カメラ・写真

2021/08/30

鳥影の自動計数(続き)

昨日ポストした記事の自己コメントに書きましたが,どうも昨日の方法では誤差が大きすぎる,もっと良い処理手続きはないものかと試行錯誤を楽しんでいます.

まず,テスト画像として百羽程度の鳥影を含む小さな領域を切り出しました.そして Photoshop のカウントツールを使って,鳥影の一つ一つに手動で番号をつけていきます.このとき 2 羽のシルエットが重なっていても,人間はそれを 2 羽と認識できるので,異なる番号を振っておきます.結果,合計 87 羽が写っていることがわかりました.

次からがいろいろな試行錯誤です.正解はわかっているので誤差がすぐに分かるところがミソです.

まず鳥影は黒いので,Photoshop のレベル補正とトーンカーブを使って,できるだけ鳥影と背景のコントラストが明確になるように調整します.

次に,自動選択ツールで鳥影を選択します.このときの許容値は試行錯誤で調整します.前処理でコントラストがうまく調整できていれば,許容値を小さくすることで背景ノイズの影響を受けにくくできる可能性が高くなります.またたくさんの鳥影を一度に自動選択したいので,隣接ピクセルのオプションは外します.一方,アンチエイリアスはかけておきます.

そうしてできた選択範囲を目視でチェックすると,この画像の場合は, 2 羽が重なっているシルエットが一つの選択範囲になっている箇所が一つ.逆に,1 羽のシルエットが 2 つに分裂して 2 個の選択範囲が作られている箇所が一つあることがわかりました.これらは互いに逆方向の誤差となります.

Bird_counting_20210830_1

この状態で Photoshop にカウントさせると,上記の誤差がちょうど相殺して 87 羽という数が得られたので,まずまず合格です.

テスト画像でうまくいったので,もっと大きな画像で試行中です.昨日の記事で 2,485 羽,その後のコメントで 1,411 羽と報告した画像は,現在のところ 1,530 羽という値が得られています.ただし,選択範囲を子細にチェックすると,上に述べたように 2 羽のシルエットを 1 羽と数えているものが相当数あるので,実際にはこれの 10% 増しくらいが妥当ではないかと思います.

ノイズなどの影響は最小限に抑えられたので,重なり合うシルエットによる過小評価分をどう補正するかという問題になったと思います.しかしこれは画像ごとに異なるので,なかなか一筋縄にはいかないでしょう.

| | | コメント (0)

2021/08/29

ムクドリの数を自動的に数える

昨日の記事でムクドリのねぐら入りの写真を紹介しましたが,一体この写真には何羽のムクドリが写っているのでしょう?生物の数を数えるのは野外調査の重要な一分野ですが,この程度の大きさの群れだと,カウンターを片手に数えていくのは現実的ではありません.

ベテランの調査員だと鳥影を見た瞬間にこの範囲で百羽だと瞬時にわかるそうです.そして群れ全体を百羽のブロックに分けて考え,そのブロックがいくつあるのかで全体の数を推測しているそうです.それで何千羽,何万羽と推測できるそうですから大したものです.

そのようなスキルがない私にも,写真があれば何とかなるのではないかと考えました.しかしパソコンの画面で写真を拡大して一羽ずつ数え始めてみたものの,たちどころに断念.100 羽程度だったらなんとかなるのですが,1,000 羽を超えるような数を数えるのは無理です.

さらに考えて,ひょっとして画像計測ツールを使えばよいのではないか?と思いつきました.Adobe Photoshop には選択範囲の個数や面積を計測するツールがあるのです.これを使えばよいのではないか?顕微鏡写真の画像処理ではよく使われる手法です.

やってみると,選択範囲の作り方が一筋縄ではいきません.鳥影は黒いので黒い部分を自動選択してみたのですが,パラメータの調整が難しく,背景のノイズも選択されてしまいます.試行錯誤するうちにたどり着いたのは,まず明るい背景を選択すること.この場合もパラメータを細かく調整する必要があります.そして選択範囲を反転させると「ほぼ」鳥影だけが選択できます.「ほぼ」と書いたのは,やはり雲の一部や背景の暗いノイズも選択されることがあるので,そういう部分は手で消していきます.

Bird_counting_20210828

次に画面全体をくまなくチェックします.上の画像で白い破線で囲まれているのが一つ一つの選択範囲です.2 羽の鳥影が重なって一つの選択範囲として選ばれる場合があるのですが,これは全体から見ると数が少ないので無視することにします.1 羽の鳥影が 2 つ以上の選択範囲に分割されることはほとんどないように,最初に戻ってパラメータの調整をやり直します.これを繰り返して選択範囲が満足できるようになったら,ついに計測です.これは簡単で解析のメニューからカウントを選ぶだけです.

こうして昨日アップした 2 枚目に写っているムクドリの数を数えてみると,2,485 羽でした.私が感覚的に想像していた数よりもずっと多い.しかも上に書いたようにこれは正確な数の下限値で,実際にはもう数パーセントは多いはずです.

すると,昨日ねぐら入りを果たしたムクドリの総数は 1 万羽を超えていた可能性があります.ふーむ,なかなか面白いですね.

| | | コメント (1)

2021/05/10

シャクヤクの花いかだ

昨日は大変暑い一日だったのですが,シーズン終了間際だということで,地元の牡丹園(これこれ)を訪問.とにかくボタンシャクヤク専門の植物園なので,春の一時期のみの開園.それを逃すと1年間待たなければなりません.すでにボタンのシーズンは終了し,シャクヤクも後半戦です.

Peonygardentsukuba_may2021_0014m

数年前に経営不振で経営主体が変わり,園内の演出がかなり変わったようです.テーマパークほどではありませんが,ボタンやシャクヤクを配した演出が園内各所に仕掛けられていて,おもしろいと思いました.

Peonygardentsukuba_may2021_0034m

目玉と思しきものは,シャクヤクの花を大量に摘み,それを池の上に組んだ竹のいかだに乗せ たもの.非常に派手な色彩が池の水と強いコントラストを作り,非常にフォトジェニックです.早速というか,華やかな衣装のコスプレイヤーがカメラマン同伴で訪れていました.

Peonygardentsukuba_may2021_0032m

私も何枚か写真を撮りました.こういう花の写真は RGB のどれか一つのチャネルが飽和しても色彩表現が破綻するので,多めに露出補正をかけていたのですが,帰宅して Photoshop でチェックしてみると,赤か飽和している絵が多数.モニター上で見ても赤系の発色が不自然になっているのがわかります.

Peonygardentsukuba_may2021_0010m

うーん,-1.6 EV でもまだ不足しているとは.しかし -2.0 EV にすると,後でシャドウを持ち上げようにも難しいので,全体に暗い背景に花びらだけが妖しく輝くという絵になってしまいがち.それも趣があっていいか?

| | | コメント (0)

2021/02/28

コゲラ

昨日の散歩で見かけたコゲラ.盛んに朽木をつついて採餌していました.逆さにぶら下がるような体勢をとっていたのですが,趾(あしゆび)の鋭い爪を樹皮に立てて安定して枝の周りを周回していました.特徴的な前指2本と後指2本がよくわかります.

Winteraroundhome_feb2021_0415m

まともに逆光を受けてフレアが生じ,コントラストが悪くなってしまいました.高倍率ズームレンズは焦点距離に合った可変の深さのレンズフードを付けられないのが欠点です.

| | | コメント (0)

2020/06/25

アジサイの撮影

我が家にはアジサイが何株かあるのですが,強剪定しすぎたり,根元の踏みつけで株自体を痛めてしまったりで,ここ2年ほどはあまり調子がよくありません.またガクアジサイはすぐ隣の木の枝が覆い被さるように張り出してきたので,こちらも花の付きが悪くなってきました.

それでも一株だけは小ぶりながらもたくさん花を付けて,梅雨の時期を彩っています.

Summerhome_jun2020_0007m

写真にとってアジサイは不思議な被写体で,陽光の下ではまず良い写真は撮れません.どんよりと曇っているとき,雨がしとしと降っているときの光がベスト.アンダー気味の露出で繊細な陰影を狙います.花びらの微細なしわの陰影がテクスチャーとなり,条件が揃えば非常に艶めかしい立体的な絵が得られます.今回は少々光が強すぎたようで,それほどうまくいきませんでした.

| | | コメント (0)

2019/04/07

桜並木を散歩

Aroundtorinji_apr2019_0021m

今朝は例年通り近所の桜並木を散歩してきました.ここは田んぼの縁に造成された堤防兼道路に植えられた桜の並木.長さは 1km ほどもあるので,全長を通して往復するのはけっこう時間がかかります.特にカメラを抱えて写真を撮りながらだと,なかなか先へ進めません.

Aroundtorinji_apr2019_0007m

今日は花曇りのお天気で,花の写真を撮るにはベストの条件です.ソメイヨシノは満開のちょっと手前,オオシマザクラヤマザクラは咲き始めといったところ.何枚も撮ってはみたものの,風が強かったこともあって,なかなかうまくいきません.また今回使ったカメラの悪い癖なのですが,桜の花を見上げて空を視野に入れた構図にすると必ず大幅に露出不足になってしまいます.確かにシロ飛びは無いのですが,あまりにローキーなので必ずレタッチが必要になり,効率が悪いことこの上ありません.困ったものです.他のカメラに乗り換えるべきか悩み始めています.

Aroundtorinji_apr2019_0026m

| | | コメント (0)

2018/06/13

アジサイ再び

台風が日本の南海上を通過して梅雨前線の活動が活発になり,ここ二日ほどは涼しく湿ったお天気だったのですが,今日はお昼ごろからようやく日差しが戻り,たっぷりと日射が届くとともに気温も上がってきました.

ふと気が付くと日が傾きだしているので,慌てて庭のアジサイの写真に再チャレンジ.青空が広がっているので日陰の色温度は大変高く,ホワイトバランスを “日陰” にして試し撮りしてみたのですが,青い花がピンクになってしまってあまり調子が良くありません. “太陽光” で撮ったものが実物の印象に近いのですが, “オート” で撮ったものとほとんど同じなので,結局はカメラに任せてしまいました.この辺りは,対象によって,そしてまた日によって異なってくるので,試し撮りは重要だと思います.

Earlysummerhome_jun2018_0048m

アジサイ自身はすでに盛りを過ぎて花弁の痛みが目立つようになってきましたが,まだ何とか持ちこたえている段階.あと数日もするとシミや穴や傷が目立つようになってくるので,これが最後のチャンスです.

Earlysummerhome_jun2018_0055m

私がこだわっている花弁のテクスチャは何とか表現できたのではないかと思いますが,陰影や立体感はどうもいまいち.光をもっとうまく演出しなければならないのでしょうが,私の実力をはるかに超えるので,この辺りで妥協しようと思います.

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/04

梅雨入り前の好天

日本の南海上にはすでに梅雨前線が形成されて北上の機会をうかがっているので,もう間もなく関東地方も梅雨入りするのではないかと思いますが,ここ数日ほどは好天が続いています.湿度も低く,非常のさわやか.この貴重な好天は大いに楽しむべきでしょう.

Earlysummerhome_jun2018_0039m

我が家の庭ではアジサイが満開に近づいてきました.わたしは例年,このホンアジサイではないガクアジサイの花の写真を撮ることにしていたのですが,昨年くらいからガクアジサイの元気がなくなり,今年も花の付きが良くありません.周囲の植物が育ってきたので,日照や養分が足りていないのかもしれません.

アジサイは雨に似合う花ではありますが,好天の下でも十分に楽しめる大ぶりの花です.しかし直射日光が当たっているときに写真を撮ると,コントラストが強すぎて花弁表面の微妙なテクスチャが失われてしまいます.アジサイの花弁は,このテクスチャにこそ特有の色気があるので,これを失いたくありません.

今回の写真は完全な日陰にあるものを撮ったので,この場合もテクスチャの表現がいまいちです.色温度の設定にも不満が残ります.理想的には薄曇りくらいの光が良いと思いますが,レフ板を使ったり,ディフューザ付きのストロボ光を使うのも良いと思います.ただしその分手間はかかるので,手軽なスナップというわけにはいきません.

| | | コメント (0) | トラックバック (1)

2018/03/13

春燭光

冬から春にかけて,自宅の庭では何種類かのツバキの花が咲いていきます.これはその中でも最も大振りなのに上品さを失わない「春燭光」という品種.八重咲きで,このような花弁の重なり具合を抱え咲きというらしいです.ピンクのグラデーションがとても上品.もう20年以上も我が家の冬を彩ってくれています.現在では春燭紅とも言われているようです.あまり紅という印象はないのですが.

Springhome_mar2018_0010m

直射日光をまともに浴びていて,あとちょっとでシロ飛びしてしまうところ.自動露光でぎりぎりセーフになっていますが,明るすぎて彩度が低下気味.もう少し露出を控えて,花弁のテクスチャがわかるようにすべきでした.

| | | コメント (0) | トラックバック (1)

トサミズキの花にへばりつく虫

今朝アップしたトサミズキの写真の番外編.逆光に映える花弁を,玉ボケを入れて撮ってやろうと構図を決めたのですが,撮った後でパソコンで編集していて気が付きました.この虫は何?

Springhome_mar2018_0055m2

もう十分暖かくなったので,このような羽をもった虫も出てきたようです.成虫越冬していたのでしょうか?

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧