飛び立って別の繁みに移動することを繰り返していました.近くに数羽のモズがいたので,狙われているとでも思ったのでしょうか?

Winteraroundhome_feb2022_0268m

| | | コメント (0)

2022/01/15

トンガの海底火山が大規模噴火

すでにニュースで報道されていますが,トンガの海底火山 Hunga Tonga が大規模な爆発を起こしました.下は気象衛星ひまわり 8 号の日本時間 14 時 20 分の画像です.この前後の画像を連続して見ると,衝撃波のようなものが広がっているのも見えます.ひまわり 8 号の高解像度画像はこういうときにも威力を発揮するのですね.おそらく世界各所で空振を観測できたことでしょう.

Eruption_hungatonga

提供:情報通信研究機構 (NICT)

トンガ周辺のプレート構造は,インド・オーストラリアプレート太平洋プレートが東側から潜り込んでいるそうなので,そのプレート境界で火山活動が起きていると思われます.日本の東北地方と似た構造です.

とりあえず日本には津波は来ないようですが,本当に心配すべきは火山灰による気象への影響です.今回の噴煙は成層圏にまで達したという報道があります.すると火山灰は長期間成層圏に滞留し地表への日射を弱めます.現在南半球は真夏ですが,これから冷夏になりはしないか?あるいは火山灰が北半球にも広がって,今年の夏季がいつもと違ったものにになるのではないか?今後の注意深い観測と予測が必要です.

| | | コメント (1)

2022/01/07

雪が積もった

降雪の予報は出ていたものの,思いのほか南岸低気圧が発達したようで,あまり降らないはずだった当地でも 8 cm ほどの積雪になりました.

Winterhome_jan2022_0002m

夕暮れの時刻に家の前を雪かきしたのですが,それからさらに数時間降り続いたため,朝になってみるとかなりの積雪.我が家から見えるモルゲンロートが見事でした.このような雪景色を見るのは久しぶりです.

Winterhome_jan2022_0001m

午後一番に再び雪かき.南側は強い日射でどんどん雪が解けて乾いていくのですが,家の北側の日陰地帯は全く解けず.どうにか車が出せる程度には整えることができました.

住宅地の中の道路を見てみると,日陰になっている所には雪が残り,車で圧雪されて固くなっています.明日の朝には凍っていることでしょう.滑らないように気をつけなければなりません.

| | | コメント (0)

2021/08/16

雨の合間に散歩

8月も,はや後半に入りました.ところが日本列島には秋雨前線が早々と居座り,各地に大雨を降らせています.こんなに早く秋雨前線が発達するのは,太平洋高気圧が弱く,かつオホーツク海高気圧が強まっているからでしょう.さらに東シナ海から暖湿流が流れ込んで,莫大な量の水分を前線に補給し続けているからです.

オホーツク海高気圧が強まると,当地では決まって冷たく湿った北東気流が入るのですが,ここ数日はまさにそのようなお天気.茨城沖の海上では霧が発生していると思われます.雨が降ったりやんだりのお天気なので,なかなか出歩くことができない中,今日はお昼前後に雨が上がったので久しぶりに近所を散歩しました.

Summeraroundhome_aug2021_0020m

田植えが早かった田んぼでは,すでに稲穂が頭を垂れています.今月下旬か来月初めには稲刈りをするのだろうと思います.稲を狙ってスズメの群れが田んぼに入っているのが,農家にとっては悩みのタネ.鳥追いという行事が生まれたくらい,昔からの困りごとだったのでしょう.

Summeraroundhome_aug2021_0024m

一方,大きくなったクリのイガも見つけました.まだ中身は熟していないと思いますが,どうも今年は春から季節の移り方がだいぶ早いように思います.

| | | コメント (0)

2021/08/10

目覚めたら眼前に巨大な虹

台風くずれの温帯低気圧が日本海に入って発達したため,関東から東海にかけてはお約束の強風.愛知県の豊川では突風で建物の外壁が損壊したようです.お稲荷さんは大丈夫だったのかな?

当地でも昨日は朝から夜通しで強風が吹き荒れ,特に南側斜面の縁に立つ我が家では,常時風速 10 数 m の風が吹きすさぶものですから,うるさくてよく眠れませんでした.

そう思いながら朝起きてカーテンを開けてみると,なんと目の前に明るく巨大なが輝いているではありませんか.これで一気に眠気が吹き飛びました.

Summeraroundhome_aug2021_0015m

虹に何色あるのかは,民族,言語,文化,時代によって異なります.連続して分布しているものをいくつのカテゴリーに分けるかという,クラスタリングの問題に帰着できるので,そもそも唯一絶対の正解はないのです.日本ではかつては 5 色だったようです.中には 2 色という文化もあるそうです.日本では現在は 6 色と数えるのが標準らしく,高校の物理の教科書にはそう書いてあるそうです.

朝方に虹が見られることは珍しく,今日は何かいいことがあるのではないか?と思いましたが,よく考えてみたら今日は Covid-19 ワクチンの 2 回目の接種日でした.1 回目の接種のときの記事はこちら.7月中に 65 歳以上の接種を完了させるって,誰か言っていましたっけ?ろくに予約も取れない体制を作っておいて,よくそんなウソを言えるものです.

| | | コメント (0)

2021/08/07

積乱雲が作った反薄明光線

昨日の夕方もツバメのねぐら入りを見に行ったのですが,観察する場所が良くなかったのか,ツバメの群れが遠くにしか,しかも薄暮の中の順光でしか見えず,ちょっと残念な思いをしました.

Summeraroundhome_aug2021_0008m

ツバメが集まってくる間に見えたのが夕陽に覆いかぶさるように発達した積乱雲.そして東の空に伸びる反薄明光線

Summeraroundhome_aug2021_0012m

夕陽周辺の雲の凸凹が少ないので光条の数は少なかったのですが,今の時期は見やすい条件がそろっているので,さほど珍しいものではありません.だいぶ前に撮影した典型的な写真はこちら

| | | コメント (0)

2021/08/05

ツバメのねぐら入りとかなとこ雲

今週は家人のリクエストで連日のようにツバメのねぐら入りを見に出かけています.先週末の夕方の散歩でツバメの集団を見つけ,それが飛んでいく先を想像して考えた家人の推理がうまく当たり,一発でねぐらの位置を突き止めることができました.ただしねぐらは非常に広い範囲のヨシ原に分散しているので,密度という点ではやや低め.それでも薄暮の中で夕焼雲をバックに数千羽のツバメが渦を巻いて降下していくさまは圧巻です.

以前は毎年のように見に行っていた霞ヶ浦のねぐらが3年ほど前から使われなくなったので,久しぶりにねぐら入りを楽しむことができました.

Summeraroundhome_aug2021_0001m

昨日はちょうど栃木県方面に巨大なかなとこ雲が見られました.周辺には家来を引き連れているかのように積乱雲がちらほら.かなとこ雲は対流圏界面にまで発達した積乱雲成層圏に突入できずに水平方向に流されてできるものなので,雲頂部の高さは優に 10,000 m を超えているはずです.雲の下では一時激しい雷雨が降ったことでしょう.

| | | コメント (0)

2021/03/29

春の異常高温

3月もいよいよ月末へ来て,低気圧の通過とともに暖気が入り,異常な高温となっています.もともと平年を上回る暖かさだったので,これでますます春の進行が進み,一気に初夏まで行ってしまわないか心配です.

サクラが満開になったと思ったら,ほぼ同時に木々が芽吹き始めました.一足先に芽吹き始めていたヤナギの木は,すでに茂った葉が風にそよいでいます.

Springaroundhome_mar2021_0440m

調整池では,カルガモ以外のカモはほぼ姿を消し,ダイサギ(亜種オオダイサギ)もほとんどが渡去した模様.今日はタシギも見られませんでした.そりゃそうでしょう,こんなに暖かいのですから.代わって,まもなくサシバとシギチ(シギ,チドリ類)が見られるのではないかと思います.

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧