自然

2024/06/07

田んぼの近況

このところ何かと忙しくしていて良い写真が撮れず,ブログの更新もサボっていました.そうこうするうちに季節は回り,はや梅雨のはしりのようなお天気が続いています.

昨日は特に蒸し暑く散歩に出ると汗をかいて帰ってきたのですが,今日は風向きが北寄りで昨日よりは過ごしやすいと感じました.習慣にしている散歩コースはヨシなどの草の丈が高くなって調整池の水面が見えづらくなり,また水鳥たちもほとんど姿を見せなくなっているので,今日はコースを変更して川沿いの田んぼを歩いてきました.

このあたりの田んぼでは 3, 4 週間前に田植えが行われたので,稲はそれなりに育った状態です.しかしまだ丈は低く,しっかりしてくるにはあと2週間ほどかかりそうです.田んぼの疇にはカルガモがちらほら.調整池からこういうところに移動してきているのが分かります.またサギ類も田んぼにいることが多く,ドジョウやザリガニを狙っているのではないかと思います.

Earlysummeraroundhome_jun2024_0002m

今年は果樹につくカメムシが大発生しているらしく,果樹農家は臨戦態勢だろうと思います.稲につくカメムシがどうなるのか分かりませんが,防除のために大量の農薬がまかれるようにならないか心配しています.水稲のカメムシ用殺虫剤はネオニコチノイド系が多いので,いろいろな生き物がいなくなる,沈黙の夏がやって来るのが恐ろしいです.

| | | コメント (0)

2024/05/24

ジューンベリーも実った

庭に植えたジューンベリーの実が熟しました.ジューンベリーは春早い時期に花を咲かせ,今頃には実を熟させるので,果実木としては季節を先取りするほうです.実が色づいてから落ちるまでは非常に速いので,収穫するにはタイミングをよく見計らう必要があります.

Earlysummerhome_may2024_0002m

そしてそれはこの実を狙っている鳥たちや獣たちも同じです.ヒヨドリハクビシンです.彼らに食べられないうちに収穫してジャムにしなければなりませんが,早すぎてもまずいので難しいところです.

Earlysummerhome_may2024_0006m

冬にだいぶ剪定したので今年は実の付きが良くありませんが,シュートがたくさん伸びてきたので,これらをうまく剪定すれば来シーズンは豊作が期待できるでしょう.

| | | コメント (0)

2024/05/23

クワの実がなった

このところだいぶ空気が湿ってきて,いよいよ東南アジアからモンスーンの空気が入ってきたことを実感します.梅雨前線が本州南にはっきりと形成されているので,これが北上してくるのは時間の問題でしょう.おまけにフィリピンの東方で台風の発生も予想されているので,いよいよ嫌な季節の始まりです.

散歩コースの休耕田にはたくさんのクワの木が生えています.田んぼで施業されていたころは,ときどき切られて大きく育つことはなかったのでしょうが,施業されなくなってからは伸び放題.あちこちで大きく育っています.ただしヤマグワなのかマグワなのか,雑種なのかははっきりわかりません.

Earlysummeraroundhome_may2024_0033m

そしてちょうど今がクワの実の季節.だいぶ黒く熟してきました.これはいろいろな鳥たちにとって初夏のごちそうです.最もにぎやかに食べに来るのはムクドリの群れ.それにスズメの群れが続きます.キジバトはどちらかというとニワトコのほうを好むようです.

| | | コメント (0)

2024/05/09

オオヨシキリがさえずり出した

大型連休も終わり,これから梅雨入りに向かって気温と湿度が増していく時期です.私にとっては苦手な季節の始まりです.

しかし日本で繁殖する渡り鳥にとってはこれからが本番.ヨシ原にやってくるオオヨシキリという鳥もあちこちでさえずりを始めました.まずオスがやってきてさえずり合戦を経てなわばりを確保した後,メスがやってきてオスを物色.それから卵を産んで子育てという段取りなのですが,オスはひなの巣立ちを見届けずに越冬地に帰ってしまうという(この部分聞きかじりなので確実ではありません),役割分担がはっきりしている種です.

Earlysummeraroundhome_may2024_0001m

私が散歩コースにしている調整池の谷戸には現在 2 羽のオスがやって来て盛んにさえずっています.昨シーズンは最大 5 羽程度まで増えたので,これからなわばり争いが活発,すなわちあのけたたましい鳴き声が盛んに聞かれるようになるのでしょう.

Earlysummeraroundhome_may2024_0011m

間もなくやって来るホトトギス托卵されることなく,無事に子育てが進むよう祈りたいと思います.

| | | コメント (0)

2024/05/04

強烈な日差し

 いつの間にやら5月.世は連休後半の2日目ということで,各地の行楽地の混雑などが報じられているのですが,そのような地域からは遠く離れた当地では日常そのままの景色です.近場に観光地がなくて本当に良かった.我が家の眼下では今日も何枚もの田んぼで田植えが行われており,田植え機の音が響いていました.

昨日から移動性高気圧に覆われているせいかお天気は申し分なく,その分強烈な紫外線が降り注いでいます.このような状況ではあまり戸外を出歩く気にはなれないのですが,鳥を見るには良い時期なので近隣の自然公園を短時間訪ねてみました.

Ushikuforest_may2024_0002m

連休中なので親子連れの車が駐車場には多かったのですが,ほとんどは建物の中で行われているイベントに釣り上げられて,本当の自然の中を歩いている家族はごく少数でした.もったいない.

今日の収穫はキビタキの囀りをたっぷりと聞けたこと.ただし眼前の樹冠にいることはわかっていてもとうとう姿を見ることはできませんでした.木々の葉が茂ってしまったのでこれはやむを得ません.サンコウチョウも期待していたのですがこれは外れ.かつては有名だった猛禽の営巣状況は不明.従ってカメ爺たちもいませんでした.

Ushikuforest_may2024_0009m

木々の緑が目に刺さるほど濃く鮮やかで,その木陰にいる限りは紫外線からも守られているという感覚でした.春の花は終わりましたが,これから初夏の花が楽しめそうです.当地ではキリの花が満開です.

| | | コメント (0)

2024/04/28

田植え真っ盛り

今日は朝から快晴.しかし夏日の予想.ですが少々遠出をして春の旅鳥を探しに出かけました.

お目当ての鳥をまさにお目当ての場所で確認.旅鳥のチュウシャクシギ, 30 羽ほどの群れです.おそらくオーストラリア方面から飛んできて日本に立ち寄っているのだと思われます.最終目的地はシベリアやアラスカなのでしょう.長い旅です.

Hassengokuinashiki_apr2024_0012m

チュウシャクシギは田んぼの疇にいる個体が多いのですが,大変シルエットが美しい鳥なので,思わず見入ってしまいます.

Hassengokuinashiki_apr2024_0041m

世間は連休の真っ最中なのですが,稲作農家にとっては田植えの真っ最中.今日も広大な水田地帯のあちこちで家族総出で田植えをしている姿を見かけました.当方はその邪魔にならないよう,気を使いながらの探鳥です.

Hassengokuinashiki_apr2024_0047m

チュウシャクシギたちの無事の出立と繁殖地での安全を祈ります.

| | | コメント (0)

2024/04/27

初夏になった

このところ “ 暖かい” を通り越して “暑い” 日が続いています.数日ぶりで自宅の周りを散歩したのですが,季節はあっという間に春から初夏に移っていました.草の丈がぐんぐん伸びて色も濃くなり,フジの花はもう終盤で,近所のお宅ではモッコウバラとナニワイバラが満開です.

調整池に出てみると,水面にいるのはほとんどがカルガモオオバンはいつの間にか姿を消していました.さらにヨシがぐんぐんと伸びてきており,ひと月もしないうちに水面が見えなくなると思います.

Springaroundhome_apr2024_0031m

調整池を見下ろす木にはアオサギが2羽.いまはもう繁殖期なので,繁殖する個体は集団営巣地に移動しているはずですが,彼らはこの場所に留まったまま.

Springaroundhome_apr2024_0039m

休耕田ではこのあたりを縄張りにしているキジのオスがメスを連れて散歩中でした.羽繕いなどしてくつろいでいました.

| | | コメント (0)

2024/04/25

ムナグロ御一行様到着

春の旅鳥の季節に入っています.日本は南の越冬地から北の繁殖地に渡る鳥たちの格好の中継地です.このため多くのシギ,チドリ類が干潟や田んぼに立ち寄って羽を休め,餌を取って体の脂肪分と筋肉を回復させてから再び北に向かって飛び立っていきます.

当地ではチドリの仲間のムナグロという鳥が毎年立ち寄る田んぼがあるので,今年はどの程度が来ているのか見に行ってきました.何ということはない一枚の田んぼなのですが,毎年この田んぼにしか来ないのです.周囲にはいくらでも似たような環境の田んぼがあるのに,これはいまだに謎です.

Miyawadafujishiro_apr2024_0028m

まだ到着して間もないのか,あるいは夜に採餌して昼間は寝るか休息しているのか,鳥たちは活発ではありません.じっとしている個体が多いです.大部分はすでに夏羽になっていますが,まだ換羽が進んでいない個体もいます.幼鳥も交じっているようです.

Miyawadafujishiro_apr2024_0039m

オーストラリアあたりから飛んできているはずで,途中どこにも立ち寄っていなければ,6,000 km 程度を一気に数日かけて飛んできたことになります.その間は飛びっぱなしです.体脂肪と一部の筋肉を燃料として燃やしながら飛んでくるのです.日本に着いた時には体重は何割も,距離によっては半分以下にも減っているので,実に過酷な旅です.途中で落鳥するものもいることでしょう.

Miyawadafujishiro_apr2024_0044m

当地でたっぷりと栄養を付けて北の繁殖地に向かってほしい,毎年彼らを見るたびにそう思います.

| | | コメント (0)

2024/04/19

牡丹園で花を賞でる

今日は朝から近くの牡丹園を散策.ボタンシャクヤク専門の庭園としては日本はおろか世界でも有数.一年のうちで開園してるのは 4 月, 5 月の 40 日ほどしかありません.ボタンのほうがシャクヤクよりも早めに咲くのですが,それでも品種によって最盛期はまちまち.従ってお目当ての品種がいつ咲くかは Web サイトなどでよく調べておく必要があります.

Peonygardentsukuba_apr2024_0001m

またこの園は無農薬有機栽培であることも特筆すべきでしょう.中央競馬会の美浦トレーニングセンターから出る馬糞とわらを使って堆肥を作り,それを施肥しているそうです.

Peonygardentsukuba_apr2024_0036m

今日のお目当てはここでしか見られないボタンの品種の Tribute .すぐ上の写真です.白と赤の花がが多い中でこれは独特.まだ咲き始めなので来週あたりに再来するのが良さそうです.

Peonygardentsukuba_apr2024_0040m

Peonygardentsukuba_apr2024_0046m

シーズン初めで平日の午前中だったこともあって来園者は少なく,ゆっくりと園内を見て回ることができました.

| | | コメント (0)

2024/04/13

春の里山散歩で収穫

今日は久々に里山の散歩に参加.もう春もだいぶ濃くなってきたので色々見られると期待して歩き始めました.谷津田に入って間もなく,上空を二羽のサシバが飛び回ってくれたので,何枚か写真を撮ることができました.まだ南からやって来たばかりのカップルで,営巣場所を物色中なのだろうと勝手に想像しました.ピックイーと鳴かなかったのは残念.

Shishizuka_apr2024_0009m

Shishizuka_apr2024_0010m

水の入った田んぼの水面にヤマザクラの花びらがたくさん落ちていたのですが,よく見ると小さなオタマジャクシがたくさん.ニホンアカガエルのオタマだそうです.アカガエルの産卵は2月ころと大変早いので,ほかのカエルのオタマジャクシよりも早く春の食べ物を独占できます.

Shishizuka_apr2024_0032m

里山の春を彩る花たちが沢山咲いています.スミレの仲間ヤマエンゴサクの群落が多く残っていて大変美しかったのですが,その中からイチリンソウフデリンドウキジムシロを抜粋しました.

Shishizuka_apr2024_0035m

Shishizuka_apr2024_0044m

Shishizuka_apr2024_0046m

これからしばらくは里山はスプリング・エフェメラルの最盛期です.

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧